undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

警告を無視する危険 

先月、九州合同夏キャンプが大分県の九重青少年の家で行われました。大分教会の牧師御夫妻は私の布団を敷いて下さいました。
先生が毛布を出した時、私は言いました。「毛布はいりません」
先生は答えました。「ここは夜、寒くなりますよ!」
毛布が必要になるほど寒くなる事を信じなかった私は断りました。

警告無視 そして、私は部屋の窓を開けたままにして、体の上に何も掛けないで寝ました。真夜中に、私は先生の警告を無視した事を後悔しました。なぜなら私は震えながら起きたからです。寒かった!私は窓を閉めて、上にシーツと毛布を掛けました。

先生の警告を無視した私は無事でしたが、先週オーストラリアのリゾート地に泊まっていた24歳の男性は無事ではなかったのです。彼はリゾートの近くの川を泳いで渡る事にしました。リゾートの従業員は彼に警告しました。「川にワニがいるから、やめた方がいいですよ!」その警告を無視した彼は大なワニに襲われ死にました。

人間の警告を無視する事が危険な事であれば、聖書に書いてある神様の警告を無視する事はもっと危険な事です。

例えば、まだイエス・キリストを信じていない人はヨハネの福音書3:36に書いてある警告を無視したら大変な事になります。
「御子を信じる者は永遠のいのちを持つが、御子に聞き従わない者は、いのちを見ることがなく、神の怒りがその上にとどまる。」

クリスチャンのための警告もあります。
「主の日は、盗人のようにやって来ます。その日には、天は大きな響きをたてて消えうせ、天の万象は焼けてくずれ去り、地と地のいろいろなわざは焼き尽くされます。愛する人たち。そういうわけですから、このことをあらかじめ知っておいて、よく気をつけ、無節操な者たちの迷いに誘い込まれて自分自身の堅実さを失うことにならないようにしなさい。」Ⅱペテロの手紙3:10、17

たましい や 信仰を危険にさらす事のないように、神様の警告に耳を傾けましょう。


MESSIAH という男の子 

アメリカのテネシー州に住んでいる家族に3番目の男の子が生まれました。彼らはその子に Messiah と言う名前をつけました。
(日本語でメシヤと言います)

その子の両親は子供の苗字について喧嘩しました。
お父さんは子供に自分の苗字をつけたいと思ったが、お母さんは私の苗字の方がいいと言い張ったので、2人はこの問題を裁判所に持って行きました。

Messiah 子供の名前を聞いた時、裁判官はその子の名前をMartinに変えました。
彼女は子供の名前を変更する理由を説明しました。
第1に 「子供が大きくなって、その名前のために悩むからです」

第2に「その家族が住んでいる地方にクリスチャンが多いから、彼等はその名前に不快感を覚えるからです」

第3に、「Messiah はただの名前ではありません。肩書です。Messiah と言う肩書を持つ権利があるのは一人だけです。その名はイエス・キリストです」


英語の辞書で Messiah と言う単語の意味を調べると、3つの定義があります。

①ユダヤ人が待ち望んでいた助け主。 

②キリスト、聖書の新約聖書に Messiah と言う名前は2回出ます。ヨハネの福音書1:41にメシヤ(訳して言えばキリスト)と書いてあります。そして同じ、ヨハネの福音書4:25に(キリストと呼ばれるメシヤ)と書いてあります。

③の定義は「救い主」です。「救い主」と呼ばれる資格を持っている方は一人しかいません。その方は十字架の上で全人類の罪のために死なれたイエス・キリストです。

「私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死んでくださったことにより、神は私たちに対するご自身の愛を明らかにしておられます。」ローマ人への手紙5:8

Messiah という名前の意義を考えると、私達は裁判官の判断は正しい決断であったと考えるべきです。聖書の使徒の働き4:12にイエス・キリストについて、こう書いてあります。
「この方以外には、だれによっても救いはありません。世界中でこの御名のほかには、私たちが救われるべき名としては、どのような名も、人間に与えられていないからです。


THE RAINBOW CHURCH 

北九州聖書バプテスト教会の開拓伝道を始めた頃、私達は三ヶ森電停の近くの古い建物を借りました。
数年経って、その建物を塗り替えようと思っていましたが、予算が足りませんでした。
その時、教会に住んでいる青年は私と相談もせずに、近所の家を周って、使用済みのペンキをもらって来て、教会を塗り替えました。

三ヶ森教会 次の土曜日、教会に寄った私はビックリしました。
教会の前の塀は緑でした。
玄関の屋根は赤でした。
屋根を支えている柱は紫でした。
玄関の床は青でした。
外の壁は黄色でした。


次の日に私は、教会員に知らせました。
「今日から、この教会の名前を THE RAINBOW CHURCH にします」 虹の教会を見た皆さんは教会を塗り替えるための特別献金を喜んで捧げました。

虹の教会を見た教会員はちっとも喜びませんでしたが今、空に現れる虹を見る私達は神様の約束を思い出して喜ぶ事ができます。

創世記9:12~16で神様は言われました。
「わたしとあなたがた、およびあなたがたといっしょにいるすべての生き物との間に、わたしが代々永遠にわたって結ぶ契約のしるしは、これである。わたしは雲の中に、わたしの虹を立てる。それはわたしと地との間の契約のしるしとなる。わたしが地の上に雲を起こすとき、虹が雲の中に現われる。わたしは、わたしとあなたがたとの間、およびすべて肉なる生き物との間の、わたしの契約を思い出すから、大水は、すべての肉なるものを滅ぼす大洪水とは決してならない。虹が雲の中にあるとき、わたしはそれを見て、神と、すべての生き物、地上のすべて肉なるものとの間の永遠の契約を思い出う。

虹は一人でも滅びる事を望まず、全ての人が悔い改める事を望んでおられる神様の忍耐深さを現すものです。(Ⅱペテロ3:9)

虹を通して神様は私達に言ってっておられます。
「私は待っているから、早目に信じなさい。
               いつまでも待ちませんよ!」

今度神様は水ではなくて、火によって世をさばきます。

主の日は、盗人のようにやって来ます。その日には、天は大きな響きをたてて消えうせ、天の万象は焼けてくずれ去り、地と地のいろいろなわざは焼き尽くされます。このように、これらのものはみな、くずれ落ちるものだとすれば、あなたがたは、どれほど聖い生き方をする敬虔な人でなければならないことでしょう。

(Ⅱペテロ3:10~11) 

行方不明の登山者 

警察庁の報告によると、2012年に2,465人の登山者が行方不明になりました。2011年は2,204人でした。
過去の10年間に登山中に行方不明になった人数は50%増えているそうです。その中の75
は40歳以上の人々です。

登山者 行方不明になった2,465人の登山者の中の249人は死にました。
35人は、今だに行方不明です。
927人は負傷しました。1,254人は、無事に助かりました。
登山者が行方不明になった理由ですが、42
は道に迷いました。
15
は高い所から落ちました。
14
は足を滑らせて転倒しました。
は病気になりました。
は疲れきってしまいました。

登山者が行方不明になる理由を読んだ時、私は「クリスチャンが教会に来なくなるのは、行方不明になる理由に似ている」と思いました。

歩むべき道に迷うクリスチャンがいます。何故でしょうか。
日々聖書を読まないからです。
詩篇119:105「あなたのみことばは、私の足のともしび、私の道の光です」と書いてあります。

高い所から倒れるクリスチャンがいます。何故でしょうか。
高慢になるからです。
箴言16:18「高ぶりは破滅に先立ち、心の高慢は倒れに先立つ」と書いてあります。

足を滑らせて転ぶクリスチャンがいます。何故でしょうか。
心に神の教えがないからです。
詩篇37:30-31によると「正しい者の心に神の御教えがあるから、彼の歩みはよろけませ

霊的に病気になるクリスチャンがいます。何故でしょうか。
詩篇41:4
によると「私達が神様に対して罪を犯すので、魂は病気になります

疲れきっているクリスチャンがいます。何故でしょうか。
主を待ち望まないからです。
イザヤ40:31「主を待ち望む者は新しく力を得、鷲のように翼をかって上ることができる。走ってもたゆまず、歩いても疲れない」と書いてあります。

行方不明のクリスチャンにならない様に気を付けましょう。


穴の開いた風船 

先日、教会の人と一緒にソフトバンク・ホークスの試合を見に行った時、私は風船を2本持って行きました。その風船は、2年程前に買った物で、ずっと引出しに入れっぱなしでした。

風船 7回の表に私は、その風船を出して、1本を彼にあげました。一生懸命それをふくらませようとしたけど、だめでした。
彼は、風船をよく調べてから私に言いました。
「この風船には穴が開いていてやぶれていますよ!」
彼に謝って、私は自分の風船をふくらませようとしたけど、私のもだめでした。よく見ると、私の風船にも穴が開いていました。

やはり、穴が開いている風船は役に立ちません。
穴が開いていると、役に立たない物は他にもあります。
例えば、コップ、バケツ、ボート等があります。

もう一つは聖書です。
もし聖書に穴が一つでもあったら、私たちは聖書全体に信頼する事が出来なくなります。
「穴」とは、過ちや矛盾の事です。
小倉教会は、聖書には過ちも矛盾も一つもない神様の完全な言葉であると信じています。

次の箇所に書いてある通です。
「主のみことばは混じりけのないことば。土の炉で七回もためされて、純化された銀」詩篇12:6

「主のみことばは純粋」詩篇18:30

「神のことばは、すべて純粋」箴言30:5

もし、聖書に過ちや矛盾の様な「穴」が一つでもあったら、聖書は穴が開いた風船と同じ用な物です。 無益な物です。
しかし、神様は私達に完全な言葉を与えて下さいました。

「聖書はすべて、神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益です。それは、神の人が、すべての良い働きのためにふさわしい十分に整えられた者となるためです。」

Ⅱテモテ3:16~17 


skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ