undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

コンサートマスター 

私は72歳なのに、今まで一度もシンフォニー・オーケストラのコンサート等に行った事がありませんでした。

教会の姉妹が北九州シンフォニー・オーケストラの一員なので、私は数人の教会員と一緒に北九州交響楽団の演奏会に行きました。
ライブでシュトラウスとハイドンとベートーヴェンの素晴らしい曲を聴く事ができた私は大変感動しました。

Symphonyこのコンサートのために、北九州に来たフランス人のトランペット奏者は本当に素晴らしかった。

 第一バイオリン奏者の中で最も上手なバイオリニストはコンサートマスターと呼ばれています。
他の奏者が入場した後、彼女は一人で入場しました。
私にとって次に起こった事はすごく興味を示しました。
彼女は自分のバイオリンで最初の音符を弾きました。そして他の奏者は自分の楽器を彼女のバイオリンの音に合わせました。

私は教会が楽団に似ていると思います。
教会の皆さんが自分の賜物を他の兄弟姉妹と合わせると、神様に喜ばれる教会を建て上げる事ができます。
そして、楽団と同じように教会にもコンサートマスターが必要です。

教会のコンサートマスターは誰でしょうか。牧師でしょうか。
もっとも熱心な教会員でしょうか。
最も才能のある教会員でしょうか。違います。
やはり、教会のコンサートマスターはイエス様です。

「キリストによって、からだ全体は、一つ一つの部分が
その力量にふさわしく働く力により、また、備えられた
あらゆる結び目によって、しっかりと組み合わされ、
結び合わされ、成長して、愛のうちに建てられるのです。」

エペソ人への手紙4:16

教会員がみんな、自分の心がまえをキリストの心がまえに合わせる時、教会は祝福されます。

「何事でも自己中心や虚栄からすることなく、へりくだって、
互いに人を自分よりもすぐれた者と思いなさい。
自分のことだけではなく、他の人のことも顧みなさい。
あなたがたの間では、そのような心構えでいなさい。
それはキリスト・イエスのうちにも見られるものです。」

ピリピ人への手紙2:3-5


skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ