undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

WHERE WAS GOD ? 

東北地方太平洋沖地震において
地震と津波の被害を受けた方々に、
心からお見舞いを申し上げます



大津波 1967年4月21日に私の家族はアメリカのイリノイ州ベルビデーレ市と言う町にいました。午後3:50頃この町はF-4の竜巻に襲われました。24人は死亡しました。その中の13人は小学生でした。翌日の新聞の一面の見出しは「Where Was God?」でした。(神様は何処にいましたか?)

今、多くの方々は3月11日の地震と津波について同じ様な質問をしています。「神様は何処にいましたか?この災害は罪に対する神様の裁きでしたか?神様はこの災害を防ぐ事ができませんでしたか?なぜ、神様はこの災害を許しましたか?」

是非、この事を理解して下さい。神様が創造した世界は完全な世界でした。地震も津波も台風も竜巻もなかった世界です。
創世記1-31に「神は、お造りになったすべてのものをご覧になった。見よ。それは非常によかった。」と書いてあります。

この完全な世界を崩壊させた出来事は人間の罪でした。その罪は人間だけにではなくて、世界と世界の中にある全てのものに影響を与えました。 例えば、人間の罪のゆえに、土地はのろわれてしまいました。(創世記3-17)

また、イザヤ書24-5~6に書いてあります。「地はその住民によって汚された。彼らが律法を犯し、定めを変え、とこしえの契約を破ったからである。 それゆえ、のろいは地を食い尽くし、その地の住民は罪ある者とされる。」

エレミヤ書12-4
「いつまで、この地は喪に服し、すべての畑の青草は枯れているのでしょうか。そこに住む者たちの悪のために、家畜も鳥も取り去られています。」と書いてあります。

3月11日の地震と津波の原因は神様ではありません。人間の罪のゆえにのろわれた世界の自然の出来事でした。

今、多くの人々は苦しい状況に置かれています。被災者のために祈りましょう。被災者のために寄付しましょう。同時に、この質問を真面目に考えましょう。
「今日、マグニチュード9の地震がこの地方で起こったら、私は神様に会う準備が出来ていますか?」

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ