undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

神様、巨人を助けてください 

祈り 集会の祈りの中で私は一人の姉妹の主人のために祈る事にしました。祈りながら、私はどのように祈るか決めようとしていました。 「姉妹の御主人を助けて下さい」と祈ってもいいし、また「兄弟を助けて下さい」でもいい。「御主人」にしょうか「兄弟」にしょうかと迷っていた私は「兄弟」「兄」「主人」「人」を付けて「神様、巨人を助けて下さい」と祈りました。
祈りが終わった時、私は牧師の顔を見ました。巨人ファンである彼はニッコリ笑っていました。しかし私は巨人のファンではありませんから、後で私は祈りました。「神様、前の祈りを無視して下さい」クリスチャンになってから、私は初めて神様に私の祈りを無視して戴きました。
ある日、婦人会で私は一人の姉妹のために祈りました。わたしは、「神様、姉妹を支えて下さい」と祈るつもりでしたが、私は間違って「神様、姉妹を押さえて下さい」と祈りました。もちろん、婦人達は笑いました。

このように私は何回も祈っている時に混乱して(特に日本語で祈っている時)どのように祈ったらいいかわからない経験があるからこそ、私はローマ人への手紙8-26に書いてある約束を感謝します。
「御霊も同じようにして、弱い私たちを助けてくださいます。私たちは、どのように祈ったらよいかわからないのですが、御霊ご自身が、言いようもない深いうめきによって、私たちのためにとりなしてくださいます。」

聖書の中で祈る事は主の前に心を注ぎ出す事とたとえられています。(第1サムエル記1-15)そうする時に、心にある願い事はちゃんと言葉にならないかもしれませんが、聖霊は私達のためにとりなして下さいます。

「すべての祈りと願いを用いて、どんなときにも御霊によって祈りなさい。」エペソ人への手紙6-18

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ