undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

クロスロード 

クロスロード 毎月、鳥取市に住んでいる外国人に英語で聖書を教えるために私は北九州の牧師ご夫妻と一緒に行きます。
11月の集会に出席した人たちはアメリカ人、韓国人、ジンバブェー人と日本人でした。
もちろん関門橋を渡って私達は山口まで中国自動車道を通ります。途中、中国自動車道は山が多いので、山口市の近くで山陽自動車道に入り、広島までその道を通ります。
広島市の近くで、また中国自動車道に戻ります。山陽自動車道と中国自動車道のクロスロードに2つの大きな標識があります。右の標識には「大阪」と書いてあります。左の標識には「北九州」と書いてあります。そこで私はいつも牧師ご夫妻に聞きます。「さあ、どうしますか。鳥取に行きますか。九州に帰りますか?」笑いながら、彼らは必ず「鳥取に行きます」と答えます。


少なくても1回くらいクリスチャンは信仰生活のクロスロードに着きます。その時点で私達も決断しなければなりません。すなわち、神様を中心とする生き方を目指して前進しますか。あるいは、クリスチャンになる前の自己中心の生き方に後退しますか。このクロスロードに着いたパウロはこの決断をしました。
「私は、うしろのものを忘れ、ひたむきに前のものに向かって進み、キリスト・イエスにおいて上に召してくださる神の栄冠を得るために、目標を目ざして一心に走っているのです。」
ピリピ人への手紙3:13-14

試練に遭う時、ある人々は神様と教会から離れます。聖書は神様から離れる誘惑に遭っている人に警告します。
「主であり救い主であるイエス・キリストを知ることによって世の汚れからのがれ、その後再びそれに巻き込まれて征服されるなら、そのような人たちの終わりの状態は、初めの状態よりももっと悪いものとなります。」第2ペテロの手紙2:20

もし、あなたが今、信仰生活のクロスロードに立っているなら、ヘブル人への手紙6:1の勧めに心を留めて下さい。
「私たちは、キリストについての初歩の教えをあとにして、成熟を目ざして進もうではありませんか。」

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ