undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

一握りのキャンディ 

アフリカでは、街でイタズラをする猿を捕まえる面白い方法があります。
彼らは、まず口の狭い瓶を木に繋いで、そして瓶の中に猿の好きなナッツや果物などを入れます。猿は手を瓶の中に入れて一握りのナッツを掴みます。
しかし、猿はナッツを掴んでいる手を瓶から引き抜く事ができません。猿はどうしても食べたいナッツを離さないので、猿は街の人々に簡単に捕獲されます。

monkey trap 先日私は、その猿になりました。
日曜学校の生徒達は面白いゲームをしました。
彼らは、キャンディが沢山入っている瓶に手を入れて、一握りのキャンディを掴みました。
それを見た私もやって見ました。手が小さい子供達は簡単に手を瓶から引き抜く事ができましたが、私は一握りのキャンディを持っている限り自分の大きな手を引き抜く事ができませんでした。

聖書によると、ナッツの罠にかかった猿とキャンディの罠にかかった私と同じように人々は色々な罠にかかります。
例えば、箴言29:25によると「人を恐れるとわなにかかる。」

詩篇106:36
によると、
イスラエル人が真の神様から離れて、偶像に支えるようになった時、その偶像は彼等にとって罠でありました。

もちろん、人間の罪は罠になります
「悪人はそむきの罪を犯して自分のわなをかける。」
箴言29:6

ルカの福音書21:34に私達は「放蕩や深酒やこの世の煩い」罠に気を付けるように警告されています。富を欲しがる事も罠になるかも知れません。

Ⅰテモテへの手紙6:9-10

「金持ちになりたがる人たちは、誘惑とわなと、また人を滅びと破滅に投げ入れる、愚かで、有害な多くの欲とに陥ります。金銭を愛することが、あらゆる悪の根だからです。ある人たちは、金を追い求めたために、信仰から迷い出て、非常な苦痛をもって自分を刺し通しました。」と書いてあります。

今このような罠にかかりそうな人にお勧めします。
その罠となっている物を手放して、神様に立ち返って下さい。


skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ