undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

オ~オォ~! 

suisen 先日、台湾旅行に行った時の出来事です。
今回、私がお世話になった台湾の宣教師の車にはレーダー・センサーが付いています。
(台湾では、この事が許されています)多くの道のあちこちにスピード違反をする車の写真を撮るカメラが設置されてあります。運転手がスピードを出し過ぎて、そのカメラに近づくとそのセンサーは警告を発する様になっています。
もちろん機械は中国語でしゃべるので、私は、ほとんど何も分かりませんでしたが、その中で一つの言葉が分かりました。機械は女性の可愛い声で「オ~オォ~!」と宣教師にカメラの存在を知らされました。何故か分からないが、私はその「オ~オォ~!」と言う声が気に入りました。その声を聞きたいがために、時々私は宣教師にわざとスピードを出してもらいました……。


そして、帰国した今でも台湾に電話する時、私は「もし、もし」と言わずに「オ~オォ~!」と言ったら、台湾の宣教師は、笑いながら「オ~オォ~!」と応えます。


実は、教会にも私達を警告を発するレーダー・センサーが設置されています。それは「牧師」と言います。教会の霊的な状態が良くない時、牧師の役目は「オ~オォ~!」と警告する事です。


使徒パウロは、そうしました「兄弟たち。あなたがたに勧告します」Ⅰテサロニケ 5:14

英語の聖書に「勧告」は「warn」となっています。「warn」の意味は警告する事です。


もちろん、牧師の声は台湾の宣教師の車に付いている機械の様な可愛い声ではないかもしれません。私達を責める叫び声になる場合もあり、また、涙をためた声になる時もあります。

使徒パウロは「私が三年の間、夜も昼も、涙とともにエペソの教会の長老達を訓戒しました」使徒 20:31

 

すべての教会員の責める声であっても、或いは一人の教会員を訓戒する声であっても牧師の「オ~オォ~!」を聞く時、その警告の言葉に注意深く聞き従いましょう。

 

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ