undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

私のトロフィー 

今までに私がトロフィーをもらった事は1回だけでした。
若い時に私はボウリング・リーグのチームに入っていました。
私のアベレージは130位でしたが、同じチームにボウリングのコーチの息子さんがいたので、私達のチームは優勝しました。チーム全てのメンバーにトロフィーを戴きました。
私はそのトロフィーをずっと大切にしていましたが、ある日トロフィーは壊れてしまったので、捨ててしまいました。

トロフィー 4週間前ブログに書いたように、私はインターネットの相撲ゲームの全勝優勝をしました。
私と同じゲームをやっている息子から全勝優勝を記念する素敵なトロフィーを贈ってくれました。
トロフィーの上には力士の人形が立っています。
下には
  「2013年初場所   優勝15-0 KIBOOYAMA」  と書いてあります。

聖書に「トロフィー」と言う言葉は出ません。
しかし、クリスチャンがもらう事のできるトロフィーのような物があります。それは、冠です。
聖書によると、主から冠をもらう事ができるクリスチャンはこんなクリスチャンです。

主の再臨を待ち望んでいるクリスチャン。
第2テモテへの手紙の4:8に使徒パウロは書きました。「今からは、義の栄冠が私のために用意されているだけです。かの日には、正しい審判者である主が、それを私に授けてくださるのです。私だけでなく、主の現われを慕っている者には、だれにでも授けてくださるのです。」

試練に耐えて、主を愛するクリスチャン。
「試練に耐える人は幸いです。耐え抜いて良しと認められた人は、神を愛する者に約束された、いのちの冠を受けるからです。」ヤコブの手紙1:12

死に至るまで忠実であるクリスチャン。
「死に至るまで忠実でありなさい。そうすれば、わたしはあなたにいのちの冠を与えよう。」黙示録2:10b

冠をもらう事ができたクリスチャンはその冠をどうしますか
黙示録4:10によると、「私達は自分の冠を十字架の上で私達のためにいばらの冠を被った主に捧げます。」

主に捧げる冠があるように、主の再臨を待ち望みながら、試練に耐えて、死に至るまで忠実でありましょう。


skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ