undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

ピィー・ピィー・ピィー 

搭乗飛行機で旅をする時、私が必ず守る習慣があります。最後のボディチェックを受ける前に、私は時計を外し、お金と他の金属製品をカバンの中に一緒に入れます。それはゲート型の金属探知機を通る時「ピィー」と鳴らないためです。 
しかし先月、東京に行った時、機械は「ピィー」となりました。チェックを行っている人が私に「靴を脱いで、もう一回通って下さい」と言った時、私は「金属製品の物は全部カバンの中に入れたので、ピィーと鳴らないはずです」と抗議したけど、「とにかく靴を脱いで、もう一回通って下さい」と言われました。
「ピィー・ピィー・ピィー」 今度、「コートを脱いで、もう一回通って下さい」と言われました。 「ピィー・ピィー・ピィー」 次に、「上着を脱いでもう一回通って下さい」と言われました。「 ピィー・ピィー・ピィー」 私は心配のあまり、「どこまで脱がなければならないのだろうか?」と思った時、「もう行ってもいいよ」と言われました。私はかなり不満な顔をしながら、上着とコートを着て靴を履いてゲートに向かって行きました。


私達が天国に入ろうとする時、同じような経験に合います。「ピィー・ピィー・ピィー」私達は神様に抗議をします。「私は、できるだけ正しい生活をしましたよ!」しかし、主の返事はヨハネの福音書3-3に書いてある言葉です。「人は、新しく生まれなければ、神の国を見ることはできません。」


人の人生がどんなに立派な人生であっても、心に罪を一つでも持っているままでは天国に入る事ができないので、イエス・キリストを信じる事によって新しく生まれなければなりません。神様に遣わされた救い主であるキリストを受けいれる人の罪深い心はきよい心に変えられます。

 

 「だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなります。」

Ⅱコリント5-17

 

キリストを信じる信仰によって新しく生まれた人は、天国の門を通る時、「ピィー・ピィー・ピィー」という音はありません。

 

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ