undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

御言葉に夢中になった結果 

料金所 高速道路を利用する時、私は必ずETCを用意します。しかし、先日、都市高速道路の回数券を10枚もらったので、先週教会に行く時、私はその回数券を使うつもりだったのでETCカードを用意しませんでした。
料金所に近づいた時、私はもうすでに回数券を手に持っていましたが、ある事に夢中になっっていたので、私はETCのゲートに入ってしまいました。自分の間違いに気付いた時、私はバックして、他のゲートに入ろうと思ったが、3台の車が後ろにあったので、バックする事ができませんでした。ETCカードを入れるにも、もう遅い。幸いな事に、料金所の方は困っている私を見て、説明して、回数券を取って、ゲートを開けて下さいました。
私は、何の事に夢中になっていたと思いますか?暗唱聖句です。教会の今年の暗唱聖句Ⅱコリント4-8〜9です。いつも教会に行く途中、私はこの暗唱聖句を何度も暗記するから、間違ってETCのゲートに入った時、私は暗唱聖句に夢中になっていました。


私の場合、御言葉に夢中になった結果はあまり良い結果ではなかったが、もし私達が日々の生活の中で、御言葉に夢中になる習慣を守る事ができたら、結果はとても良い結果になります。


「幸いなことよ。悪者のはかりごとに歩まず、罪人の道に立たず、あざける者の座に着かなかった、その人。まことに、その人は主のおしえを喜びとし、昼も夜もそのおしえを口ずさむ。その人は、水路のそばに植わった木のようだ。時が来ると実がなり、その葉は枯れない。その人は、何をしても栄える。 」詩篇1-1〜3

 

一日の間に御言葉に夢中になる時は、人によって違うでしょう。しかし、私達が数十分でも御言葉に慣れ親しむなら、良い結果は沢山あります。料金所に入る時だけは、御言葉に夢中になる事に気をつけて下さい。

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ