undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

突  風 

突風 先週の土曜日は、いい天気で暖かい日だったので、私は久しぶりに家の全ての窓を開けました。新鮮な空気を楽しみながら、私は机に座ってメッセージの準備をしていました。突然、非常に強い風が各部屋の窓に吹き込みました。私がいた部屋の壁にあった絵が落ちました。寝室で汚れた服の入っている篭は倒れました。他の部屋にあった古い新聞は部屋中に吹き飛び、散らかりました。居間に置いていた大事なノートは部屋の隅まで飛ばされました。
次の日、朝刊を読んだ時、私は驚きました。福岡管区気象台によると、私が住んでいる北九州市八幡の最大瞬間風速は23.5m、これは観測史上最大でありました。


北九州市を襲いかかった非常に強い風の様な「突風」が私達の人生にも吹き込みます。一瞬に私達の生活をひっくり返す事件が起こります。また、思いがけない時に私達の計画をだいなしにする出来事もあります。


さくらその時、私達の心は聖書の詩篇55篇を書いたダビデの心と同じようになります。「私の心は、うちにもだえ、死の恐怖が、私を襲っています。恐れとおののきが私に臨み、戦慄が私を包みました。」詩篇 55:4~5 
 心がこんな状態になった時、私達は詩篇55篇6~8までに書いてある事を望みます。

「ああ、私に鳩のように翼があったなら。そうしたら、飛び去って、休むものを。ああ、私は遠くの方へのがれ去り、荒野の中に宿りたい。あらしとはやてを避けて、私ののがれ場に急ぎたい。」

「ああ、のがれ去りたい」と叫んだダビデは神様に救いを求めました。「私が、神に呼ばわると、主は私を救ってくださる。夕、朝、真昼、私は嘆き、うめく。すると、主は私の声を聞いてくださる。」

詩篇 55:16 ~17

 

人生の突風が私達の心を吹きまくる時、救いを与える事ができる神様に呼び求めましょう。

 

恥ずかしい拍手 

Pianist私は音楽の事をほとんど何も知りません。先日、親しくしている先生の声楽コンサートに行った時、無知ゆえに恥ずかしいおもいをしました。 
コンサートの休憩の間にピアニストのソロがありました。ソロが終わったと思い、私は拍手しました。しかし、その会場に集まっていた50名の中で、拍手したのは私だけでした。なぜなら、私以外はソロがまだ終わっていないと知っていたからです。ピアニストがソロを続けた時、私はとても恥ずかしくなってしまいました。


皆さんはコンサートの途中で一人だけ拍手した事がないかも知れませんが、自分の信仰生活の中で一人で拍手しているでしょうか?。家、学校、職場などでイエス・キリストの十字架を拍手しているのはあなた一人だけでしょうか。もし、そうであれば、恥ずかしい拍手をした私と違って、恥ずかしがらないで使徒パウロと共にキリストの十字架を私達の誇りとしましょう。

 

「私には、私たちの主イエス・キリストの十字架以外に誇りとするものが決してあってはなりません。」ガラテヤ6:14

 

全ての人々がイエス・キリストを拍手する時は、まだ決ませんが、あらゆる人々がキリストをあがめる時が来ます。

 
『キリストは、自分を卑しくし、死にまで従い、実に十字架の死にまでも従われました。それゆえ、神は、キリストを高く上げて、すべての名にまさる名をお与えになりました。それは、イエスの御名によって、天にあるもの、地にあるもの、地の下にあるもののすべてが、ひざをかがめ、すべての口が、「イエス・キリストは主である」と告白して、父なる神がほめたたえられるためです』ピリピ 2:8〜11

 

黙示録5:13はこの出来事を預言しています。 『私は、天と地と、地の下と、海の上のあらゆる造られたもの、およびその中にある生き物がこう言うのを聞いた。「御座にすわる方と、小羊とに、賛美と誉れと栄光と力が永遠にあるように。」』

 

この出来事をあらかじめ知っている私たちは、家族や友達の前で恥ずかしいめにあっても、主イエス様に拍手を続けましょう。

 

 

スピード違反 

スピードメータ 「この高速道路の制限速度は80㎞ですよ!」 私はこの言葉をすごいスピードで私の車を追い越した車の運転手に叫んだ言葉です。その時、教会の兄姉と一緒に博多南BBCの集会に行く途中でした。
私の言葉を聞いて助手席に乗っていた兄弟は聞きました。「今、ボード先生は何㎞で走っていますか?」その時、私の車のスピードは90㎞でした。私は手で車のスピードメータを隠そうとしましたが、ちょっと遅れました。私のスピードメータを見た時、彼は何も言いませんでしたが、私には彼の笑い声が聞こえました。


どう思いますか。どちらの車がスピード違反をしましたか。 110㎞のスピードで私の車を追い越した車ですか? 90㎞のスピードで走っていた私の車ですか。実は、両方の車がスピード違反をしました。その道路の制限速度は80㎞ですから、80㎞以上のスピードで走る車は全てスピード違反です。81㎞の車も110㎞の車もスピード違反です。


聖書に書いてある神様の戒めも同じです。できるだけ正しい生活を目指してほとんど罪を犯さない人も、多くの罪を犯している悪人も罪人です。
律法全体を守っても、一つの点でつまずくなら、その人はすべてを犯した者となったのです。なぜなら、「姦淫してはならない。」と言われた方は、「殺してはならない。」とも言われたからです。そこで、姦淫しなくても人殺しをすれば、あなたは律法の違反者となったのです。ヤコブ 2-10~11


神様の戒めを全部破った人も、神様の戒めを一つだけ破った人も違反者です。これこそ神様が救い主イエス・キリストを使わして下さった理由です。神様の律法を守る事によって自分自身を救う事ができない私達を救うために、イエス・キリストは十字架の上で私達のために死んで下さいました。

 
「こうして、律法は私たちをキリストへ導くための私たちの養育係となりました。私たちが信仰によって義と認められるためなのです。」ガラテヤ 3-24

 

誰も待っていなかった待合室 

病院待合室 私は、もう41年間日本に住んでいます。先日、日本で一度も見た事のない光景を見ました。それは誰も待っていない病院の待合室でした。日本の多くの病院は予約制でないので、病院で長く待たされる事が多くあります。この事は私にとって大きな問題です。なぜなら、長く待たされる事は忍耐のない私をイライラさせるからです。
しかし、先日に病院に行った時、私はビックリしました。待合室に誰もいませんでした。1分以内に私は医者の部屋に呼ばれました。私は医者に言いました。「どうしたんですか?」私の質問は医者を当惑させたので、私はすぐ説明しました。「今日、待合室に誰もいませんでした。先生は、もう北九州市の全ての人を治したのですか?」医者は笑いました。


やはり、医者が全ての病気を癒す事はないので、医者の仕事は永遠に終りのない仕事です。教会の働きも同じです。マルコの福音書16:15にイエス様は言われました。「全世界に出て行き、すべての造られた者に、福音を宣べ伝えなさい。 」

 
「すべての造られた者」と言う言葉は教会の任務を明白にしています。全世界にまだ福音を聞いた事のない人々がいる限り、私たちは伝道を続けなければなりません。私達は定期集会、特別集会、チラシ配布、トラクト配布、英会話、日曜学校等を通して小倉南区に住んでいる人々に福音を宣べ伝えています。それにかかわらわず、この地方にまだ福音を聞いていない人々が沢山残っているので、伝道に励みましょう。奉仕を熱心に続けましょう。献金を忠実に献げましょう。

 

私達の模範はエペソの弟子達です。彼等の伝道を通してアジアに住む者は皆主の言葉を聞きました。(使徒の働き19:10)と同じ様に「小倉聖書バプテスト教会の伝道を通して小倉南区に住んでいる者は皆、主の言葉を聞いた」と言う目標を目指して伝道をしましょう。

 

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ