undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

美しい花嫁 

先週、私は招待されて結婚式に出席しました。
とても美しい花嫁でした。彼女は素敵なウェディングドレスを着ていたし、顔はきれいにお化粧をしていました。

もし、花嫁の結婚式が次のような姿であったならば、どうなると思いますか。
ウェディングドレスの代わりに彼女はボロボロの服を着ています。靴は古いサンダルです。髪は、その朝、起きた時のままです。顔には化粧を全くしていません。
もし、花嫁がこの姿で花婿の前に現れたならば、彼は彼女の事をとても恥ずかしいと思うに違いありません。

エペソ人への手紙5 章の中で、キリストとクリスチャンの関係は夫婦の関係と例えられています。
キリストは花婿です。クリスチャンは彼の花嫁です。
黙示録19:7 によると全てのクリスチャンは、キリストの婚姻に行きます。
その時、私たちの衣は「きよい麻布の衣」です。
8 節によると、そのきよい麻布の衣は「聖徒たちの正しい行いである。」

もし、キリストの花嫁である私たちが、キリストの婚姻に着る衣は、私たちの正しい行いであれば、私たちはコロサイ人への手紙1:10 に書いてあるとおりに「主にかなった歩みをして、あらゆる点で主に喜ばれ、あらゆる善行のうちに実を結びましょう。」

キリストの婚姻にいくとき、あなたは花嫁のように美しいウェディングドレスのような衣を着ますか。あるいは、ボロボロのきよくない衣でしょうか。

   
BEAUTIFUL BRIDE 

BEAUTIFUL BRIDE 

Last week I attended the wedding of Katayama and Kaoru. Kaoru was a beautiful bride. Her wedding dress was elegant, and her makeup was pretty.

What do you think would have happened if Kaoru appeared at the wedding in the following condition? She is wearing ragged clothing instead of a wedding dress. Her shoes are old sandals. Her hair is still the way it was when she woke up in the morning. She has no makeup on her face. If she had appeared before Katayama in that condition, it is for certain that he would have been ashamed of her.

In chapter 5 of Ephesians the relationship of Christ and the Christian is compared to the relationship of a couple. Christ is the bridegroom and the Christian is His bride. According to Revelation 19:7, all Christians will attend the marriage supper of Christ. At that time, our clothing will be fine linen, clean and white. According to verse 8, the fine linen is the righteousness of the saints. (“Righteous works” in the Japanese Bible.)

If the garment that Christians, who are the bride of Christ, will wear to the marriage supper of Christ is our righteous works, just as it is written in Colossians 1:10, Let us walk worthy of the Lord, fully pleasing Him, being fruitful in every good work

When you go to the marriage supper of Christ, will you wear a beautiful garment like the wedding dress of Kaoru, or will you wear a ragged, unclean garment?

54年間かかったマラソン 

1912年のオリンピックは、スウェーデンのストックホルムで行われました。
このオリンピックに参加した日本人は、2人だけでした。
その一人は「マラソンの父」と呼ばれている金栗四三です。彼は、熊本県の玉名市で生まれました。

日本からスウェーデンまで18日もかかった旅のために疲れ切った金栗は、マラソンの途中で気絶してしまいました。
そして熊本の農家の家族が彼を助けてくれたのです。自分の失敗を恥ずかしく思った金栗は、誰にも連絡せずに帰国しました。

スウェーデンのオリンピックの役員は、50年間彼が行方不明になったと思っていましたが、1967年に彼らは、彼がまだ生きていて日本に住んでいるとわかりました。
スウェーデンのテレビ放送局は、彼にスウェーデンに戻ってマラソン完走させるチャンスを与えました。
金栗は、その企画を受け入れてスウェーデンに戻ってマラソンを完走しました。
54年8ヶ月6日5時間32分かかったマラソンです。

聖書の中でクリスチャンの生活は、マラソンとたとえられています。(ヘブル人への手紙12:1)
私たちも試練や困難に遭って、疲れ果てて気絶する時があります。そして、回復して私たちも再び自分の人生のマラソンに立ち返って、ゴールまで走り続けましょう。

多くの困難に遭ったパウロは、Ⅱテモテへの手紙4:7でこの言葉を書きました。
「私は走るべき道のりを走り終えました。」神様は、私たち一人ひとりに走るべき道のりを与えてくださいました。
ゴールまでの途中でどんなことが起こっても、その道のりを走り終えましょう。

   マラソンの父

THE MARATHON
  THAT TOOK 54 YEARS

The 1912 Olympics were held in Stockholm, Sweden. Only two Japanese participated in those Olympics. One of them was Shinzoo Kanakuri who is called the “father of the marathon” in Japan. He was born in the town of Tamana in Kumamoto Prefecture.

Weakened by the 18-day trip from Japan to Sweden, Kanakuri collapsed during the marathon. A farming family found him and helped him. Ashamed of his failure, Kanakuri returned to Japan without telling anyone.

For 50 years the Sweden Olympic officials thought he was missing, but in 1967 they discovered that he was still alive and living in Japan. A Swedish TV company offered him the opportunity to return to Sweden and complete the marathon. He accepted the offer and went back to Sweden and ran the marathon. It was a marathon that took 54 years, 8 months, 6 days, 5 hours and 32 minutes.

In the Bible the life of the Christian is compared to a marathon. (Hebrews 12;1) There may be times when we too, weakened by trials and troubles, may collapse. However, after we recover, let us too return to the marathon of our life and continue running all the way to the goal.

Paul, who experienced many trials, wrote these words in Second Timothy 4:7. I have finished my course.
God has given each one of us a course that we should run. No matter what happens on the way to the goal, let us finish our course.


最もすばらしい愛の物語 

人類の歴史と文学には、いろんな愛の物語があります。
文学の中で愛の物語はシェイクスピアの「ロミオ&ジュリエット」が一番有名な愛の物語であるかもしれません。
歴史の中で「マーク・アントニー&クレオパトラ」
また、愛する恋人と結婚するためにイギリスの王位を退位した「エドワード8世」の愛の物語が有名です。
聖書の中では「ボアズ&ルツ」の愛の物語はすべてのクリスチャンに知られています。

しかし、これらの愛の物語より、もっと素晴らしい愛の物語があります。
その物語は聖書のヨハネの福音書3:16に書いてあります。
「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためであった。」

この箇所に書いてある愛は神聖な愛、すなわち神様の聖い愛です。これは最も素晴らしい愛の物語です。天と地を創造した神様ご自身の愛です。

文学と歴史の中にある愛の物語は一人の人を愛した人間の物語です。しかし、神様の愛は世を愛する愛、つまり全ての人類に対する神の愛です。

そのひとり子をお与えになったほどに、この言葉は神様の愛の素晴らしさを表す言葉です。
私たちに永遠の命を与えるために神様のひとり子、イエス・キリストは十字架の上で私たちのために死んでくださいました。
「神はそのひとり子を世に遣わし、その方によって私たちに、いのちを得させてくださいました。ここに、神の愛が私たちに示されたのです。」Ⅰヨハネの手紙4:9

   
愛の物語 

THE MOST WONDERFUL
LOVE STORY


In literature and in history there are various love stories. In literature, Shakespeare’s Romeo and Juliette may be the most famous love story. In history, the love stories of Marc Anthony and Cleopatra and also Edward VIII who abdicated the throne of England to marry his sweetheart are famous. In the Bible, the love story of Boaz and Ruth is known by all Christians.

However, there is a love story that is more wonderful than all the above stories. That story is written in John 3:16 in the Bible.
For God so loved the world that He gave His only begotten Son, that whosoever believes in Him should not perish, but have everlasting life.

The love written in this passage is divine love, the holy love of God, so it is the most wonderful love story. It is the love of the God who created the heavens and the earth.

The love stories in literature and history are the love stories of people who loved one person. However, the love of God is love that loved the world, in other words, love that loves all people.

That He gave His only begotten Son! These words express the wonderfulness of the love of God. God’s only Son, Jesus Christ, died for us on the cross to give us eternal life.
In this the love of God was manifested toward us, that God has sent His only begotten Son into the world, that we might live through Him.
(First John 4:9)


クリスチャンのシ-トベルト 

皆さんは、車で出かける時、子供をチャイルドシートに座らせて、シートベルトを締めていますか?
ぜひ、締めてください。日本の警察庁の調べによると、チャイルドシートを使用しない子供の交通事故死亡率は使用する子供より13.4倍ほど高いそうです。
法律によると6歳以下の子供はチャイルドシートに座らなければなりません。しかし29.5%の親は、この法律を守っていないそうです。小さい子供がいる皆さん、チャイルドシートを使用している70.5%になってください。

全てのクリスチャンが締るべきシートベルトもあります。
(もちろん聖書に[シートベルト]という単語はありません。
聖書は[帯]を使っています。)
エペソ人への手紙6:11に私たちは「悪魔の策略に対して立ち向かうことができるために、神のすべての武具を身に着けなさい。」と命令されました。
クリスチャンが身に着けるべき武具の一つは心理の帯です。
(エペソ人への手紙6:14)
悪魔はすべてのクリスチャンの狡猾な敵だから、彼の策略によって騙されないために心理の帯を締めることが非常に大切です。

Ⅰテモテへの手紙4:1「後の時代になると、ある人たちは惑わす霊と悪霊の教えとに心を奪われ、信仰から離れるようになります。」と書いてあります。
その惑わす霊に心を奪われているクリスチャンにならないように心理の帯をしっかり締めましょう。

ヨハネの福音書17:17によると聖書に書いてある神様の御言葉は心理です。
日々出かける時、車のシートベルトを締める前に、聖書を読むことによって信仰のシートベルトを締めましょう。

   
seat belt 

THE CHRISTIAN’S SEAT BELT 

When you go out, do you put your child in a child seat and lock the seat belt? Please do so. According to data of the Japan Police Agency, the traffic accident fatality rate for children who are not using a child seat is 13.4 times higher than children who use a child seat. The law says that all children 6 years old and under must sit in a child seat. However, 29.5% of the parents of Japan do not obey this law. If you have small children, please join the 70.5% of the parents who obey this law.

There is a seat belt for all Christians too. (Of course, the word “seat belt” is not found in the Bible. The Bible uses the word “girdle.”) In Ephesians 6:11 we are commanded to put on the whole armor of God, that you may be able to stand against the wiles of the devil. One piece of armor that every Christian should put on is the girdle of truth.
Gird your waist with truth. (Ephesians 6:14)
The devil is the crafty enemy of every Christian, so it is extremely important that we put on the girdle of truth lest we be deceived by his schemes.

In First Timothy 4:1 it is written, Now the Spirit expressly says that in latter times some will depart from the faith, giving heed to deceiving spirits and doctrines of demons. To avoid becoming a Christian who gives heed to these deceiving spirits, let us firmly fasten on the girdle of truth.

According to John 17:17, the words of God written in the Bible are the truth.
Every day when we go out, before we fasten the seat belt of our car, let us fasten the girdle of truth around us by reading the Bible.

彼らは一番大切なものを忘れました 

一人の姉妹が本棚を教会に寄付する事にしたので、日曜日の午後に私たちは、車3台でそれを取りに行きました。
1台に姉妹は乗って、もう1台に2人の兄弟が乗って、そして2人の兄弟と私は自分の大型ワゴン車に乗りました。

姉妹と2人の兄弟は先に出発しました。私は少し遅れて出ました。先に出発した2台の車は、私を待ってくれると思って行って見ると、そこには車はありませんでした。彼らは、私が姉妹の家の場所を知っていると思っていたようです。
しかし私は、まだ一度も彼女の家に行った事がなかったので道順は分かりませんでした。

彼らは、私が後からついて来ない事に気付いて戻って来ると思っていましたが誰も戻って来なく置き去りにされました。
私は、一人の兄弟に電話して「道が分かりませんよ。私の大型ワゴン車がないと、本棚を積んで運ぶ事ができないでしょう!」といいました。彼はすぐ戻って来て、私を姉妹の家まで案内してくれました。

本棚を取りに行った彼らは一番大切なもの、それは私の大型ワゴン車を忘れてしまいました。

自分の人生において一番大切なものを忘れている人々もいます。仕事や教会で働いているうちに彼らは自分のたましいの大切さを忘れています。

生活に必要なものを蓄えたが自分のたましいの大切さを忘れてしまったお金持ちにキリストは言われました。
『愚か者。おまえのたましいは、今夜おまえから取り去られる。そうしたら、おまえが用意した物は、いったいだれのものになるのか。』ルカの福音書12:20

この世のものは、全部消えてしまう一時的なものです。永遠に生きる人間のたましいは最も大切なものです。
「人は、たとい全世界を得ても、たましいを損じたら、何の得がありましょう。」マルコの福音書8:36
 


   
置き去りに. 
THEY FORGOT THE MOST
    IMPORTANT THING


One of the ladies of the church decided to give a bookshelf to the church, so on Sunday afternoon we went in three cars to get it. She rode in the first car, two men rode in the second car, and two men and I rode in my van.

The lady and the two men left first. I was a little slow in leaving, but I thought they would wait for me; however, when I got to the road, they were not there. They thought I knew the way to her house, but I have never been to her house before, so I did not know the way.

I thought they would notice that I was not following them and return, but no one came back. I called the cell phone of one of the men. “I do not know the way. Without my van, you will not be able to bring the bookcase.” He returned right away and led me to her house.

They went to get the bookshelf, but they forgot the most important thing, my van. There are people who forget the most important thing in their lives too. While being diligent in work or education, they forget the importance of their soul.

Christ said to a rich man who gathered the things he needed for living but forgot the importance of his soul,
Fool! This night your soul will be required of you; then whose will those things be which you have provided? (Luke 12:20)

All the things of this world are temporary things that will vanish away. The soul of man that shall live forever is the most important thing.
What will it profit a man if he gains the whole world, and loses his own soul? (Mark 8:36)

続きを読む

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ