undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

信仰生活のキャッチフレーズ 

 大鵬

1968年に日本に来た時、私はすぐに相撲のファンになりました。この45年間、私が見た最も強い横綱は先週亡くなった大鵬です。大相撲の記録を見ると、大鵬は偉大な横綱であったとわかります。


◆新入幕から横綱まで所要場所数・
11場所(1位)
横綱昇進年齢 21歳3ヶ月(2位) 
横綱在位中の勝利数 622勝(3位)
勝率 83.8%(1位)
優勝回数 32回(1位)
全勝優勝回数  8回(1位対) 
幕内勝利数  746勝(4位)
昭和以降の連勝記録   45勝(4位)(34連勝が2度、30連勝と26連勝が1度ずつあり、25連勝も2度ある。)

大鵬は特に子どもたちに人気があったので、当時の子どもたちの好きなものとして、「巨人、大鵬、卵焼き」の流行語(キャッチフレーズ)が生まれました。このことを新聞で読んだとき、私は考えました。

信仰生活のキャッチフレーズは何でしょうか。

教会の目的を示す「大いなる命令」と呼ばれているマタイの福音書28:19~20に出てくる3つの動詞はとても良いキャッチフレーズになると思います。
「それゆえ、あなたがたは行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい。そして、父、子、聖霊の御名によってバプテスマを授け、また、わたしがあなたがたに命じておいたすべてのことを守るように、彼らを教えなさい。」
(行って、授けて、教えて)というキャッチフレ-ズは素晴らしいと思います。

また、第1コリント13:13にとても良いキャッチフレ-ズがあります。
「いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。」
(信仰、希望、愛)
も素晴らしいキャッチフレーズとなります。

ヨハネの福音書14:6に書いてあるキリストの有名な言葉も覚えやすいキャッチフレ-ズになります。
「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。」
キリストの素晴らしさを表す(道、真理、いのち)というキャッチフレ-ズもふさわしいと思います。

もう一つお勧めします。エペソ人への手紙2:4~5に私たちが救われた方法を表す3つの言葉があります。
「あわれみ豊かな神は、私たちを愛してくださったその大きな愛のゆえに、罪過の中に死んでいたこの私たちをキリストとともに生かし、――あなたがたが救われたのは、ただ恵みによるのです――。」
神様の(あわれみ、愛、恵み)というキャッチフレ-ズが信仰生活の始まり、また日々主に喜ばれる信仰生活をしようとしている私たちを助けてくださる神様をほめたたえるキャッチフレ-ズです。
 


数字! 数字! 数字!もうイヤ! 

 私は21世紀の便利さが好きですが、嫌いな事が一つあります。
サービスセンターに電話すると、ほとんど相手は人間ではなく機械である事です。人間であれば、分からない時、「すみません、私は外国人ですから、説明して下さい」と言えるけど、相手が機械だと、それができません。

不在通知 先日教会に行った時、ポストに「郵便等お預かりのお知らせ」がありました。
「再配達受付連絡先」に電話した時、私は機械の説明に従って数字を押しました。郵便番号・追跡番号。種類番号・配達して欲しい日と時間、ここまでは良かったけど、私は機械が次に行った事が分かりませんでした。数字を押し間違えました。最初からやり直さなければなりませんでした。

電話番号・郵便番号・追跡番号。種類番号・配達して欲しい日と時間、私は機械の次の言葉を集中して聞きましたが、やはり分かりませんでした。また数字押し間違えてしまいました。
私は怒って電話をガシャーンときって叫びました。「数字!数字!数字!もうイヤ!人間と話したい!」結局、私はあきらめて、その電話を教会員にしてもらいました。

もし神様に祈る時、答えるのは神様ではなくて、機械だったらどうなるでしょう。「まず、御名前を言って下さい」と言われるかも知れません。
その後に、生年月日、住所、クリスチャンになった日、バプテスマを受けた日、今行っている教会の名前等と聞かれたら、イヤですね。私だったら、また叫ぶと思います。「神様と話させて下さい!」

幸いな事で、神様に祈る時、主ご自身が私達の祈りに答えて下さいます。
詩篇の中でダビデはこの真実を何回も述べました。
「知れ。主は、ご自分の聖徒を特別に扱われるのだ。私が呼ぶとき、主は聞いてくださる。」詩篇4:3

「私は苦難の日にあなたを呼び求めます。あなたが答えてくださるからです。」詩篇86:7

機械と話す時、挫折するかも知れませんが、主に祈る時、失望させられる事がありません。

神様の親指 

先月、鹿児島県の長島町に行った時、私は初体験をしました。
それは全身マッサージです。以前、理髪店に行った時、マッサージ機で背中と肩の揉むのは経験ありまたが、長島で受けたマッサージは、頭の上から足の裏まで手によるマッサージでした。

Massage 教会にマッサージ師の仕事をしている兄弟がいます。彼が「マッサージはいかがですか?」と言ったので、私はためらいました。
正直に言えば、あまりマッサージをしてほしくありませんでした。
しかし、マッサージをして癒したいという彼の気持ちを感じた私は「お願いします」と答えました。

マッサージの途中、何度も痛みのうめき声をあげました。
特に彼の親指が私の筋肉を重くのしかかり強く押した時、私は「Oh~ Oh~」とうめきました。
しかし、マッサージの後、気分はすごく良くなっていました。

ちょうど兄弟の親指が私の筋肉を重くのしかかり強く押したように、神様の親指が私達の心を強く押す時があります。
私達の信仰生活に主に喜ばれない行動や態度がある時、主の御手は私達の心にプレッシャーをかけます。

詩篇32:3-4
で、ダビデはこの体験を述べています。
「私は黙っていたときには、一日中、うめいて、私の骨々は疲れ果てました。それは、御手が昼も夜も私の上に重くのしかかり、私の骨髄は、夏のひでりでかわききったからです。」

また、詩篇38:2でダビデは、
「あなたの矢が私の中に突き刺さり、あなたの手が私の上に激しく下って来ました。」と書きました。

主の親指が私達の心を重くのしかかっている時、どうしたらよいでしょうか。
ダビデの模範に従いましょう。
「私は、自分の罪を、あなたに知らせ、私の咎を隠しませんでした。私は申しました。『私のそむきの罪を主に告白しよう』」詩篇32:5a

ダビデが自分の罪を主に告白すると、どうなりましたか。
「すると、あなたは私の罪のとがめを赦されました」詩篇32:5b

私達も、心が主の御手の下で「Oh~ Oh~」とうめいている時、直ちに主に罪を告白しましょう。 

青ですか? 黒ですか? 

私の目はかなり悪いので、色を区別する事ができない時があります。
この事を知っている人は私の車に乗りたくないかも知れませんが、安心して下さい。私は青と黄色と赤は、はっきり区別する事ができます。しかし、時々ピンクとオレンジ、また黄色とオレンジを区別する事ができません。

靴下 最も区別できない色は黒色と紺色(ネイビーブルー)です。 私はよく黒い服か紺色の服を着るので靴下を選ぶ時、困ります。蛍光灯の光で靴下を見ると黒い靴下と紺の靴下は同じに見えます。最近2度も黒い靴下を片足に、もう片方を紺の靴下を履いたまま出かけようとしました。

ようやく私は黒い靴下と紺の靴下を区別する方法を見つけました。それは靴下を玄関まで持って行って、ドアを開けて陽の光で見ると、はっきり区別する事ができます。

2013年に、日々クリスチャンが正しく区別しなければならない事は靴下の事ではなく、善と悪の事です。
それは、自分が行おうとしている事は主に喜ばれる事か、喜ばれない事かです。
そんな時はっきり分かる方法があります。

御言葉の光でその行動を見る事です。
詩篇119:130「みことばの戸が開くと、光が差し込み、わきまえのない者に悟りを与えます。」と書いてあります。

またエペソ人への手紙5:13
「明るみに引き出されるものは、みな、光によって明らかにされます。」と書いてあります。
ちょうど私が玄関のドアを開けて陽の光で靴下を見ると同じように、クリスチャンは聖書を開いて、御言葉の光で自分の行動を見るべきです。

詩篇119:105に書いてある有名な言葉の通りです。
「あなたのみことばは、私の足のともしび、私の道の光です。」 


skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ