undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

死にそうな鶏の最後の鳴き声 

ペテロは3回もキリストを否定しました。(ヨハネの福音書18:15~18、25~27)そして鶏が鳴きました。この箇所について説教の準備をした時、私は最も劇的な説教にする方法を考えました。 

カセットレコーダ 私はインターネットで鶏の鳴声を見つけて、それをカセットプレイヤーに録音しました。 
説教の途中「そしてペテロはこの音を聞きました」と言って、皆さんに鶏の鳴声を聞かせるつもりでした。説教の劇的なクライマックスになると思っていました。
しかし、カセットプレイヤーをカバンの中に入る時、私は知らずにプレイヤーのスピードを「標準」から「スロー」に動かしていました。それで、説教の途中、私は「そしてペテロはこの音を聞きました」と言ってカセットプレイヤーのスイッチをONしました。
スピードは遅くなっていて、皆さんが聞いたのは「コケコッコウー」ではなく「コ~ケ~コ~ッ~コ~」でした。死にそうな鶏の最後の鳴声に聞こえました。説教のクライマックスである筈だったのに、みんなはゲラ・ゲラ笑っていました。

私は説教を劇的なものにするその計画はとても良いと思いました。うまくいけば、素晴らしい説教になる筈でした。しかし、一つの小さな不注意のゆえに、説教はだいなしになりました。

ちょうど私の不注意が計画を妨げたように、私達の不従順は神様の計画を妨げる事があります。

例えば、約束された地に住んでいた時、敵に対する恐れのゆえに、イスラエル人は神様の声に聞き従わなかった。彼等は40年間、荒野でさまよい歩かなければなりませんでした。 (民数記14章)

神様が私達に御自分の計画を示して下さる時、恐れずに主の御声に聞き従いましょう。

「強くあれ。雄々しくあれ。恐れてはならない。おののいてはならない。あなたの神、主が、あなたの行く所どこにでも、あなたとともにあるからである」ヨシュア記 1:9 

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ