undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

収穫の法則 

今年もハズレでした。私に届いた年賀状は一枚も当選番号に当たっていませんでした。
毎年同じです。私は45年、日本に住んでいるが、 年賀状が当たったのは1回だけです。
その時、一等や二等ではなく三等のお年玉切手シートでした。

年賀状 今まで私に届いた年賀状は1回だけ抽選番号に当った理由は簡単です。私は年賀状を出さないから、届く年賀状が少ない。今年は8枚だけでした。8枚の年賀状をもらった人が当選番号に当たる確率はかなり低いでしょう。
年賀状を出さない人は、ほとんど年賀状がとどかない事を説明する法則があります。

収穫の法則です。
この法則を聖書の言葉で説明する事ができます。
「人は種を蒔けば、その刈り取りもすることになります。」
ガラテヤ人への手紙6:7

また、Ⅱコリント人への手紙9:6
「少しだけ蒔く者は、少しだけ刈り取り、豊かに蒔く者は、豊かに刈り取ります。」と書いてあります。
この法則を年賀状の事に当てはめると「少しだけ年賀状を送る人は、少しだけもらいます」となります。
この法則を私達の生き方にも当てはめる事ができます。

例えば、箴言22:8
「不正を蒔く者はわざわいを刈り取る」と書いてあります。
もし人が、怒り ・ 不親切 ・ 悪意、偽り ・ 争い ・ 妬みなどのような種を蒔くなら同じ物を刈り取ります。人が蒔く種が良い種であれば同じです。
愛 ・ 平和 ・ 寛容 ・ 親切 ・ 善意などのような種を蒔く人はそれを刈り取ります。自分の霊を無視して、自分の肉だけのために種を蒔く人も同じです。

「自分の肉のために蒔く者は、肉から滅びを刈り取り、御霊のために蒔く者は、御霊から永遠のいのちを刈り取るのです。」
ガラテヤ人への手紙6:8

収穫の法則は伝道する者に大きな希望を与えます。
なぜなら、詩篇126:5-6
「涙とともに種を蒔く者は、喜び叫びながら刈り取ろう。種入れをかかえ、泣きながら出て行く者は、束をかかえ、喜び叫びながら帰って来る」と書いてあるからです。

年賀状でも、 また人生や伝道であっても、  良い種を蒔いて、収穫の法則を試してみましょう。


skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ