undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

水の中のピルケース 

2~3年前に博多の宣教師がアメリカに戻った時、私は数ヶ月間彼の教会を守りました。日本に帰った時、その宣教師は素敵なプレゼントをくれました。
薬を入れるためのピルケースです。ピルケースにはアメリカのサウスダコタ州の山に彫刻されてある4人の大統領の絵がついています。私はそのピルボックスがとても気に入っているので、よく人々に見せます。

ピルケース 先週、娘のメリーと一緒に朝食を食べに行った時、私はピルケースを彼女に見せたいと思っていましたが、残念な事に、それを水が入っているコップの中に落としました。
食事の後に飲む薬が10錠も入っていたので、わたしは直ぐ手をコップの中に入れて、ピルケースを取り出そうとしましたが、縦長のコップだったので、手は下の方まで届きませんでした。
娘の料理が入っていた器はカラッポだったので、私は急いでコップの水をその中に移し、まだコップ中に水が残っていたので、私はそれとピルケースをテーブルの上に出しました。ピルケースを開けた時、薬は水に浮いて、すでに溶け始めていたので、私はその薬と水を早く飲みました。もちろん、私はピルケースを水の中に落とすつもりはなかったが、一瞬の油断で10錠の薬を無駄にするところでした。

聖書のヨハネの福音書5:24によると、クリスチャンの魂は永遠に救われているが、一瞬の油断の故に私達は「証し」を落としてしまうかも知れません。
例えば、ダビデと同じように、一回でも罪の誘惑に負けると、私達の信仰生活の証しは永遠に傷つけられるかも知れません。
(第2サムエル記11章)

ダビデが犯したような大きな罪ではなく、いわゆる小さな嘘など一瞬の怒りの言葉でも私達の証しに大な害を与えるかも知れない。

特に家族や親戚や友達と一緒にいる時、気を付けましょう。彼らをキリストの救いに導く事ができるように、良い証しを保ちましょう。

マタイ26:41にキリストは弟子達に言われました。
「誘惑に陥らないように、目をさまして、祈っていなさい。心は燃えていても、肉体は弱いのです。」

証しが誘惑に陥らないように、いのちのことばをしっかりと握りましょう。(ピリピ人への手紙2:16) 


skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ