undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

高すぎるクラウン 

歯のクラウンが外れたので、私は歯医者に行って、新しいクラウンを作ってもらいました。
歯医者は、新しいクラウンを歯に付けて、彼は私に聞きました。「どんな感じですか?高いですか?」
私は、「はい、ちょっと高いです」と答えたら、彼はクラウンを外して、それを少し磨きました。
CROWN もう一度クラウンを歯に付けてから、彼は私の口に一枚の小さい紙を入れて歯を「カチ・カチ、カチ・カチ」とさせました。私がその紙を何度も噛んで、彼はその紙を見て、クラウンをもう少し磨きました。

次に彼はもう一枚の紙を口の中に入れて「ギシ・ギシ、ギシ・ギシ」と数回歯軋りをさせて、彼はその紙を見て、クラウンをもう少し磨きました。
クラウンの付いている歯が他の歯とピッタリ合うまで、私は何回も「カチ・カチ、ギシ・ギシ」と噛み合わせをしました。

神様は歯医者ではありませんが、御自分の教会を建てる神様の働きは歯医者の働きに似ています。それは、歯医者の目的は全ての歯が健全あるように守り助け補う事です。神様の働きの目的は教会の信者達が一致する事です。

教会に書き送られた手紙を読むと、教会の一致を望んでおられる神様の御心を知る事ができます。ほとんどの手紙には一致を勧めています。
(ローマ人への手紙15:6)(第1コリント人への手紙1:10)(第2コリント人への手紙13:11)(エペソ人への手紙4:3)(ピリピへの手紙1:27)(コロサイ人への手紙3:13)

特にエペソ人への手紙4:16に書いてある言葉に注目しましょう。
「キリストによって、からだ全体は、一つ一つの部分がその力量にふさわしく働く力により、また、備えられたあらゆる結び目によって、しっかりと組み合わされ、結び合わされ、成長して、愛のうちに建てられるのです。」

神様は教会の一致を妨げる人を色んな苦しみや経験によって磨かれきます。高すぎるクラウンにならないように気をつけましょう。

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ