undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

イエロー・ライト 

信号機の歴史を知っていますか?最初の信号機は1868年にイギリスで出来たそうです。赤と青だけのランプでした。最初の電気の信号機は1912年にアメリカで出来たそうです。やはり赤と青だけでした。3つの色を使う最初の信号は1920年にアメリカの警官によって作られたそうです。
信号機 信号の色の意味を知っていますか?赤と青は簡単です。赤は「止まれ」です。青は「進め」です。
黄色の意味は何ですか?ほとんどの運転手は黄色の意味が「赤になる前に急げ」と言う意味だと思っています。本当は「注意!信号はすぐ赤に変わるから、止まる準備をしなさい」と言う意味です。

私は「赤になる前に急ぐ」と言う意味だと思っている一人です。もちろん、私は黄色の本当の意味を知っていますが、黄色を見る時に、私の最初の反応は止まる準備をするのでなく、赤になる前の急ぐ準備です。ある日そうした時、後の車が警察の車だったので、私は信号無視の罰金を払わなければなりませんでした。

信仰生活にも黄色の信号があります。私達が歩もうとしている道が主に喜ばれない道である時、主はいろんな方法で私達に注意します。聖書や聖霊や牧師の説教や人生の出来事を通して主は私達に注意を与えます。その黄色の信号を無視する人の罰ではないでしょうか。

「わたしが呼んだのに、あなたがたは拒んだ。わたしは手を伸べたが、顧みる者はない。あなたがたはわたしのすべての忠告を無視し、わたしの叱責を受け入れなかった。それで、彼らは自分の行ないの実を食らい、自分のたくらみに飽きるであろう。」
箴言1:24-25、31

先日、私は「イエロー・ライト」と言うバンパー・ステッカーが付いている車を見ました。その意味が分かりますか?この車は「イエロー・ライト」で止まるという意味です。私達は神様の「イエロー・ライト」で止まるクリスチャンになりましょう。そうすれば、主の約束があります。

「わたしに聞き従う者は、安全に住まい、わざわいを恐れることもなく、安らかである。」箴言1:33

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ