undefined 現在の閲覧者数:

早く走る秘訣 

「桐生祥秀とは誰か?」と聞かれたら答える事ができますか。
彼は、日本人史上初の100mを10秒切った日本人です。
今年の9月9日に桐生は100mを9.98秒で走りました。
また100mの世界新記録をつくった選手を知っていますか。
ジャマイカのウサイン・ボルトです。
2009年の世界選手権大会で彼は100mを9.58秒で走りました。
ボルトは今までの最も優秀な選手の一人です。
彼は過去3回のオリンピック(北京・ロンドン・リオ)で100mと200mと4x100mの金メダルを獲得しました。
今年ボルトは、引退しました。

「早く走る秘訣は何ですか?」と聞かれた時、彼は答えました。
「自分を追い込む努力をする事です。」

クリスチャンが走る競走について同じ事が言えます。

ヘブル人への手紙12:1
でパウロは書きました。
「私たちも、いっさいの重荷とまつわりつく罪とを捨てて、私たちの前に置かれている競走を忍耐をもって走り続けようではありませんか。」

また、Ⅰコリント人への手紙でパウロは書きました。
「競技場で走る人たちは、みな走っても、賞を受けるのはただひとりだ、ということを知っているでしょう。ですから、あなたがたも、賞を受けられるように走りなさい。 また闘技をする者は、あらゆることについて自制します。彼らは朽ちる冠を受けるためにそうするのですが、私たちは朽ちない冠を受けるためにそうするのです。 ですから、私は自分のからだを打ちたたいて従わせます。それは、私がほかの人に宣べ伝えておきながら、自分自身が失格者になるようなことのないためです。」 Ⅰコリント人への手紙9:24-25, 27

主に喜ばれる競走をしたいクリスチャンの最大の敵は悪魔ではありません。自分自身です。自分を追い込むために努力するクリスチャンは、勝利を得るクリスチャンです。

    早く走る

THE SECRET TO RUNNING FAST 

If you were asked, “Who is Yoshide Kiryu,” could you answer.? Kiryu is the first Japanese to run 100 meters in less than 10 seconds. On September 9, he ran 100 meters in 9.98 seconds.

Do you know who holds the world record for the 100-meter dash? It is Usain Bolt of Jamaica. In the 2009 World Championships, he ran 100 meters in 9.58 seconds.

Bolt is one of the most gifted athletes of all time. He won gold medals in the 100m, 200m, and 4/100m races in three Olympics (Beijing. London, Rio). Bolt retired this year. When he was asked,
“What is the secret of running fast?” he replied,
“It is making an effort to overcome yourself.”

The same thing can be said of the Christian’s race. In Hebrews 12:1 Paul wrote, Let us lay aside every weight, and the sin which so easily ensnares us, and let us run with endurance the race that is set before us.

In chapter 9 of First Corinthians he wrote, Do you not know that those who run in a race all run, but one receives the prize? Run in such a way that you may obtain it. And everyone who competes for the prize is temperate in all things. Now they do it to obtain a perishable crown, but we for an imperishable crown. Therefore, I discipline my body and bring it into subjection, lest, when I have preached to others, I myself should become disqualified. (9:24-25, 27)

The greatest enemy of the Christian who wants to run a race that is pleasing to the Lord is not the devil. It is the Christian himself. The Christian who makes an effort to overcome himself is the Christian who will win the victory.

桜エビ 

私が先日、静岡県の教会に講師として招かれて、そこの牧師が日本平に連れて行ってくださいました。
私達は富士山を眺めながら、お昼の食事をしました。レストランのメニューに「桜エビラーメン」とあったので、それを注文しました。ラーメンも桜エビもとてもおいしかったです。
(エビの色が桜色なので、桜エビと呼ばれています。)

そして牧師は、この話をしてくださいました。 日本で一番深い湾は駿河湾です。ある時、駿河湾で漁をしていた漁師は間違って網を通常より深く降ろしました。その時、捕った物が桜エビでした。

その話を聞いた時、ルカの福音書5章に書いてある出来事を思い出しました。

「群衆がイエスに押し迫るようにして神のことばを聞いたとき、イエスはゲネサレ湖の岸べに立っておられたが、 岸べに小舟が二そうあるのをご覧になった。漁師たちは、その舟から降りて網を洗っていた。 イエスは、そのうちの一つの、シモンの持ち舟に乗り、陸から少し漕ぎ出すように頼まれた。そしてイエスはすわって、舟から群衆を教えられた。 話が終わると、シモンに、「深みに漕ぎ出して、網をおろして魚をとりなさい」と言われた。 するとシモンが答えて言った。「先生。私たちは、夜通し働きましたが、何一つとれませんでした。でもおことばどおり、網をおろしてみましょう。」 そして、そのとおりにすると、たくさんの魚が入り、網は破れそうになった。」
ルカの福音書5:1-6

「深みに漕ぎ出しなさい。」私は、全てのクリスチャンに同じ事をお勧めします。今、信仰の浅い所を歩んでいる方々、主の導きに従ってもっと深い所に行って見ましょう。 たとえば、バプテスマや教会員になる事や献身まで行きましょう。 神様の最もすばらしい祝福は深い所にあります。

(聖歌635番)ちちなる神の恵みは(沖へいでよ)

ちちなるかみのめぐみは、かぎりなきうみぞ
 ともづなをときて、おきへこぎいでみよや
 おきへいでよ、きしをはなれ
 主のめぐみのただなかへ、いざこぎいでよ。


    サクラエビ

CHERRY BLOSSOM SHRIMP 

When I went to the special meeting at the Shimizu Bible Baptist Church, Pastor Michishita took me to Nihondaira. We ate lunch looking at Mt. Fuji. There was “cherry blossom shrimp ramen” on the restaurant menu, so I ordered it. Both the ramen and the shrimp were delicious.
(The shrimp is the color of the cherry blossom, so it is called “cherry blossom shrimp.”)

Pastor Michishita told me this story. The deepest bay in Japan is Suruga Bay. One day a fisherman fishing in Suruga Bay mistakenly let his net down deeper than usual. The fish that he caught that day was the cherry blossom shrimp.

When I heard this story, I immediately remembered the event recorded in chapter 5 of Luke.
So it was, as the multitude pressed about Him to hear the word of God, that He stood by the Lake of Gennesaret, and saw two boats standing by the lake; but the fishermen had gone from them and were washing their nets. Then He got into one of the boats, which was Simon's, and asked him to put out a little from the land. And He sat down and taught the multitudes from the boat. When He had stopped speaking, He said to Simon,"Launch out into the deep and let down your nets for a catch." But Simon answered and said to Him, "Master, we have toiled all night and caught nothing; nevertheless at Your word I will let down the net." And when they had done this, they caught a great number of fish, and their net was breaking.

Launch out into the deep. This is what I exhort to all Christians. You that are wading in the shallow area of faith, let’s obey the leadership of the Lord and go out deeper. For example, let’s go out as far as baptism or church membership or surrender for full-time ministry. The most wonderful blessings of the Lord are in the deep places.

The Mercy of God Is an Ocean Divine (hymn)

The mercy of God is an ocean divine,
 A boundless and fathomless flood;
 Launch out in the deep, cut away the shore line,
 And be lost in the fullness of God.

Launch out, into the deep,
 Oh, let the shore line go;
 Launch out, launch out in the ocean divine,
 Out where the full tides flow.


近づかないのが一番 

日本の毒ヘビは、2種類であると思われています。マムシハブです。
実は、もう1種類あり、ヤマカガシです。
ヤマカガシは本州・四国・九州等にごく普通に生息し、水田や池や川などで多く見られます。
一般の人がヤマカガシかどうか判断するのは難しいそうです。
「近づかないのが一番」と言われています。

罪に対するクリスチャンの態度は同じような態度であるべきです。
「近づかないのが一番」聖書に書いてあります。

「悪はどんな悪でも避けなさい。」
Ⅰテサロニケ人への手紙5:22

「愛する者たちよ。あなたがたにお勧めします。旅人であり寄留者であるあなたがたは、たましいに戦いをいどむ肉の欲を遠ざけなさい。」
Ⅰペテロの手紙2:11

もし、あなたはある所にヤマカガシがいると分かったら、その所に近づきますか? 
やはり、自分の命を大切にする人はその所に近づきません。
同じように、主に喜ばれる生活をしたいクリスチャンは、自分を誘惑する罪がある所に近づきません。
また、クリスチャンは主に喜ばれない事をするように自分を誘惑する人々から離れるべきです。

箴言5:22
「曲がった者の道にはいばらとわながある。たましいを守る者はこれらから遠ざかる。」と書いてあります。

創世記39章で、私達はヨセフの模範を見る事ができます。罪を犯すように誘惑された時、彼は逃げました。私達もそうしましょう。

私たちを誘惑する罪があればヤマカガシだ! ヤマカガシだ!と叫んで、すぐに遠ざけましょう。

    ヤマカガシ2

THE BEST THING TO DO IS NOT GO NEAR

It is thought that there are two poisonous snakes in Japan – the habu and the mamushi. Actually there is one more – the yamakagashi. There are many yamakagashi in Honshu, Shikoku, and Kyushu. They are often seen by lakes, paddies, and rivers. It is very difficult for the average person to tell if a snake is a yamakagashi or not, so it is said that the best thing to do is to not go near a snake.

The attitude of the Christian toward sin should be the same attitude. In the Bible, it is written,
Abstain from every form of evil.
(First Thessalonians 5:22)

Beloved, I beg you as sojourners and pilgrims, abstain from fleshly lusts which war against the soul.
(First Peter 2:11)


If you knew that there was a yamakagashi in a certain place, would you go near that place? A person who makes his life important would not go near that place. In the same way, a Christian wo wants to live a life that is pleasing to the Lord will not go near places where there are sins that tempt him.

Also, a Christian will stay away from people who tempt him to do things that are not pleasing to the Lord. In Proverbs 22:5 it is written,
Thorns and snares are in the way of the perverse; He who guards his soul will be far from them.

In chapter 39 of Genesis we can see the example of Joseph. When he was tempted to sin, he fled. Let’s do the same thing. When there is a sin that tempts us, let’s scream, “It’s a yamakagashi! It’s a yamakagashi!” and get as far away from it as possible.

逆転できるクリスチャン 

今年も広島カープがプロ野球セントラル・リーグで優勝しました。なんと驚く事に前期の84勝中カープは41回も逆転して勝ちました。カープはどうしてこんなに逆転できるチームになったのでしょうか。

新聞にこんな見出しがありました。
「悔しさが逆転のコイを育てた」去年カープは、日本シリーズで日本ハムに負けてしまいました。
その悔しさが今年の諦めないチームを育てました。

クリスチャンの信仰生活について同じ事が言えます。試練の悔しさは逆転できるクリスチャンを育てます。
Ⅰペテロの手紙5:10
によると、堅く立つ事ができるクリスチャン、強いクリスチャン、動かされる事のないクリスチャンとはどんなクリスチャンでしょうか。
それは試練と苦しみの悔しさを知っているクリスチャンです。

「あらゆる恵みに満ちた神、すなわち、あなたがたをキリストにあってその永遠の栄光の中に招き入れてくださった神ご自身が、あなたがたをしばらくの苦しみのあとで完全にし、堅く立たせ、強くし、不動の者としてくださいます。」ペテロの手紙5:10

神様は、苦しみを通して諦めないで最後まで堪え忍ぶ強いクリスチャンを育てます。試練を通してクリスチャンは次の事を学びます。
①神様は、約束を守って下さいます。
②あらゆる時に私達は、神様に信頼する事ができます。
③神様は、私達を助ける力を充分持っておられます。

確かに、試練は悔しい経験です。
しかし、その試練を通してこの3つの真実を確信するクリスチャンは勝利の信仰生活ができるクリスチャンです。

「私たちは、私たちを愛してくださった方によって、これらすべてのことの中にあっても、圧倒的な勝利者となるのです。」
ローマ人への手紙 8:37


    広島カープ

THE CHRISTIAN WHO CAN
   COME FROM BEHIND 

This year the Hiroshima Carp won the championship of pro baseball’s Central League again. Amazingly, 41 of the Carp’s first 84 wins were come-from-behind wins.

How did the Carp become this kind of come-from-behind team? There was this headline in the newspaper. [Vexation Brought About the Carp That Can Come from Behind] In last year’s Japan Series, the Carp lost to Nippon Ham. That vexation led to this year’s team that would never give up.

The same can be said of the faith-life of the Christian. It is the vexation of trials that brings up Christians who can come from behind. According to First Peter 5:10, who are the Christians that are established, strong, and settled? They are the Christians who know the vexation of trials and suffering.

May the God of all grace, who called us to His eternal glory by Christ Jesus, after you have suffered a while, perfect, establish, strengthen, and settle you.
(First Peter 5:10)


Through trials God raises up strong Christians who will never give up and fight to the finish. Through the trials Christians learn three things.
1-God will keep His promises.
2-We can trust God at all times.
3-God has sufficient power to help us.


Certainly, trials are vexing. However, the Christian who can be assured of these three truths is the Christian who can live a victorious faith-life.

In all these things we are more than conquerors through Him who loved us.
(Romans 8:37)


華やかな天国 

先日の日曜日に教会員はを新会堂の色を決めました。
正直に言って私はを新会堂の外壁や内装の壁やドアーや床の色を決める話合いを少し恐れていました。もし皆さんの意見が合わなければ、今まで教会員の間にあった一致がなくなるかも知れないと思ったからです。
そして、色を決める話合いは、とても楽しい時となりました。よく笑いながら、私たちは皆さんの意見が一致するまで、それぞれの色を決める事ができました。

今まで私は、教会員に数回言った事があります。「新会堂を建てる時、私はどのパチンコ屋にも負けないほどの派手な色にしますよ!」しかし、私達が決めた色はそんなに派手の色ではありません。とっても綺麗な教会になりますが、パチンコ屋の様な建物になりません。

しかし、神様が御自分のお住まいを造りられた時、それはとても華やかな所にしました。黙示録21:18によると、天国の城壁は碧玉で造られました。碧玉の色は青みがかった緑色です。
また、黙示録21:19-20を読むと、城壁の土台石のあらゆる宝石で飾られ、色は緑と青とオレンジと赤と黄色と紫だとわかります。
そして、21節によると天国の門は真珠で、道が透き通ったガラスのような純金でありました。

イエスキリストを信じている人々が行く天国は何と言う綺麗な所でしょうか。ヨハネの福音書14:2-3によると、今キリストは華やかな天国で私達の場所を備えておられます。その場所はどれほどの綺麗な場所であるか想像して見てください。

「まさしく、聖書に書いてあるとおりです。「目が見たことのないもの、耳が聞いたことのないもの、そして、人の心に思い浮かんだことのないもの。神を愛する者のために、神の備えてくださったものは、みなそうである。」
Ⅰコリント人への手紙2:9

    華やかな天国

COLORFUL HEAVEN 

Last Sunday the church members decided on the colors of the new church. Speaking honestly, I was somewhat afraid of the discussion to choose the colors of the outside wall, the inside wall, the door, and the floor. If our opinions did not match, the unity that there has been among the church members for so long might be destroyed. However, the meeting to decide the colors turned out to be a delightful time. Laughing a lot, we were able to discuss the colors of the various things until we all agreed.

Until now I had told the members several times, “When we build the church. I am going to make as colorful as any of the pachinko parlors.” However, the colors we chose were not all that gaudy. It is going to be a very pretty church, but it will not be like a pachinko parlor.

However, when God created His home, He made it a very colorful place. According to Revelation 21:18, the walls of heaven will be made of jasper, a bluish-green color.

When we read verses 19-20, we understand that the foundation stones of the walls will be green and blue and orange and red and yellow and purple.

And, according to verse 21, the gates will be pearls and the street pure gold.

How beautiful will be the heaven where those who believe in Christ will go! According to John 14:2-3 Christ is building a place for us in this colorful heaven. Just imagine how beautiful this place will be.

But as it is written: "Eye has not seen, nor ear heard, nor have entered into the heart of man the things which God has prepared for those who love Him."
1 Corinthians 2:9


skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ