undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

不 老 の 泉 

不老の泉 16世紀にJuan Ponce de León(フアン・ポンセ・デ・レオン)と言う探検家は青春を蘇らせる泉についての話を聞いて、その泉を探しに行きました。彼が見つけた泉は、今アメリカのフロリダ州のセント・オーガスティンと言う街にあります。私の母教会はフロリダ州のジャクソンビル市にあります。 ジャクソンビル市からセント・オーガスティンまで車で1時間以内に行けるから、私は「不老の泉」を見に行きました。もちろん私はこの伝説を信じていませんが、「もしかすると」と思いながら私もその泉の水を飲んでみました。もう40歳を越えていた私は全然若くなりませんでした。?!……

先日、病院に行った時、私は「不老の泉」の事を思い出しました。検査の結果は全部良かったから、医者は私に言いました。「今、足の痛みの他に問題はありませんよ」私は答えました。「先生、とても疲れやすい状態ですから、私を若くする薬はありませんか」私と殆ど同じ年齢である医者は笑いながら言いました。「そんな薬があったら、私がもう、とっくに飲んでますよ!」

残念な事ですが、人の青春を甦らせる泉も薬もありません。これは否定できない真実ですから、私は全ての青年にお勧めします。中年の時代を待たないで、今の青春の時代に心を尽くして神様を求めて下さい。まだ精力と勢いに満ちている間、自分の賜を生かして熱心に主に仕えて下さい。 「あなたの若い日に、あなたの創造者を覚えよ」伝道者の書12:1

使徒パウロが若いテモテに書いた言葉に心を留めて下さい。「年が若いからといって、だれにも軽く見られないようにしなさい。かえって、ことばにも、態度にも、愛にも、信仰にも、純潔にも信者の模範になりなさい」第1テモテの手紙4:12
詩篇71篇を書いた人は5節にこの言葉を書きました。「神なる主よ。あなたは、私の若いころから私の望み、私の信頼の的です」

青年達よ。老年になった時、同じ証しが出来る様に努めて下さい。

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ