undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

従順の祝福 

先週、私はワイエット先生と一緒に北九州自動車運転免許試験場に行きました。彼の運転免許証の更新のためでした。
3年間、彼は交通違反が一度もなかったので、喜ばしい事が2つありました。

まず、彼が受けなければならない講習は30分ですみました。 違反がある運転手の講習は2時間です。そして違反がなかったので彼はこれから5年間有効であるゴールド免許(金色)を取得しました。

やはり交通規則を守る事は良い結果をもたらします。
同様に神様の戒めを守る事はクリスチャンにとって多くの祝福をもたらします。

例えば、神様の戒めを守る人は自分の祈りに神様は応えてくださいます。
「また求めるものは何でも神からいただくことができます。なぜなら、私たちが神の命令を守り、神に喜ばれることを行なっているからです。」Ⅰヨハネの手紙3:22

また、神様の戒めを守る人は神様に愛されるクリスチャンです。
「わたしの戒めを保ち、それを守る人は、わたしを愛する人です。わたしを愛する人はわたしの父に愛され、わたしもその人を愛し、わたし自身を彼に現わします。」
ヨハネの福音書14:21


そして、神様の戒めを守るクリスチャンは自分のする事で栄える事ができます。
「この律法の書を、あなたの口から離さず、昼も夜もそれを口ずさまなければならない。そのうちにしるされているすべてのことを守り行なうためである。そうすれば、あなたのすることで繁栄し、また栄えることができるからである。」ヨシュア記1:8

皆さんがゴールド免許(金色)をもらうために交通規則を守るように、神様が与えてくださる多くの祝福をいただくために主の戒めを守りましょう。

   
Gold2 

THE BLESSINGS OF OBEDIENCE
 

Last week I went to the Driver’s License Bureau with Mike Wyatt. We went there to renew his driver’s license. Mike did not have any violations during the past three years, so there were two good results.

First, the class he had to attend was only a 30-minute class. People with violations have to attend a two-hour class.

Second, because he had no violations, he received a gold driver’s license that is good for five years.

Observing the traffic rules brings good results. Likewise, keeping the commandments of God brings many blessings to the Christian.

For example, the Christian who obeys the commandments of the Lord is able to have God answer his prayers.
And whatsoever we ask, we receive of him, because we keep his commandments, and do those things that are pleasing in his sight.
(First John 3:22)


Also, the Christian who obeys the commandments of God will be loved by God.
He that hath my commandments. And keepeth them, he it is that loveth me: and he that loveth me shall be loved of my Father, and I will love him, and will manifest myself to him.
(John 14:21)


Also, the Christian who obeys the commandments of God can prosper in all that he does.
This book of the law shall not depart out of thy mouth; but thou shalt meditate therein day and night, that thou mayest observe to do according to all that is written therein: for then thou shalt make thy way prosperous, and then thou shalt have good success.
(Joshua 1:8)


Just as you are observing the traffic rules in order to receive a gold license, let’s obey the commandments of the Lord to receive the many blessings that the Lord gives.

映画? テレビのドラマ? 

殺人・酩酊・偽り・戦争・浮気・同性愛・近親相姦・争い・盗み・詐欺・ごまかし・一夫多妻・強姦・復讐・裏切り。
これらは映画やテレビのドラマのストーリーでしょうか。
確かにこれらは最近の多くの映画やテレビの番組の内容に似ています。
実は、創世記40章までの中で人間が犯した罪のリストです。

*カインは弟を殺しました。
ノアはワインを飲んで酔ってしまいました。
アブラハムは偽りを言いました。
ソドムには同性愛者がいました。
ヤコブは、お兄さんの祝福を盗みました。
ヤコブはお父さんを騙しました。
ヤコブは二人の女性と結婚しました。
ディナは強姦されました。
ヨセフは兄弟達に裏切られました。


皆さん、創世記40章までを読んだ時、その内容に驚きませんか? もし、そうであれば二つの事を覚えてください。
まず、創世記に記録されている人間の罪はローマ人への手紙1:21-32に説明されている人類の堕落を証明しています。
例えば、ローマ1:29に書いてある罪のリストを創世記の中で犯した罪のリストと比べてください。ほとんど同じです。

それから、創世記の内容は聖書が神様の御言葉であると証明します。もし、人間が聖書のような本を書こうとしたら、あのような人類の悪事を明白に書かないでしょう。
「人間が聖書を書こうとしても、書く事が出来ないし、もし書く事ができても、書かないでしょう」と言われています。

聖書の内容に驚きながら、安心して読み続けましょう。
そして、読みながらⅠコリント人への手紙10:11-12の言葉を覚えましょう。
「これらのことが彼らに起こったのは、戒めのためであり、それが書かれたのは、世の終わりに臨んでいる私たちへの教訓とするためです。 ですから、立っていると思う者は、倒れないように気をつけなさい。」

   
創世記の罪 

A MOVIE? A TV DRAMA? 

Murder. Drunkenness. Lying. War. Infidelity. Homosexuality. Incest. Conflict. Theft. Fraud. Deception. Polygamy. Rape. Revenge. Betrayal. Is this the plot of a movie or TV drama? Certainly, this resembles the content of many movies and TV programs of these days, but, actually, this is a list of the sins committed by people in the first 40 chapters of Genesis.

Cain murdered his brother.
Noah drank wine and was intoxicated.
Abraham lied.
The people of Sodom were homosexuals.
Jacob stole the blessing of his brother.
Jacob deceived his father.
Jacob married two women.
Dinah was raped.
Joseph was betrayed by his brothers.


When you read the first 40 chapters of Genesis, were you surprised? If so, remember two things. First, the sins of the people recorded in Genesis prove the depravity of mankind explained in Romans 1:21-32. For example, compare the list of sins written in Romans 1:29 with the list of sins committed in Genesis. They are almost identical.

Second, the content of Genesis proves that the Bible is the Word of God. If man tried to write a book like the Bible, he would not write so clearly about the evil deeds of mankind. It has been said, “Man would not write the Bible even if he tried, and even if he tried, he could not.”

Let’s read the Bible with assurance even as we are amazed at the content, and as we read it, let’s remember the words in First Corinthians 10:11-12:
Now all these things happened unto them for our ensamples: and they are written for our admonition, upon whom the ends of the world are come. Wherefore let him that thinketh he standeth take heed lest he fall.

石の枕 

「ヤコブはベエル・シェバを立って、カランへと旅立った。 ある所に着いたとき、ちょうど日が沈んだので、そこで一夜を明かすことにした。彼はその所の石の一つを取り、それを枕にして、その場所で横になった。」
創世記28:10-11

この箇所を読む度に、私は50年前の出来事を思い出します。
1969年の夏、初めて日本の夏キャンプに参加しました。自分の寝床に行った時、驚きました。 とても小さな枕でした。そして枕はレンガの形に似ていました。 寝てみて、その枕はレンガのように硬い枕だと分かりました。(私はいつもフワフワしている二つの枕で眠るので、それ以来キャンプに行く時には必ず枕を持参します。)

ヤコブの枕は日本の枕よりもっと硬い枕でした。彼の枕は石でした。今までヤコブはお父さんの家で心地良い枕で寝ていました。 なぜ、ヤコブは硬い石を枕にして外で寝たのでしょうか。
ヤコブが犯した罪の結果です。彼は、お父さんとお兄さんを騙しました。
騙されたお兄さんはヤコブを殺すつもりでした。だからヤコブは逃げなければなりませんでした。 ヤコブが枕にした石はお父さんの家に住む祝福を失ったヤコブの罪の結果を表す石です。

今あなたも石の枕の上に寝ていますか? すなわち、あなたも罪を犯して神様からの祝福を失いましたか。 もしそうであれば、神様の祝福を取り戻す条件を思い出して下さい。

「手がきよく、心がきよらかな者、そのたましいをむなしいことに向けず、欺き誓わなかった人。 その人は主から祝福を受ける。」詩篇24:4-5

   
THE STONE PILLOW 

THE STONE PILLOW 

And Jacob went out from Beersheba, and went toward Haran. And he lighted upon a certain place, and tarried there all night, because the sun was set; and he took of the stones of that place, and put them for his pillows, and lay down in that place to sleep. (Genesis 28:10-11)

Every time I read this passage, I remember an event from 50 years ago. In the summer of 1969, I went to Summer Camp in Japan for the first time. When I went to the place where I would sleep, I was surprised. The pillow was a very small pillow. The shape of the pillow was like the shape of a brick. Later, when I went to bed, I discovered that the pillow was as hard as a brick. (I always sleep on two fluffy pillows, so from that time on, whenever I go to Camp, I take my own pillow.)

The pillow of Jacob was harder than the pillows of Japan. His pillow was a stone. Until now Jacob had slept on comfortable pillows at the home of his father. Why is Jacob sleeping outside on a stone pillow?

It was the result of the sin of Jacob. He deceived his father and his brother. The brother intended to kill Jacob, so he had to flee. The stone pillow upon which Jacob slept was a symbol of the blessings of living in the home of his father that Jacob had lost as a result of his sin.

At the present time, are you sleeping on a stone pillow? In other words, have you committed a sin and lost the blessings of God? If so, remember the conditions for regaining the blessings of God.

He that hath clean hands, and a pure heart; who hath not lifted up his soul unto vanity, nor sworn deceitfully. He shall receive the blessing from the LORD.
(Psalm 24:4-5)

信仰の階段 

毎月、私は薬をもらうために内科の病院に行かなければなりません。近所に病院がありますが、八幡の病院まで行きます。
なぜなら数十年その病院に通っているので主治医と友達になっているからです。
私達は、よくお互いに冗談を言ったり、孫の話などをします。北九州教会の開拓伝道を始めた頃、彼の子供達が日曜学校に来たこともありました。

しかしその病院で困っている事が一つあります。
内科が2階にあり、そこ行くには急な階段を上らなければなりません。全部で20段あります。
上段まで到達すると「ハア~・ハア~」と息を切りながら診察室に入ります。

クリスチャンの歩みは階段を上る事に似ています。
箴言15:24
「悟りのある者はいのちの道を上っていく。」
と書いてあります。

去年の今頃と比べて、あなたの信仰の階段は少しでも上る事ができましたか。
すなわち、あなたの霊的なレベルは高くなりましたか。
あるいは、まだ同じ段に立っていますか。
もしかしたら1段下がりましたか。

信仰生活の階段を上るために私たちはⅡペテロの手紙3:18に書いてある命令に従って、イエスキリストの愛と知識において成長すべきです。
霊的に成長して、信仰の階段をもっと高い所まで上りたいクリスチャンは日々私達を成長させる御言葉を読む必要があります。
(Ⅰペテロの手紙2:2)

めぐみの高きね (聖歌627番) 恵みの成長
 めぐみのたかきね 日日わがめあてに
 いのりつうたいつ われはのぼりゆかん
 ひかりときよきと へいわにみちたる
 めぐみのたかきね われにふましめよ


   
信仰の階段1 

THE STAIRCASE OF FAITH 

Every month I have to go to an internal medicine hospital to get medicine. Although there is a hospital close to my home, I go all the way to a hospital in Yahata because I have been going to that hospital for many years and the doctor and I have become friends. When I began the Kitakyushu church, his children came to Sunday School.

There is one thing about that hospital that bothers me. It is on the second floor. In order to go to that hospital, I have to climb a steep staircase. Altogether, there are about 20 steps. When I finally get to the top, I enter the hospital gasping for air.

The walk of the Christian is similar to climbing a staircase.
In Proverbs 15:24 it is written,
The way of life is above to the wise.
Compared to this time last year, have you climbed up the staircase of faith even a little bit? In other words, has your spiritual level become higher? Maybe you are still standing on the same step or perhaps you have slid downward a little bit.

In order to climb higher on the staircase of faith, we should obey the command in
Second Peter 3:18 and grow in the grace and knowledge of Jesus Christ. The Christian who wants to grow spiritually and climb higher on the staircase of faith needs to ready daily the Word of God that causes us to grow. (First Peter 2:2)

I’m pressing on the upward way,
 new heights I’m gaining every day
 Still praying as I’m onward bound,
 “Lord, plant my feet on higher ground.”

Lord, lift me up and let me stand,
 By faith on heaven’s tableland
 A higher plane than I have found,
 “Lord, plant my feet on higher ground.”
 (from the hymn “Higher Ground”)

私は地獄で起きました! 

先週、教会の兄姉たちと一緒に湯布院温泉に一泊旅行に行きました。その時、恐ろしい経験をしました。
夜中に私は暑くなって飛び起きました。
すごく暑かったので、一瞬思いました。
「私が寝ている間に死んで、地獄で起きた!」
しかし、次の瞬間、思い出しました。
「私はクリスチャンだから、地獄に行く事はありません」
(後で私は分かりましたが、夜中に一人の兄弟が寒くなり暖房をつけたので部屋がすごく暑くなりました)

聖書によると、全ての人は死んでから、天国か地獄に行きます。
しかし、イエス・キリストを信じる人は地獄に行く事を恐れる必要がありません。
なぜなら、ヨハネの福音書5:24でキリストは約束されました。「まことに、まことに、あなたがたに告げます。わたしのことばを聞いて、わたしを遣わした方を信じる者は、永遠のいのちを持ち、さばきに会うことがなく、死からいのちに移っているのです。」

一方では、キリストを拒む人々は死んでから、地獄で起きます。
ルカの福音書16章でキリストは地獄で起きた人の話をされました。その人は苦しみながら叫びました。
「私は、この炎の中で苦しくてたまりません」
ルカ16:19-24

人々の最後の行先は天国か地獄です。
しかし、Ⅱペテロの手紙3:9によると、神様は一人でも滅びる(地獄に行く)事を望んでおられません。それで、全ての者を愛しておられ天国に来る事を望んでおられる神様は私たちを地獄から救って下さる救い主をお与えになりました。

「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。」
ヨハネの福音書 3:16

そのひとり子、イエス・キリストを信じる人は決して地獄で起きません。

   
I WOKE UP IN HELL 

I WOKE UP IN HELL ! 

Last week when I went to Yufuin with some of the people from the church, I had a terrible experience. In the middle of the night I became extremely hot and woke up. The room was so hot, for a moment I thought, “Did I die while I was sleeping and wake up in Hell?” However, in the next moment, I remembered, “I am a Christian so it is not possible that I would go to Hell.” (Later I learned that during the night one of the men got cold and turned on the heater, so the room became extremely hot.)

According to the Bible, after they die, all people will go either to Heaven or to Hell. However, the person who believes in Christ does not need to fear going to Hell, for in John 5:24 Christ promised,
Verily, verily, I say unto you, He that heareth my word, and believeth on him that sent me, hath everlasting life, and shall not come into condemnation; but is passed from death unto life.

On the other hand, the person who rejects Christ will wake up in Hell. In chapter 16 of Luke, Christ told the story of a man who woke up in Hell. In great pain, he cried out,
“I am tormented in these flames.” (16:19-24)

The final destination of all people is either Heaven or Hell. However, according to Second Peter 3:9, God does not desire that even one person go to Hell. So God, who loves all people and wants everyone to come to heaven, gave us a Savior to save us from Hell.
For God so loved the world, that he gave his only begotten Son, that whosoever believeth in him should not perish, but have eternal life.
(John 3:16)

The person who believes in that Son, Jesus Christ, will never wake up in Hell.

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ