undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

美しい花嫁 

先週、私は招待されて結婚式に出席しました。
とても美しい花嫁でした。彼女は素敵なウェディングドレスを着ていたし、顔はきれいにお化粧をしていました。

もし、花嫁の結婚式が次のような姿であったならば、どうなると思いますか。
ウェディングドレスの代わりに彼女はボロボロの服を着ています。靴は古いサンダルです。髪は、その朝、起きた時のままです。顔には化粧を全くしていません。
もし、花嫁がこの姿で花婿の前に現れたならば、彼は彼女の事をとても恥ずかしいと思うに違いありません。

エペソ人への手紙5 章の中で、キリストとクリスチャンの関係は夫婦の関係と例えられています。
キリストは花婿です。クリスチャンは彼の花嫁です。
黙示録19:7 によると全てのクリスチャンは、キリストの婚姻に行きます。
その時、私たちの衣は「きよい麻布の衣」です。
8 節によると、そのきよい麻布の衣は「聖徒たちの正しい行いである。」

もし、キリストの花嫁である私たちが、キリストの婚姻に着る衣は、私たちの正しい行いであれば、私たちはコロサイ人への手紙1:10 に書いてあるとおりに「主にかなった歩みをして、あらゆる点で主に喜ばれ、あらゆる善行のうちに実を結びましょう。」

キリストの婚姻にいくとき、あなたは花嫁のように美しいウェディングドレスのような衣を着ますか。あるいは、ボロボロのきよくない衣でしょうか。

   
BEAUTIFUL BRIDE 

BEAUTIFUL BRIDE 

Last week I attended the wedding of Katayama and Kaoru. Kaoru was a beautiful bride. Her wedding dress was elegant, and her makeup was pretty.

What do you think would have happened if Kaoru appeared at the wedding in the following condition? She is wearing ragged clothing instead of a wedding dress. Her shoes are old sandals. Her hair is still the way it was when she woke up in the morning. She has no makeup on her face. If she had appeared before Katayama in that condition, it is for certain that he would have been ashamed of her.

In chapter 5 of Ephesians the relationship of Christ and the Christian is compared to the relationship of a couple. Christ is the bridegroom and the Christian is His bride. According to Revelation 19:7, all Christians will attend the marriage supper of Christ. At that time, our clothing will be fine linen, clean and white. According to verse 8, the fine linen is the righteousness of the saints. (“Righteous works” in the Japanese Bible.)

If the garment that Christians, who are the bride of Christ, will wear to the marriage supper of Christ is our righteous works, just as it is written in Colossians 1:10, Let us walk worthy of the Lord, fully pleasing Him, being fruitful in every good work

When you go to the marriage supper of Christ, will you wear a beautiful garment like the wedding dress of Kaoru, or will you wear a ragged, unclean garment?

54年間かかったマラソン 

1912年のオリンピックは、スウェーデンのストックホルムで行われました。
このオリンピックに参加した日本人は、2人だけでした。
その一人は「マラソンの父」と呼ばれている金栗四三です。彼は、熊本県の玉名市で生まれました。

日本からスウェーデンまで18日もかかった旅のために疲れ切った金栗は、マラソンの途中で気絶してしまいました。
そして熊本の農家の家族が彼を助けてくれたのです。自分の失敗を恥ずかしく思った金栗は、誰にも連絡せずに帰国しました。

スウェーデンのオリンピックの役員は、50年間彼が行方不明になったと思っていましたが、1967年に彼らは、彼がまだ生きていて日本に住んでいるとわかりました。
スウェーデンのテレビ放送局は、彼にスウェーデンに戻ってマラソン完走させるチャンスを与えました。
金栗は、その企画を受け入れてスウェーデンに戻ってマラソンを完走しました。
54年8ヶ月6日5時間32分かかったマラソンです。

聖書の中でクリスチャンの生活は、マラソンとたとえられています。(ヘブル人への手紙12:1)
私たちも試練や困難に遭って、疲れ果てて気絶する時があります。そして、回復して私たちも再び自分の人生のマラソンに立ち返って、ゴールまで走り続けましょう。

多くの困難に遭ったパウロは、Ⅱテモテへの手紙4:7でこの言葉を書きました。
「私は走るべき道のりを走り終えました。」神様は、私たち一人ひとりに走るべき道のりを与えてくださいました。
ゴールまでの途中でどんなことが起こっても、その道のりを走り終えましょう。

   マラソンの父

THE MARATHON
  THAT TOOK 54 YEARS

The 1912 Olympics were held in Stockholm, Sweden. Only two Japanese participated in those Olympics. One of them was Shinzoo Kanakuri who is called the “father of the marathon” in Japan. He was born in the town of Tamana in Kumamoto Prefecture.

Weakened by the 18-day trip from Japan to Sweden, Kanakuri collapsed during the marathon. A farming family found him and helped him. Ashamed of his failure, Kanakuri returned to Japan without telling anyone.

For 50 years the Sweden Olympic officials thought he was missing, but in 1967 they discovered that he was still alive and living in Japan. A Swedish TV company offered him the opportunity to return to Sweden and complete the marathon. He accepted the offer and went back to Sweden and ran the marathon. It was a marathon that took 54 years, 8 months, 6 days, 5 hours and 32 minutes.

In the Bible the life of the Christian is compared to a marathon. (Hebrews 12;1) There may be times when we too, weakened by trials and troubles, may collapse. However, after we recover, let us too return to the marathon of our life and continue running all the way to the goal.

Paul, who experienced many trials, wrote these words in Second Timothy 4:7. I have finished my course.
God has given each one of us a course that we should run. No matter what happens on the way to the goal, let us finish our course.


猿が出て来なかった 

先日、私は小倉教会の特別集会の講師であったガードナー先生を別府に連れていきました。
彼を高崎山(多くの猿が住んでいる山)うみたまご(水族館)地獄めぐりに連れていくつもりでしたが、高崎山の駐車場に着いた時、係員に「今日は、まだ猿が出て来ていないので先にうみたまごに行ってください」と言われました。

私たちは、うみたまごと言う素晴らしい水族館に行って、それから猿が出て来ているかどうか見に行きました。
残念なことに猿は、まだ一匹も出て来ていませんでした。
しばらく待ちましたが猿は、やはり出て来なかったので、あきらめて地獄めぐりに行きました。
私は、特にガードナー先生に猿が多く住んでいる高崎山を見て欲しかったのですが、とても残念でした。

時々クリスチャンは、神様に祈るとき同じような経験に遭います。私たちは、神様がすぐに祈りに応えてくださる事を期待するが、しばらく待っても神様は、応えてくださいません。
しかし、出て来なかった猿と違って神様は、必ず祈りに応えてくださるので、あきらめずに、主を待ち望みましょう。
「待ち望め。主を。雄々しくあれ。心を強くせよ。待ち望め。主を。」詩篇27:14

私は、今まで何度も高崎山に行って猿が出て来ない事は一度もありませんでした。
今回、猿は私をとてもガッカリさせましたが、しかし主は決して私たちを失望させません。
「主を待ち望む者は新しく力を得、鷲のように翼をかって上ることができる。走ってもたゆまず、歩いても疲れない。」イザヤ書40:31

マタイの福音書7:7

「求めなさい。そうすれば与えられます。」とあります。

   
別府高崎山  

THE MONKEYS DID NOT COME OUT

Last Monday I took Missionary Dan Gardner, the speaker at the special services of the Kokura church, to Beppu. We intended to go to Mount Takasaki (a mountain where many monkeys live), Umitamago (an aquarium), and Hell (a place where there are many hot springs); however, when we arrived at the Mount Takasaki parking lot, we were told that no monkeys had come out yet, so we should go to Umitamago first.

After we went to Umitamago, we went to see if any monkeys had come out yet. Unfortunately, not one monkey had come out. We waited a while, but the monkeys did not come out, so we gave up and went on to Hell. I had especially wanted Brother Gardner to see all the monkeys on Mount Takasaki, so I was greatly disappointed.

Sometimes, when Christians pray to God, they have the same experience. We expect God to answer our prayers soon, but even if we wait a while, He does not answer. However, different from the monkeys who did not come out, God will without fail answer our prayers, so let us not give up but wait on the Lord.
Wait on the LORD; Be of good courage, and He shall strengthen your heart; Wait, I say, on the LORD! (Psalm 27:14)

I have been to Mount Takasaki many times before, and the monkeys always came out, but this time they disappointed me. However, the Lord will never disappoint us.
But those who wait on the LORD shall renew their strength; they shall mount up with wings like eagles, they shall run and not be weary, they shall walk and not faint. (Isaiah 40:31)

As it says in Matthew 7:7,
Ask and it will be given to you.
The Lord will surely answer, so let us wait on Him and continue to pray.

最もすばらしい愛の物語 

人類の歴史と文学には、いろんな愛の物語があります。
文学の中で愛の物語はシェイクスピアの「ロミオ&ジュリエット」が一番有名な愛の物語であるかもしれません。
歴史の中で「マーク・アントニー&クレオパトラ」
また、愛する恋人と結婚するためにイギリスの王位を退位した「エドワード8世」の愛の物語が有名です。
聖書の中では「ボアズ&ルツ」の愛の物語はすべてのクリスチャンに知られています。

しかし、これらの愛の物語より、もっと素晴らしい愛の物語があります。
その物語は聖書のヨハネの福音書3:16に書いてあります。
「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためであった。」

この箇所に書いてある愛は神聖な愛、すなわち神様の聖い愛です。これは最も素晴らしい愛の物語です。天と地を創造した神様ご自身の愛です。

文学と歴史の中にある愛の物語は一人の人を愛した人間の物語です。しかし、神様の愛は世を愛する愛、つまり全ての人類に対する神の愛です。

そのひとり子をお与えになったほどに、この言葉は神様の愛の素晴らしさを表す言葉です。
私たちに永遠の命を与えるために神様のひとり子、イエス・キリストは十字架の上で私たちのために死んでくださいました。
「神はそのひとり子を世に遣わし、その方によって私たちに、いのちを得させてくださいました。ここに、神の愛が私たちに示されたのです。」Ⅰヨハネの手紙4:9

   
愛の物語 

THE MOST WONDERFUL
LOVE STORY


In literature and in history there are various love stories. In literature, Shakespeare’s Romeo and Juliette may be the most famous love story. In history, the love stories of Marc Anthony and Cleopatra and also Edward VIII who abdicated the throne of England to marry his sweetheart are famous. In the Bible, the love story of Boaz and Ruth is known by all Christians.

However, there is a love story that is more wonderful than all the above stories. That story is written in John 3:16 in the Bible.
For God so loved the world that He gave His only begotten Son, that whosoever believes in Him should not perish, but have everlasting life.

The love written in this passage is divine love, the holy love of God, so it is the most wonderful love story. It is the love of the God who created the heavens and the earth.

The love stories in literature and history are the love stories of people who loved one person. However, the love of God is love that loved the world, in other words, love that loves all people.

That He gave His only begotten Son! These words express the wonderfulness of the love of God. God’s only Son, Jesus Christ, died for us on the cross to give us eternal life.
In this the love of God was manifested toward us, that God has sent His only begotten Son into the world, that we might live through Him.
(First John 4:9)


前進するために戻る 

長野県の上田市にある上田BBCに行ったとき、私は新幹線で小倉~東京まで行って、そして東京~長野に行きました。
私が乗った新幹線は上田駅に止まらないので長野駅で別の列車に乗り換えなければなりませんでした。

その列車に乗ったとき私は、おかしな事に気がつきました。
その列車は東京行きでした。
東京から来たばかりなのに上田駅に行くために東京駅方面に戻らなければなりませんでした。

クリスチャンも前進するために戻らなければならない時があります。神様が望んでおられるようなクリスチャンになるために私たちは、神様の御心に従わなかった所に戻る必要があります。

創世記の28章
で兄エサウの祝福を盗んだヤコブは、兄に殺されることを恐れてベテルという場所に行きました。
ベテルでヤコブは神様に誓願を立てましたがカランに着いてからヤコブはその請願を忘れて、とても罪深い生活をしました。

20年後ヤコブはベテルに戻って祭壇を築いて、もう一度、神様に誓願を立てました。(創世記35:1-15)

もっと神様に祝福されたい、もっと霊的に成長したい、もっと神様に用いられたいクリスチャンも神様への約束を守らなかった所に戻って主に従う決心を新たにしなければなりません。

「主に帰れ。そうすれば、主はあわれんでくださる。私たちの神に帰れ。豊に許してくださるから。」
イザヤ書55:7


   
GO BACK 

GO BACK TO GO FORWARD 

When I went to the Ueda Bible Baptist Church in Ueda City in Nagano Prefecture, I rode the Shinkansen from Kokura to Tokyo and then from Tokyo to Nagano. The train on which I was riding did not stop at Ueda, so at Nagano I had to change to a different train.

When I got on that train, I noticed something interesting. That train was bound for Tokyo. Even though I had just come from Tokyo, to go to Ueda, I had to ride a train headed back to Tokyo.

There are times when Christians too must go back to go forward. To become the kind of Christian that God is desiring, we may need to go back to the place where we did not obey the will of God.

In chapter 28 of Genesis, Jacob, who had stolen the blessing of his brother Esau and feared being killed by him, went to a place called Bethel. There he made a vow to God, but after he arrived in Haran, he forgot his vow and lived a very sinful life.

20 years later, Jacob went back to Bethel, built an altar, and renewed his vows to God. (Genesis 35:1-15)

The Christian who wants to be more blessed by God or wants to grow more spiritually or wants to be more used by God will have to go back to the place where he did not keep his promise to God and renew his decision to obey God.

Return to the Lord. He will have mercy. Return to the Lord. He will abundantly pardon.
(Isaiah 55:7)


skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ