undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

黄色い足跡 

アメリカに“Parris Island”と言う有名な海兵訓練所があります。5月に私は孫の卒業式に出席するために“Parris Island”に行きました。
卒業式が終了して、孫は私をとても有名な所に連れて行ってくれました。黄色い足跡が道に列んでいる場所でした。
新兵が“Parris Island”に到着すると彼らはバスを降りて、その黄色い足跡の上に立ちます。
そして、彼等の訓練教官はこの訓示をします。
「今、あなたがたは全世界の最も優秀な兵力の一人になる最初の一歩を踏み出しました!」

イエス・キリストを信じる信仰によってクリスチャンになった人の訓練も足跡で始まります。
しかし、その足跡は黄色い足跡ではありません。赤い足跡です。
私達を救うために御自分の清い血を流してくださったイエス・キリストの足跡です。
Ⅰペテロの手紙2:21
「キリストも、あなたがたのために苦しみを受け、その足跡に従うようにと、あなたがたに模範を残されました。」
と書いてあります。

海兵隊員になるための訓練は非情に厳しい訓練です。
最近、私の孫は45㎏の荷物を運びながら19㎞を歩かなければなりませんでした。
クリスチャンにも、キリストの足跡に従うために、運ばなければならないものがあります。

マタイの福音書16:24でイエスは言われました。
「だれでもわたしについて来たいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を負い、そしてわたしについて来なさい。」

十字架を主イエスの (聖歌118番)
十字架を 主イエスの背に になわせ
 ゆびもふれざりし わがみなりき
 その十字架はいま われにもあり
 よろこびもて 主のあと ふみゆかん

   
YELLOW FOOTPRINTS 

YELLOW FOOTPRINTS 

In America there is a famous Marine training facility called Parris Island. In May I went there to attend the graduation of my grandson. After the graduation, my grandson took me to a very famous place. It s a place where yellow footprints are lined up on the road.

When a new recruit arrives at Parris Island, He gets off of the bus and stands on those yellow footprints. Then his drill instructor makes this speech:
“You have just taken the first step to be a member of the finest military force in the world.”

The training of those who become Christians through faith in Jesus Christ also begins with a footprint. However, that footprint is not a yellow footprint. It is a red footprint. It is the footprint of Jesus Christ who shed His pure blood to save us.

In First Peter 2;21 it is written,
Christ also suffered for us, leaving us an example, that ye should follow his steps.

The training to become a Marine is extremely severe training. Recently my grandson had to walk 12 miles carrying 100 pounds of equipment. In order to follow the steps of Jesus, there is something every Christian should carry. In Matthew 16:24 Jesus said,
If any man will come after me, let him deny himself, and take up his cross, and follow me.

[Must Jesus bear the cross alone and all the world go free?
No, there’s a cross for everyone, and there’s a cross for me.

The consecrated cross I’ll bear till death shall set me free
And then go home my crown to wear, for there’s a crown for me.]

(The Hymnal for Worship and Celebration, 449)


JUST MARRIED 

東京に行って日曜日の朝に東京教会の牧師がホテルまで迎えに来てくださいました。
先生の車を見た時、私は戸惑いました。
なぜなら、車のフロントとリアガラスに英語で“Just married”と書いてあったからです。
(アメリカでは、新婚の車にこの文字をペイントする習慣があります)“Just married”の意味は「結婚ホヤホヤ」と言う意味です。
前日、牧師は結婚したばかりの娘さんと新夫をその車でホテルに送りました。だから、その文字がまだ車に残っていました。

最近、同性結婚が増えています。車に乗ってから、私は顔を隠しました。なぜなら、この車を見る人が私と先生が結婚したばかりだと思われたら、とても恥ずかしいからです。
教会に行く途中、私は、いたずらをしました。先生の左腕を組んで、女性の声で耳元に「あなた~」ささやきました。牧師も私も大笑いをしました。

牧師と私が“Just married”と書いてある車に乗ったのは笑い話ですが聖書によると同性結婚は笑い事ではありません。
神様に定められた結婚は男性と女性の結婚です。
「こうして神である主は、人から取ったあばら骨を、ひとりの女に造り上げ、その女を人のところに連れて来られた。」創世記2:22

「しかし、創造の初めから、神は、人を男と女に造られたのです。 それゆえ、人はその父と母を離れて、ふたりの者が一心同体になるのです。」
マルコの福音書10:6~8


ローマ人への手紙に人類の堕落が詳しく説明されています。
その説明の中にこの言葉が書いてあります。
「こういうわけで、神は彼らを恥ずべき情欲に引き渡されました。すなわち、女は自然の用を不自然なものに代え、 同じように、男も、女の自然な用を捨てて男どうしで情欲に燃え、男が男と恥ずべきことを行なうようになり、こうしてその誤りに対する当然の報いを自分の身に受けているのです。 」ローマ人への手紙1:26~27

聖書的な結婚は、一人の男性と一人の女性の結婚です。

   Just married 

JUST MARRIED 

On Sunday Morning, Pastor Saitoh of the Tokyo Bible Baptist Church came to pick me up at the hotel. When I saw his car, I was troubled. The words [just married] were written on both the windshield and the rear window. (In America, it is a custom to do this.) The day before, Pastor Saitoh had used that car to take his daughter, who had just been married, and her husband to the hotel, so the words were still on the car.

Lately same-sex marriages have been increasing, so when I got into the car, I hid my face. If someone who saw that car thought that Saitoh Sensei and I had just gotten married, I would be very embarrassed. On the way to church, I thought of something funny to do. I put my right arm around Saitoh Sensei, and in a woman’s voice, I said, “Sweetheart.” Both Saitoh Sensei and I roared with laughter.

Saitoh Sensei and I riding in a car with the words [just married] written on it was a laughing matter; however, same-sex marriages are no laughing matter. The marriage that was established by God was the marriage of one man and one woman.
And the rib, which the Lord God had taken from man, made he a woman, and brought her to the man. (Genesis 2:22)

But from the beginning of the creation God made them male and female. For this cause shall a man leave his father and mother, and cleave to his wife, and they twain shall be one flesh.
(Mark 10:6-8)

In the book of Romans, the depravity of mankind is explained in detail. These words are written in that explanation:
For this cause God gave them up unto vile affections: for even their women did change the natural use into that which is against nature. And likewise also the men, leaving the natural use of the woman, burned in their lust toward another; men with men working that which is unseemly, and receiving in themselves that recompence of their error which was meet. (1:26-27)

A Biblical marriage is the marriage of one man and one woman.

私が寝ている間に 

皆さんは、飛行機で長時間の旅をする時、その機内で寝る事ができますか?
私は、なかなか寝る事ができません。
22日に日本に帰った時、デンバーから成田まで11時間かかりました。
ずっと起きていましたが、到着2時間前にうとうととして眠ってしまいました。起きた時、少しお腹が空いていました。
寝ている間に食事のサービスがあったようです。私はそれを逃しました。

そして乗り換えて福岡行の便に乗った途端、私は寝てしまいました。起きた時、喉が喝いていました。私寝ている間に、飲物のサービスは終わっていました。また、それを逃しました。


マタイの福音書25章に書いてある例え話の中で、花婿を待っている5人の娘達は同じような経験をしました。
「花婿が来るのが遅れたので、うとうとして眠り始めた。」マタイの福音書25:5
そして、花婿がようやく来た時、彼女達は彼を迎える準備ができていなかったので彼女達は結婚式に出席する事ができませんでした。
もちろん、この話は、キリストの再臨についての例え話です。

マタイの福音書25:13「目を覚ましていなさい。その日、その時を知らないからです。」

ルカの福音書12:40にも同じような忠告が書いてあります。
「用心していなさい。人の子は、思いがけない時に来る。」

ローマ人への手紙12:11に書いてあります。
「勤勉で怠らず、霊に燃え、主に仕えなさい。」

皆さん、今あなたの霊は燃えていますか? 寝ていますか? もし寝ているなら、
「眠っていないで、目をさまして、慎み深くいましょう。」Ⅰテサロニケ人への手紙5:6

   
WHILE I WAS SLEEPING 

WHILE I WAS SLEEPING 

Can you sleep on a plane during a flight that takes several hours? I have a hard time sleeping on a plane. When I returned to Japan on Tuesday, the flight from Denver to Narita took 11 hours. I was awake most of the time. Finally, a couple of hours before arrival, I fell asleep. When I awoke, I was hungry, but while I was sleeping, the meal service ended, so I missed that meal.

I fell asleep as soon as I boarded the flight to Fukuoka. When I awoke, I was thirsty, but while I was sleeping, the drink service ended, so I missed out on that too.


In a parable written in Chapter 25 of Matthew, five virgins who were waiting on the bridegroom had the same experience.
While the bridegroom tarried, they all slumbered and slept.
When the bridegroom finally came, they were not ready to greet him, so they were not able to attend the wedding.

Of course, this is a parable about the second coming of Christ, so n verse 13 it is written,
Watch therefore; for ye know neither the day nor the hour wherein the Son of man cometh.

There is a similar warning in Luke 12:40.
Be ye therefore ready also: for the Son of man cometh at an hour when ye think not.

Romans 12:11 says, Not slothful in business, fervent in spirit, serving the Lord.
Is your spirit fervent right now or is it sleeping? If it is sleeping,
Let us not sleep, as do others, but let us watch and be sober.(First Thessalonians 5:6)

牧師を待っていた私と私を待っていた牧師 

1959年~2000年まで私の牧師はジャック・ディズビル先生でした。
先日ジャクソンビル市に行った時、私はディズビル先生に会いと思ったので、電話して「今日、会たいけど、いますか?」と聞きました。
先生は「今レストランにいますが、10時までに帰るので、ぜひ来てください」と言いました。
私は9:40頃、先生の家に着きましたが、先生の車はなく、車庫のドアも締まっていました。
私は、先生が、まだ帰宅してないと思い込んで、車の中で待つ事にしました。45分ぐらい待ちましたが、先生は帰って来ませんでした。

それから私は先生に電話して「先生、どこですか?」と聞きました。私は先生の返事にビックリしました。「あなたを待っていますよ!」私は聞きました。「先生、今、家の中にいるのですか?」彼は「はい、家の中です」と答えました。私が先生の家に着く前に、彼は先に帰っていて、車を車庫の中に入れ、家の中で私を待っていたのです。ずっと私が先生の家の前で待っている間、先生は家の中で私をずっと待っていました。

気をつけないと、クリスチャンは同じような経験に遭います。私達は主に祈って、そしてずっと主の答えを待ちますが、もしかしたら神様は御自分を待っている私たちを待っておられるかも知れません。例えば、神様は私たしが罪を告白する事を待っておられるかも知れません。

「わたしの名を呼び求めているわたしの民がみずからへりくだり、祈りをささげ、わたしの顔を慕い求め、その悪い道から立ち返るなら、わたしが親しく天から聞きます。」Ⅱ歴代誌7:14

また、私達が神様を待っている時に、神様は私達が主の御心に従う事を待っておられるかも知れません。
「また求めるものは何でも神からいただくことができます。なぜなら、私たちが神の命令を守り、神に喜ばれることを行なっているからです。」Ⅰヨハネの手紙3:22

   
牧師を待っていた私 

WAITING ON MY PASTOR WHO WAS WAITING ON ME 

Jack Dinsbeer was my pastor from 1959 to 2000. When I went to Jacksonville this month, I wanted to see him, so I called him. “I would like to see you today. Will you be at home?” He replied, “I am at a restaurant now, but I will be home by 10:00, so please come.”

I arrived at his home about 9:40. His car was not there and the garage door was shut, so I assumed he had not come home yet. I waited in the car about 45 minutes, but he did not return.

Finally, I called him. “Where are you?” I was surprised at his answer. “I am waiting for you.” I asked, “Are you at home now?” He replied, “Yes, I am.” Before I arrived at his home, he had already returned, put the car into the garage and was waiting for me. All the time I was waiting outside of his home for him, he was inside his home waiting for me.

If Christians are not careful, we shall have the same experience. We pray to the Lord and wait for His answer, but perhaps God is waiting on us who are waiting on Him. For example, God may be waiting for us to confess our sins.  
If my people, which are called by my name, shall humble themselves, and pray, and seek my face, and turn from their wicked ways; then will I hear from heaven.
(Second Chronicles 7:14)


Also, when we are waiting on God, perhaps He is waiting on us to obey His will.
And whatsoever we ask, we receive of him, because we keep his commandments, and do those things that are pleasing in his sight.
(First John 3:22)

トンネルの先に見える出口の光 

英語に「I can see the light at the end of the tunnel」と言う面白い表現があります。
難しい仕事を長時間している時の表現です。
ようやくその仕事が完了する間近に私達は、よく「I can see the light at the end of the tunnel」と言います。

2月から私は12の州にある22の教会を訪問しました。
28回の説教しました。
残り2つの教会と2回の説教となりました。
ファローの長いトンネルの出口の光がようやく見えてきました。

「I can see the light at the end of the tunnel」もう一つ別の表現があります。
長いトンネルのような苦しい試練に遭う時です。
私が鹿児島に住んでいる息子に会いに行く途中、多くのトンネルを通らなければなりません。
その中の2のトンネルはとても長く6㎞以上もあります。
その長いトンネルの中で、恐怖心はありませんが、ようやくトンネルの出口が見えた時には安心します。

クリスチャンが忠実に主に従っていても長いトンネルのような試練に遭います。
切なる祈りをしても、その試練が長く続きます。

そんな時、ダビデと同じように主が共におられる事を覚える事は大切です。
「たとい、死の陰の谷を歩くことがあっても、私はわざわいを恐れません。あなたが私とともにおられますから。」詩篇23:4

また、長い試練のトンネルの中にいる時、いつかはトンネルの出口の光が見えてくる事を覚える事も大切です。

「主は私を光に連れ出し、私はその義を見ることができる。」ミカ書7:9

「義人の道は、あけぼのの光のようだ。いよいよ輝きを増して真昼となる。」
箴言4:18


   トンネルの光 

THE LIGHT AT THE END OF THE TUNNEL

There is an interesting expression in English – “I can see the light at the end of the tunnel.” It is an expression we use when we have been doing some difficult work for a long time. When the time draws near to finally complete that work, we say, “I can see the light at the end of the tunnel.”

Since February, I have visited 22 churches in 12 states. I have preached 28 times. Now only two churches and two sermons are left. I can see the light at the end of the tunnel.

There is another situation when we use the expression, “I can see the light at the end of the tunnel.” It is when we experience a trial like a long tunnel. When I go to visit my son in Kagoshima, I have to pass through several tunnels. Two of those tunnels are very long – almost four miles. I am not afraid while I am in the long tunnels, but I am always relieved when I see the light at the end of the tunnel.

Even if Christians follow the Lord faithfully, there will be times when we experience trials like a long tunnel. Even if we pray fervently, the trial will go on and on. When that happens, it is important to remember what David remembered – the fact that the Lord is with us.
Yea, though I walk through the valley of the shadow of death, I will fear no evil: for thou art with me. (Psalm 23:4)

When we experience a trial like a long tunnel, it is also important to remember that eventually we shall see the light at the end of the tunnel.
He will bring me forth to the light, and I shall behold his righteousness. (Micah 7:9)

The path of the just is as the shining light, that shineth more and more unto the perfect day. (Proverbs 4:18)

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ