undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

NO! 

私は、しばらく祈りを通して神様にあることを願いました。
ようやく答えがありました。「NO」でした。正直に言って私は、泣くほど失望しました。
なぜなら自分が願ったことは、ある問題の完全な解決であると思ったからです。しかし、神様は「NO」とおっしゃいました。

聖書の中で神様は、次の人達にも「NO」と応えました。
サウル(Ⅰサムエル記14章)
ダビデ(Ⅱサムエル記12章)
エリヤ(Ⅰ列王記19
ヨナ(ヨナ書4章)
ヤコブとヨハネ(マルコの福音書10章)
とパウロ(Ⅱコリント12章)

神様が私たちの祈りに「NO」と答えるとき私たちは、どの様に反応すべきでしょうか。キリストの模範があります。十字架かにつく前にキリストは、祈りました。
「父よ。みこころならば、この杯をわたしから取りのけてください。しかし、わたしの願いではなく、みこころのとおりにしてください。」ルカの福音書22:42
「わたしの願いではなく」これは、非常に言いにくい言葉です。 そして「みこころのとおりにしてください。」この言葉は、もっと言いにくい言葉です。

しかし、私たちは祈りの目的を覚えなければなりません。祈りの目的は、自分が欲しがっているものや貰う事だけでは、ありません。祈りのもう一つの大事な目的は、神様の御心を確認することです。

自分が神様に願ったことは、主の御心では、ないとわかるとき私たちは、続けて祈りを通して主の御心を求めるべきです。
なぜなら、Ⅰヨハネの手紙5:14「何事でも神のみこころにかなう願いをするなら、神はその願いを聞いてくださるということ、これこそ神に対する私たちの確信です。」と書いてあるからです。

   
Prayer 

NO! 

For a while I prayed and asked God for something. Finally, the answer came. It was “NO.” Speaking honestly, I was so disappointed that I cried because I thought that what I requested of God was the perfect solution to a certain problem. However, God said, “NO.”

In the Bible God said, “NO” to these people too: Saul (First Samuel 14), David (Second Samuel 12), Elijah (First Kings 19), Jonah (Jonah 4), James and John (Mark 10), and Paul (Second Corinthians 12).

When God replies, “NO,” to our prayers, how should we react? We have the example of Christ. Before He went to the cross, He prayed, Father, if it is Your will, take this cup away from Me; nevertheless not My will, but Yours, be done.

“Not my will” – these words are hard to say. “Your will be done” – these words are even harder to say. However, we must remember the purpose of prayer. The purpose of prayer is not just to receive the things that we desire. Another important purpose of prayer is to confirm the will of God.

When we realize that what we requested is not the will of God, we should continue to seek His will through prayer, for in First John 5:14 it is written,
Now this is the confidence that we have in Him, that if we ask anything according to His will, He hears us.

あなたの義度は? 

私はスイカが大好きです。夏になると毎晩スイカを食べます。
しかし、いつも買っているスイカについてわからない事が一つあります。スイカの容器に数字の書いたシールが貼ってあります。普通10~12です。
最近まで、その数字を見て何を表わしているか不思議に思っていました。

先週の日曜日に教会の姉妹はそれを説明してくださいました。 数字はスイカの糖度を表しています。そうです数字はスイカの甘味です。数字が高くなればなるほどスイカは甘いのです。最も甘いスイカは15度だそうです。

もし、神様が同じような事をしたら、どうなるでしょうか?
つまり、神様が一人ひとりのクリスチャンの額にそのクリスチャンの義度シールを貼ったなら、あなたの義度は何度になるでしょうか。

例えば、Ⅰテサロニケ人への手紙の5:12-22にクリスチャンが守るべき15の命令が書いてあります。

あなたがたの間で労苦し、主にあってあなたがたを指導し、訓戒している人々を認めなさい。その務めのゆえに、愛をもって深い尊敬を払いなさい。
お互いの間に平和を保ちなさい。
気ままな者を戒めなさい。
小心な者を励ましなさい。
弱い者を助けなさい。
すべての人に対して寛容でありなさい。
だれも悪をもって悪に報いないように気をつけなさい。
お互いの間で、またすべての人に対して、いつも善を行なうよう務めなさい。
いつも喜んでいなさい。
絶えず祈りなさい。
すべての事について、感謝しなさい。
御霊を消してはなりません。
預言をないがしろにしてはいうけません。
すべてのことを見分けて、ほんとうに良いものを堅く守りなさい。
悪はどんな悪でも避けなさい。


今、私達はこの15の命令を、いくつ守っているでしょうか? その数字の結果が私達の義度です。

   
スイカ糖度 

WHAT IS YOUR LEVEL
 OF RIGHTEOUSNESS
 ?

I love watermelon. In the summer, I eat watermelon every night. However, there was one thing I did not understand about the watermelon I always bought. There is a number written on top of the pack. Usually, it is 12 or 11 or 10. Until recently I wondered what that number meant.

Last Sunday at church, one of the ladies of the church explained it to me. The number shows the level of sugar in the watermelon. In other words, the number shows how sweet the watermelon is. The higher the number, the sweeter the watermelon. The number of the sweetest watermelon is 15.

What would happen if God did the same thing? In other words, if God wrote the level of our righteousness on our forehead, what would the level of our righteousness be?

For example, in First Thessalonians 5:12-22 there is a list of 15 commands that Christians should obey.

Recognize those who labor among you, and are over you in the Lord and admonish you, and to esteem them very highly in love for their work’s sake.
Be at peace among yourselves.
Warn those who are unruly.
Comfort the fainthearted.
Uphold the weak.
Be patient with all.
See that no one renders evil for evil to anyone.
Always pursue what is good both for yourselves and for all.
Rejoice always.
Pray without ceasing.
In everything give thanks.
Do not quench the Spirit.
Do not despise prophecies.
Test all things; hold fast what is good.
Abstain from every form of evil.


How many of these commands are we obeying? That number is the level of our righteousness.

人生の遠回り 

先週の日曜日、私は佐世保のライトハウス・バプテスト教会で説教しました。AM10:00からの日曜学校に間に合うようにAM7:30に出発しました。
九州自動車道と長崎自動車道を通れば2時間15分程で行けるはずだったのですが……。

しかし、その日は朝から大雨による災害があったので、筑紫野インターから高速道路は通行止めでした。そこから佐賀の途中まで一般道を通らなければなりませんでした。
そして教会に到着したのは10:30頃でした。だから日曜学校には間に合いませんでした。

私は、朝の集会が終わってすぐに、食事をせずに小倉に向かって帰ろうとしました。
ところが驚いた事に武雄ジャンクションから長崎自動車道も災害のために通行止めでした。
そこから九州自動車道の筑紫野まで、また一般道を通らなければなりませんでした。
2時間15分かかるはずの旅はその2倍の4時間半かかりました。

旅の計画を妨げる災害は嫌です。しかし、人生の計画を妨げる災害はもっと嫌です。
何かの思いがけない出来事のゆえに私達の人生が遠回りになる時、次の三つの事をおぼえましょう。

もし、私達の遠回りの原因が神様の御心に対する不従順であるならば、なるべく早く主の道から離れた所に戻って、再び主の御心の道を歩みましょう。

人生の遠回りが神様の御心による事であるならば、神様のご計画に信頼しましょう。ヨブの人生が多くの災害のゆえに遠回りになった時、彼は言いました。
「神が私を殺しても、私は神を信頼しましょう。」
ヨブ記13:15


人生が遠回りになった時も、主は私達と共におられます。
「強くあれ。雄々しくあれ。恐れてはならない。おののいてはならない。あなたの神、主が、あなたの行く所どこにでも、あなたとともにあるからである。」
ヨシュア記1:9


   
遠回り 

THE DETOURS OF LIFE 

Last Sunday I preached at the Lighthouse Baptist Church in Sasebo. In order to be on time for Sunday School at 10:00, I left at 7:30. If I take the Kyushu Expressway and the Nagasaki Expressway, I can drive there in about two hours and fifteen minutes.

However, there had been heavy rains that morning, so the Kyushu Expressway was closed from Chikushino. From there until part of the way to Saga I had to take the regular roads, so I arrived at the church at 10:30. I did not make it in time for Sunday School.

After the morning service, I left without eating lunch and headed for Kokura. To my surprise, from Takeo Junction, the Nagasaki Expressway was closed too, so from there to the Chikushino entrance on the Kyushu Expressway I had to take the regular roads. A trip that should have taken two hours and fifteen minutes took twice as long, four and one-half hours.

Weather-related disasters that interfere with travel plans are bad. However, events that interfere with the plans for our life are even worse. When, for some unforeseen event, our life has to take a detour, let us remember three things.

First of all, if the cause of the detour is our own disobedience to the will of God, let us go back to the place where we left the path of God and once again walk the path of the will of God.

Second, when the detours of life occur according to the will of God, let us trust in the plan of God. When the life of Job became a detour because of many calamities, he wrote, Though He slay me, yet will I trust Him.
(Job 13:15)

Third, even when our life takes a detour, the Lord is with us.
Be strong and of good courage; do not be afraid, nor be dismayed, for the LORD your God is with you wherever you go.
(Joshua 1:9)

区役所での3時間 

先週の月曜日に私と一緒にワイエット先生家族が国民健康保険に加入するために小倉南区役所に手続きに行きました。
まず、私たちは国民健康保険の窓口に行って、番号札をもらいました。その日に区役所に来た人達が多かったので、私達はずっと待ちました。ようやく私たちの番号札が呼ばれました。
そこで係員に「その手続きは別の窓口に行って登録しなければなりませんよ」と言われました。

私たちは登録の窓口に行って、また番号札を取り、ずっと待ち続けました。
ようやく私達の番号札が呼ばれた時、区役所の係員は「登録の手続きは、かなり時間がかかりますよ」と教えてくれました。
私たちは、その窓口で1時間25分も待たされました。

そこから私たちは、再び国民健康保険の窓口に戻って、また待ちました。
午後1時に区役所に来て、ようやく4時に終える事ができました。

永い、長い3時間でした。
区役所を出て帰りながら、私はワイエット先生に話しました。
「天国に入る事は、日本の国民健康保険に入る事より簡単です」

本当にそうです。 たった3つのステップです。
①神様に自分の罪を認める。
②イエス・キリストが十字架の上で自分の罪のために死んでくださったと信じる。
③祈りを通して神様に赦しを願う。


ルカの福音書18:13
「神さま。こんな罪人の私をあわれんでください」
と言う簡単な祈りをした人の事が書いてあります。
また14節には
「この人が、義と認められて家に帰りました」
と書いてあります。
簡単な事です。どうぞ決心してください。

   
区役所3時間 

THREE HOURS
 AT THE WARD OFFICE
 

On Monday of last week Mike Wyatt and I went to the South Kokura Ward Office to register his family in the Japan health insurance system. First, we went to the health insurance window and received a number. There were many people at the Ward Office that day, so we waited a long time. Finally, our number was called. However, we were told that first we had to go to a different window and register.

We went to the registration window, took a number, and waited for a long time. When our number was finally called, the Ward Office official told us that the registration process would take quite a long time. We waited at that window for one hour and 25 minutes.

Then we returned to the health insurance window and waited a long time. We went to the Ward Office at one o’clock and left there at four o’clock. It was a long, long three hours. As we were leaving the Ward Office, I said to Mike,
“It is easier to get into heaven than it is to get into the Japan health insurance system.”

It really is true. There are three steps.
First, admit your sins to God.
Second, believe that Jesus Christ died on the cross for your sins.
Third, pray and ask God to forgive your sins.


In Luke 18:13
there is a simple prayer that a man prayed.
God, be merciful to me a sinner.
In verse 14 it is written,
This man went down to his house justified.
It is simple. Give it a try.

十字架の下に 

私の友達がとても美しいベッドカバーを作ってくださいました。それを作成する前に彼女は私のベッドのサイズと私の好きな色を聞きました。そしてベッドのサイズにピッタリ合っている青いベッドカバーを作ってくださいました。そのベッドカバーのデザインの中央に十字架があります。
毎晩、私はこの十字架の下で休んでいます。

イエス・キリストを信じる全ての人々も十字架の下に休んでいます。コロサイ人への手紙1:21によると、私達はかつて神様から離れて、心に置いて神様の敵となっていました。
しかし、私たちを御自分と和解させるために哀れみ豊な神は
「みこころによって、満ち満ちた神の本質を御子のうちに宿らせ、 その十字架の血によって平和をつくり、御子によって万物を、ご自分と和解させてくださったからです。地にあるものも天にあるものも、ただ御子によって和解させてくださったのです。」 コロサイ人への手紙 1:19-20
Ⅰヨハネの手紙1:7によると、十字架の血はキリストを信じる人々を全ての罪から清めてくださいます。
また、エペソ人への手紙1:7によると、キリストを信じる人々はキリストの血によって罪の赦しを受けています。

友達が作ってくださったベッドカバーの十字架の下に安らかに寝ている私と同じように、この素晴らしい心理を自覚しているクリスチャンの魂は安らかに休む事ができます。

イエスの十字架(聖歌110番)
イエスの十字架の もとはやすし
 さばくのなかなる わがいこいば
 はげしきひざしと そのねつより
 かくまいてまもる わがたてなり

   十字架ベッドカバー

BENEATH  THE  CROSS 

 

My friend made me a beautiful bed cover. Before making it, she asked me the size of my bed and my favorite color, and she made a blue bed cover that fits my bed exactly. There is a cross in the middle of the design of the bed cover. Every night I am sleeping beneath the cross.

 

Everyone who believes in Jesus Christ is also resting beneath the cross. According to Colossians 1:21, we were alienated from God and, in our mind, His enemies. However, in order to reconcile all things to Himself, God made peace through the blood of His cross. 

(Colossians 1:20)

 

According to First John 1:7, the blood of the cross cleanses people who believe in Christ from all of their sins. Also, according to Ephesians 1:7, we receive forgiveness of sin through the blood of the cross.

 

Just as I am resting peacefully beneath the cross on the bed cover that my friend made for me, the soul of the Christian who is aware of these truths can be at ease.

 

[Beneath the cross of Jesus
 I fain would take my stand,
 the shadow of a mighty rock
 within a weary land;
 a home within the wilderness,
 a rest upon the way,
 from the burning of the noontide heat,
 and the burden of the day.]

(First stanza of “Beneath the Cross of Jesus”)


skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ