undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

明るい街と暗い心 

50年前、私たち家族が日本に来た時、当時の日本はクリスマスを知らない国だと言っても、過言ではありませんでした。家を飾り付けする人は、ほとんど誰もいませんでした。
町の中心でクリスマスの飾り付けする街や店も滅多にありませんでした。クリスマスの日に私達は家族5人だけでクリスマスを祝いました。

しかし、現在は全然違います。家を飾り付けする人々は、すごく多くなりました。
私の近所の人は早目に11月に自分の家を飾り付けました。
買物に行く時、私は多くの店の綺麗な飾り付けを見ます。
そして、全ての町の中心はクリスマスの飾りで輝いています。
私達を驚かせるほどの鮮やかなイルミネーションもあります。
この50年の間に日本のクリスマスは驚くほど変わりましたが、日本の多くの人々の暗い心は全く変わっていません。聖書に多くの日本人の心の暗さを説明する言葉があります。

「彼らは、神を知っていながら、その神を神としてあがめず、感謝もせず、かえってその思いはむなしくなり、その無知な心は暗くなったからです。 彼らは、自分では知者であると言いながら、愚かな者となり、 不滅の神の御栄えを、滅ぶべき人間や、鳥、獣、はうもののかたちに似た物と代えてしまいました。」
ローマ人への手紙1:21~23

多くの日本人の心は暗くて、教会のクリスマス伝道の目的は彼等の目を開いて、暗闇から光に、そしてサタンの支配から神に立ち返らせるためです。
(使徒の働き26:18)

12月の間に教会の伝道を通して、そして個人伝道を通して、出来るだけ多くの人々にキリストの言葉を宣べ伝えましょう。
「わたしは、世の光です。わたしに従う者は、決してやみの中を歩むことがなく、いのちの光を持つのです。」
ヨハネの福音書8:12


   
BRIGHT TOWNS AND DARK HEARTS 

BRIGHT TOWNS AND DARK HEARTS

When my family came to Japan 50 years ago, if you said that the Japan of those days was a country that did not know Christmas, it would not be an exaggeration. Almost no one decorated their homes. Very few towns decorated the downtown area and stores that decorated for Christmas were rare. On Christmas day, the five of us celebrated Christmas inside our home by ourselves.

However, now it is completely different. More and more people decorate their homes. Some people near my home decorated their house early in November. When I go shopping, I can see the pretty decorations of the stores. Also, the downtown areas of many towns are shining with Christmas decorations, and there are brilliant illuminations that amaze us.

During these 50 years, Christmas in Japan has changed considerably; however, the dark hearts of many Japanese have not changed at all. In the Bible there are words that explain the darkness of the hearts of many Japanese.
Because that, when they knew God, they glorified him not as God, neither were thankful; but became vain in their imaginations, and their foolish heart was darkened. Professing themselves to be wise, they became fools, And changed the glory of the uncorruptible God into an image made like to corruptible man, and to birds, and fourfooted beasts, and creeping things.
(Romans 1:21-23)


Because the hearts of many Japanese are dark hearts, the purpose of all the Christmas evangelism of the church is to open their eyes, and to turn them from darkness to light, and from the power of Satan unto God. (Acts 26:18)

During December, through the evangelism of the church, and through personal evangelism, let’s declare the words of Christ to as many people as possible.
I am the light of the world: he that followeth me shall not walk in darkness, but shall have the light of life. (John 8:12)

命はいったいどのようなものでしょうか? 

「私は、先週の29日にこのメッセージを書きました。」

ちょうど11年前でした。私は寝室に入って妻の名を呼びましたが返事がなかったのでもう一度呼びました。しかし返事がなかった。そして彼女に触れたけど動きませんでした。
その瞬間に私は妻がもう天国に召されていると気付きました。
前日まで妻は元気でしたが寝ている間に脳内出血が起こりました。

聖書は、 私達の短い命をいくつかのものと例えています。
「いのちは、しばらくの間現れて、それから消えてしまう霧のようです。」ヤコブの手紙4:14

「いのちは、過ぎ去る影のようです。」詩篇144:4

「いのちは、野の花のようです。風がそこを過ぎると、それは、もはやない。」
詩篇103:15-16

人は誰でも「長く生きたい」と願う者ですが、聖書は私達に明日の命でさえ保証できません。
「あすのことを誇るな。一日のうちに何が起こるか、あなたは知らないからだ。」箴言 27:1

短い命ですから、この世のつまらないものやはかないものにあこがれないで、生き甲斐のある生活をしましょう。また日々、夫や妻や子供達に愛を示しましょう。 なぜなら、今日私達の隣に立っている人は、朝にはそこにいないかも知れないからです。

「主よ。お知らせください。私の終わり、私の齢が、どれだけなのか。私が、どんなに、はかないかを知ることができるように。」詩篇39:4

   
WHAT IS LIFE? 

WHAT IS LIFE? 

(I wrote this message on this past Thursday, November 29.)

It was exactly eleven years ago. I went into the bedroom and called my wife’s name. She did not answer, so I called her again. Still there was no answer, so I touched her, but she did not move. In that instant, I realized that she had gone home to be with the Lord. She was fine the day before, but she suffered a cerebral hemorrhage while she was sleeping.

The Bible compares our brief life to several things.
Life is like a mist that appears for a short time and then vanishes away. (James 4:14)

Life is like a shadow that passes away.
(Psalm 144:4)


Life is like a flower in the field. The wind passes over it and it is gone.
(Psalm 103:15-16)


All people intend to live a long life, but the Bible does not even guarantee tomorrow’s life to us.
Boast not thyself of tomorrow; for thou knowest not what a day may bring forth. (Proverbs 27:1)

It is a brief life, so instead of yearning for the trivial and fleeting things of this world, let’s live a purposeful life. Also, let’s show love to our husband or wife or children daily, for the person standing beside you today may not be there tomorrow.

Lord, make me to know mine end, and the measure of my days, what it is; that I may know how frail I am. (Psalm 39:4)

感謝祭と七面鳥 

毎年、11月の第4木曜日にアメリカではThanksgiving Day(感謝祭)をお祝いします。
1863年に始まったこの祝日は神様に感謝するための日です。

先週の木曜日に私は、佐世保のライトハウス・バプテスト教会に招かれて、米軍の基地に勤めているクリスチャン達と一緒に感謝祭を祝いました。食事の前に私たちは賛美して、そして数人のクリスチャンは感謝の証しをしました。

感謝祭の食事のメインディッシュは七面鳥です。
マッシュポテト・マカロニ・クランベリーソース・グリーンビーンキャセロール・スイートポテト・サラダ・ライス・ハムなど多くのデザートもありました。そしてピーカンパイを食べました。 私はおいしい食事とクリスチャンとの楽しい交わりを主に感謝しながら小倉に帰りました。

クリスチャンの感謝祭はいつですか。それは毎日です!
「すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。」Ⅰテサロニケ人への手紙5:18

「いつでも、すべてのことについて、私たちの主イエス・キリストの名によって父なる神に感謝しなさい。」
エペソ人への手紙5:20

もちろん私たちは、住居・食物・飲物・衣類・健康・仕事と他に多くの祝福を感謝すべきです。
しかし、このような祝福が全くなくても、神様がキリストの十字架と復活によって与えてくださった救いをいつも感謝するクリスチャンになりましょう。

「しかし私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死んでくださったことにより、神は私たちに対するご自身の愛を明らかにしておられます。」
ロ-マ人への手紙5:8

感謝に満ち溢れる心を持って毎日を感謝祭にしましょう。
「主に感謝し、御名をほめたたえよ。 主はいつくしみ深くその恵みはとこしえまで、その真実は代々に至る。」
詩篇100:4b~5


   
Thanksgiving-Day 

THANKSGIVING AND TURKEY 

Every year on the fourth Thursday of November Americans celebrate Thanksgiving Day.
This holiday which began in 1863 is a day for giving Thanksgiving to God.

On Thursday of last week, I went to Sasebo and celebrated Thanksgiving Day with members of the Lighthouse Baptist Church who are working on the American base there. Before the meal we sang some songs, and several Christians gave thanksgiving testimonies.

The main dish of the Thanksgiving Day meal was turkey. But there was also mashed potatoes, macaroni, cranberry sauce, green bean casserole, sweet potatoes, salad, rice, ham, and many desserts. I had pecan pie. I drove back to Kokura thanking the Lord for the delicious meal and the delightful fellowship.

When is the Christian Thanksgiving Day? It is every day!
In everything give thanks: for this is the will of God in Christ Jesus concerning you.
(First Thessalonians 5:18)

Giving thanks always for all things unto God and the Father in the name of our Lord Jesus Christ.
(Ephesians 5:20)

Of course, we should give thanks for a place to live, food, drink, clothing, health, work, and many other blessings. However, even if we do not have even one of these blessings, let’s be Christians who are always giving thanks to God for the salvation He provided for us through the cross and resurrection of Christ.
But God commendeth His love toward us, in that, while we were yet sinners, Christ died for us.
(Romans 5:8)


With a heart overflowing with thanksgiving, let’s make every day Thanksgiving Day.
Be thankful unto God and bless his name. For the Lord is good; his mercy is everlasting, and his truth endureth to all generations.
(Psalm 100:4b-5)

難しい事と簡単な事 

来年の1月にワイエット先生と家族は日本に戻って来ます。
宣教師のビサをもらうために、彼らはまず日本の入国管理局から「Certificate of Eligibility」と言う書類を受けなければなりません。

この書類を受理するのはとても難しい事です。
まずワイエット先生はその「Certificate」の申込書に必要な情報を記入します。
そして彼は申込書を私に送ります。次に私は申込書を小倉北区にある入国管理局に持って行きます。
入国管理局に行く度に、書類が足りないとか、訂正しなければならない箇所がある等、入国管理官に申込書を受理してもらうために私は3回も足を運びました。

宣教師として日本に入国する事は難しい事ですが、神の国に入る事は簡単です。
天国に入りたい人は、まず自分の罪を認めなければなりません。

「パリサイ人と取税人」
と言う有名な例え話の中で一人の取税人は神様に祈りました。
「神さま。こんな罪人の私をあわれんでください。」
キリストは「この人が、義と認められて家に帰りました。」と言われました。(ルカの福音書18:13-14)

自分が罪人であると認めてから、天国に入りたい人は十字架の上で私達の罪を御自分に背負って、私達のために死んでくださったキリストを信じなければなりません。

「主イエスを信じなさい。そうすれば、
あなたは救われます。」
使徒の働き16:31

宣教師として日本に入国するために、パスポート・出生証明書・写真・申込書・アメリカの宣教事務局からの保証の手紙が必要です。しかし、神様の国に入るため、自分の罪を悔い改める心とキリストを信じる信仰だけで充分です。

   
入国審査 

A DIFFICULT THING 
  AND A SIMPLE THING 

Wyatt Sensei and his family will return to Japan in January. In order to obtain a visa, they must first of all receive a (Certificate of Eligibility) from the Immigration Office.

Obtaining this Certificate is quite difficult. First, Wyatt Sensei filled in the necessary information on the application. Then he sent the application to me. Next, I took the application to the Immigration Office.

Every time I went to the Immigration Office, because there was a document missing, or because there were changes that needed to be made, I had to go three times.

Entering Japan as a missionary is a difficult thing, but entering the country of God is a simple thing. First, the person who wants to enter heaven must admit his sins. In a famous parable called (The Pharisee and the Publican), the publican prayed to God, God, be merciful to me a sinner.
Christ said that this man went down to his house justified. (Luke 18:13-14)

After admitting that he is a sinner, the person who wants to enter the country of God must believe in Jesus Christ who bore our sins and died for us on the cross.
Believe on the Lord Jesus Christ, and thou shalt be saved. (Acts 16:31)

In order to enter Japan as a missionary, you need a passport, birth certificate, photo, application, and a letter of guarantee from the mission office in America. However, to enter the country of God, a heart that repents of sin and faith in Jesus Christ is enough.

勝利の歌 

私が入店した途端、顔は喜びの微笑に変わりました。
なぜならその店には大好きなBGMが流れていたからです。
それはこの歌です。

♪いざゆけ 無敵の若鷹軍団
 いざゆけ 炎の若鷹軍団
 我らの 我らのソフトバンク・ホークス♪


今年もソフトバンク・ホークスが日本シリーズで優勝して日本一になりました。 しかしペナントレース中、ホークスが優勝する可能性はとても低かった。一時期ホークスは5位にまで落ちました。1位の西武との差は12ゲームでした。しかし2位に上がったホークスはクライマックス・シリーズで西武に勝ち、そして日本シリーズで広島を破ったのす。まさに下克上でした。
私は買物に行くたびにホークスの「勝利の歌」を楽しむ事ができます。

時々、神様の御言葉に従おうとしているクリスチャン達は今シーズンのホークスに似ています。
私達は様々な試練に遭います。日々の信仰生活は自分の肉欲との激しい戦いです。度々誘惑に負け、悪魔の囁きに耳を傾けて、失望する時もあります。

しかし、黙示録によると、最後に私達はホークスと同じように勝利を得ます。 私たちは全てのクリスチャン達と共に神様の御座の周りに集まって、この「勝利の歌」を歌います。

「御座にすわる方と、子羊とに、賛美と誉れと栄光と力が、永遠にあるように。」黙示録 5:13

「勝利の歌」を歌う時が来るとわかっているので、私達は
「固く立って、動かされることなく、いつも主のわざに励みましょう。」Ⅰコリント人への手紙15:58

   
SONG OF VICTORY 

SONG OF VICTORY 

The instant I entered the store, my face changed to a smile of joy because the music of one of my favorite songs was being played in the store. It was this song.
(the Softbank Hawks Fight Song)

Iza yuke muteki no wakataka gundan
 Iza yuke honoo no wakataka gundan
 Warera no, warera no Softbank Hawks

Again this year the Softbank Hawks won the Japan Series and became the champions of Japan. However, during the season the possibility of the Hawks winning the championship was remote. At one time, the Hawks fell to fifth place. They were 12 games behind first-place Seibu. However, the Hawks climbed to second place, beat Seibu in the Climax Series and then defeated Hiroshima in the Japan Series, so when I go shopping, I enjoy the Hawks’ song of victory.

Sometimes Christians who are trying to obey the Word of God resemble this year’s Hawks. We experience various trials. Our daily Christian life is an intense battle with our lusts. Now and then we give in to temptation. We listen to the voice of Satan and become discouraged.

However, according to Revelation, in the end, like the Hawks, we shall gain the victory. We shall gather around the throne of God with all Christians and sing this song of victory:

Blessing, and honor, and glory, and power, be unto him that sitteth upon the throne, and unto the Lamb for ever and ever. (Revelation 13:8)

Because we know the time will come when we sing the song of victory, let us
be steadfast, unmoveable, always abounding in the work of the Lord.
(First Corinthians 15:58)

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ