undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

1,000日 

夫婦 「まことに、あなたの目には、千年も、きのうのように過ぎ去り、夜回りのひとときのようです。」 詩篇90-4

「主の御前では、一日は千年のようであり、千年は一日のようです。」
Ⅱペテロ3-8

みなさんは、この二箇所の御言葉を理解する事ができますか?。
私にとって、初めて読んだ時から今日までこの二箇所は私を当惑せる箇所となっています。

もちろん私はこの箇所のひとつ一つの言葉の意味は分かります。また、何回もこの箇所の説明を聞いた事があります。すなわち、人間と違って、神様は時間に影響される事がありません。人間は時間に縛られています。人間は時間の世界に閉じ込められています。しかし、永遠の神様の世界には時間がありません。神様は時間を超える御方です。神様は時間の外におられます。

私はこの説明に納得していますが、最近までこの箇所の意味をあんまり実感する事ができませんでした。しかし今、少し分かる様になったと思います。私は先週の水曜日(8月25日)に、このメッセージを書きました。妻が天に召れた日からちょうど1,000日となりました。確かにもう1,000日経ちましたが、私の心の中で1,000日は1日の様です。「奥様はいつ天に召されましたか?」と聞かれたら、私の心は「昨日でした」と答えます。同時に、妻のいない一日一日が1,000日の様に感じる時もあります。

私達の世界は、時間の世界です。人間は自分の人生の経験を時間で計ります。しかし、Ⅰテサロニケ4章に説明されているキリストの再臨が起こる瞬間から、私達も時間のない世界に入ります。もうすでに、召された愛する者たちと一緒に私達は神様の世界に行きます。Ⅰテサロニケ4-18「私たちは、いつまでも主と共にいる事になります」と書いてあります。

いつまでも!  永遠に!  永遠と比べて1,000日とか、1,000年とは何ですか。一日の様です。

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ