undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

牧師の誤った預言 

女子サッカー 女子ワールドカップの決勝戦の前に、教会の子供達は私に聞きました。「先生、どちらが優勝すると思いますか?アメリカですか?それとも日本ですか?」私は答えました。「決まってますよ。もちろんアメリカです!」子供達は続けて聞きました。「本当ですか?」アメリカの優勝を確信している私は子供達に約束しました。「もし日本が勝ったら、来週アイスクリームを買ってやるよ!」
「なでしこジャパン」が優勝しました。次の日曜日に私は子供達を店に連れて行って、アイスクリームを買う結果となりました。

私の預言は誤った預言でした。聖書によると、誤った預言をする者は偽りの預言者です。(申命記18:21-22) 現在、預言をしている占い師や霊媒師や超能力者の中に驚くべき預言をする人達がいますが、彼等の預言の的中率は60%位だそうです。すなわち、40%の場合、彼等の預言は誤った預言になってしまいます。

彼等の預言を聖書の預言と比べましょう。聖書に2,500位の預言が書いてあります。今までその中の2,000位はすでに文字どおり成就しています。残りの500は未来の出来事についての預言です。

メシヤ(キリスト)についての預言は300以上あります。この預言が一人の生涯において成就する確率は10の17乗の一部ですが、私達は4つの福音書の中でイエス様の生涯においてこの300の預言の成就を見る事ができます。それは、第2ペテロの手紙1:19「私たちは、さらに確かな預言のみことばを持っています。」と書いてあります。
聖書の預言の100%の確率をどう説明しましょうか?第2ペテロの手紙1:21に説明が書いてあります。「預言は決して人間の意志によってもたらされたのではなく、聖霊に動かされた人たちが、神からのことばを語ったのだからです。」

聖書の預言を書いた人達は、現在の多くの占い師と違って、自分自身の気まぐれな預言を書きませんでした。彼等は、全ての事、未来の事も知っておられる神様の言葉を書きました。聖書の預言は確かな預言です。

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ