undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

信仰生活のさ・し・す・せ・そ 

さしすせそ 今週のメッセージを読む皆さんは驚くかも知れませんが、料理のことをほとんど何も知らない私が料理について語ります。
先週、北九州教会の婦人会に出たとき、私は「料理のさしすせそ」を学びました。そこで牧師は塩のことを取り扱っているマルコ9-50についてのメッセージの序論の中で「料理のさしすせそ」を紹介して下さいました。

 

 さ………砂糖   し………塩 

 す………酢     せ………醤油 

 そ………味噌  

 

おいしい食事を作るために、この五つの材料を使う必要があるのと同じように、幸せな信仰生活をするために次に五つの材料を日々の生活に入れる必要があります。


 さ……賛美  詩と賛美と霊の歌とをもって、互いに語り、主に向かって心から歌い、また賛美しなさい。エペソ5-19

 
 し……親切  お互いに親切にし、心の優しい人となり神がキリストにおいてあなた方を許して下さったように、互いに許し合いなさい。エペソ4-32


 す……素直な心  人の怒りは神の義を実現するものではありません。ですから、すべての汚れや溢れる悪を捨て去り、心に植えつけられたみことばを素直に受け入れなさい。ヤコブ1-20~21a

 

 せ……誠実  今あなた方は主をおそれ誠実と真実をもって、主に仕えなさい。ヨシュア記24-14


 そ……尊敬  兄弟愛をもって心から互いに愛しあい、尊敬をもって互いに人を自分より勝っていると思いなさい。 ローマ12-10


神様との関係においても、人間との関係においても、私たちがこの五つの霊的な材料をその関係に混ぜるなら、私たちの日々の信仰生活はもっと「おいしい」生活になるはずです。

 

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ