undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

受取人の名が書いてなかった手紙 

玄関のベルが鳴った時、私は玄関に行ってドアを開けました。
郵便配達人でした。手に手紙を持っている彼は言いました。
「この手紙の住所はあなたの住所ですが、受取人の名前が書いてありません。この手紙はあなたの手紙ですか?」私は手紙を受け取り、送り主の名前を見ました。
私の生まれ故郷の街に住んでいる友達の名前でした。
私は「はい、私の手紙です」と答えました。

宛名のない手紙 あなたは受取人の名前が書いてない手紙を受けた事がありますか。

実は、すべての人々に受取人の名前が書いてない手紙が送られました。その手紙は神様からの手紙です。「聖書」と呼ばれている手紙です。

なぜ、聖書は受取人の名前が書いてない手紙でしょうか。
聖書は神様が全ての人々に贈って下さった手紙だからです。

聖書によると「神は、すべての人が救われて、真理を知るようになるのを望んでおられます。」Ⅰテモテへの手紙2:4

また、Ⅱペテロの手紙3:9「主は、あなたがたに対して忍耐深くあられるのであって、ひとりでも滅びることを望んでおられません。」と書いてあります。

神様の手紙の中にある最も有名な言葉は、ヨハネの福音書3:16に書いてあります。「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。」

「神は世を愛された。」
神様は世にいる全ての人々を愛されたという意味です。私達に御自分の愛を教えるために、神様はひとり一人に手紙を贈って下さいました。

私達は、「聖書は神様が私に贈って下さった手紙です」 とわかる時に、私達にとって聖書はなくてならない貴重な本となります。


skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ