undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

STAR WARS 

    Star Wars
最近、話題の“Star Wars”を見に行きましたか? 
私は
“Star Wars”の様な映画にあまり興味がありません。
まだ1作目の
“Star Wars”も見た事がありません。
しかし、世界で
“Star Wars”のファンは沢山います。
今まで映画の売上(興行成績)の記録は“Jurassic World”(¥52,500,000,000)でした。今回の
“Star Wars”¥52,900,000,000でした。

もちろん
“Star Wars”は作り話です。
しかし、作り話ではない
“Star Wars”があります。
聖書のイザヤ書14:12~14に本当の
“Star Wars”の起源を説明する神様の言葉があります。
「暁の子、明けの明星よ。どうしてあなたは天から落ちたのか。国々を打ち破った者よ。どうしてあなたは地に切り倒されたのか。 あなたは心の中で言った。『私は天に上ろう。神の星々のはるか上に私の王座を上げ、北の果てにある会合の山にすわろう。 密雲の頂に上り、いと高き方のようになろう。』」

御使いの頭が神様に反逆して、神になろうとした時に本当の
“Star Wars”が始まりました。
神様と悪魔、善と悪との戦いです。
私は
“Star Wars”を見た事がないので、誰が勝利するかは分かりません。
しかし、私は誰が本当の
“Star Wars”に勝利するかが分かります。
なぜなら、それは聖書に書いてあるからです。
「さて、天に戦いが起こって、ミカエルと彼の使いたちは、竜と戦った。それで、竜とその使いたちは応戦したが、勝つことができず、天にはもはや彼らのいる場所がなくなった。 こうして、この巨大な竜、すなわち、悪魔とか、サタンとか呼ばれて、全世界を惑わす、あの古い蛇は投げ落とされた。彼は地上に投げ落とされ、彼の使いどもも彼とともに投げ落とされた。」黙示録 12:7~9

クリスチャンの皆さん今世界で起こっている事を見聞きする時、悪魔が勝利すると思う時があるかも知れませんが、安心して下さい。聖書によると、本当の“Star Wars”に勝利する者はキリストとキリストに従う人達です。(黙示録19:11~21)


                               


STAR WARS  

Have you gone to see
Star Wars ?
I am not very interested in movies like
Star Wars, so I have not seen the first Star Wars yet. But there are many fans of Star Wars. Until now the record for first-weekend sales of a movie was Jurassic World. (¥52,500,000,000) The new Star Wars was ¥52,900,000,000.

Of course,
Star Wars is fiction. However, there are Star Wars that are not fiction. In Isaiah 14:12-14 in the Bible there are the words of God that explain the beginning of the real Star Wars.
"How you are fallen from heaven, O Lucifer, son of the morning! How you are cut down to the ground, you who weakened the nations! For you have said in your heart: 'I will ascend into heaven, I will exalt my throne above the stars of God; I will also sit on the mount of the congregation on the farthest sides of the north; I will ascend above the heights of the clouds, I will be like the Most High.'”


I have not seen Star Wars, so I do not know who wins. However, because it is written in the Bible, I know who wins the real
Star Wars.
And war broke out in heaven: Michael and his angels fought with the dragon; and the dragon and his angels fought, but they did not prevail, nor was a place found for them in heaven any longer. So the great dragon was cast out, that serpent of old, called the Devil and Satan, who deceives the whole world; he was cast to the earth, and his angels were cast out with him.

Christians, when we see and hear about the events taking place in the world, there may be times when we think that the devil will win, but please rest assured. According to the Bible, the victors in the real Star Wars will be Christ and those who follow Him.
(Revelation 19:11-21)


O HOLY NIGHT 

    

私は、買物をするのが嫌いです。妻が、まだ生きていた頃は、彼女が買物をしている間に、私は普通、車の中で寝ていました。時々妻を店に送ってから、私は家に帰って「買物が終わった」と言う連絡を待って、そして妻を迎えに行きました。
しかし12月は、買物が楽しくなります。なぜなら、買物をしながら、私はクリスマスの歌と音楽を聞く事が出来るからです。今朝、 買物に行った時
“O Holy Night” と言うクリスマスソングのBGMが店の中で流れていました。

“O Holy Night” の歌詞を1847年にプラシド・カポーという人によって書かれました。彼は、それをアドルフ・シャルル・アダンと言う友達に作曲してもらいました。

クリスマス・イブの集会で初めて
“O Holy Night” を聞いた教会員はとても喜びました。しかし教会の指導者達がその歌の作者は「クリスチャンではない」と言う理由で、その歌を禁止ましたが“O Holy Night” の人気は徐々にいろんな国々にも広まりました。

1906年のクリスマス・イブにトーマス・エジソンの友達レジナルド・フェッセンデンは、マイクロホンと電信の実験を行ないました。彼は、ルカの福音書2章を読みました。世界のいろんな所で多くの無線のオペレーターは突然機械から出る声を聞きました。
ラジオで放送された始めての声はキリストの誕生の事を聖書から読んでいたフェッセンデンさんの声でした。聖書を読み終わると次に、フェッセンデンさんはヴァイオリンで楽曲を演奏しました。その曲は
“O Holy Night” でした。ラジオで放送された最初の歌は“O Holy Night” でした。

 ♬O Holy Night(さやかに星はきらめき)

 さやかに星はきらめき 御子(みこ)イェス生まれ給う
 長くも闇路(やみじ)をたどり メシヤを待てる民に
 新しき朝は来たり さかえある日は昇る
 いざ聞け 御使(みつか)い歌う
 妙(たえ)なる天(あま)つ御歌(みうた)を
 めでたし 清し今宵(こよい)


                    

O HOLY NIGHT  


I hate shopping. When my wife went shopping, I would usually sleep in the car. Sometimes I would take her to the store and then return home and wait for her to call me to tell me that her shopping was finished, and then I would go to pick her up.
However, I enjoy shopping in December. It’s because I can listen to Christmas songs and music while I am shopping. This morning (Monday) when I went shopping, the music of the Christmas Song “O Holy Night” was playing in the store.

The lyrics of
“O Holy Night” was written in 1847 by a Frenchman named Olacide Cappeau. He asked a friend of his, Adolphe Charles Adams, to write the music. The church members rejoiced when they heard the song for the first time at a Christmas Eve service, but when the church leaders heard that the composer of the music was not a Christian, they banned the song; however, the popularity of the song spread to other countries.

On Christmas Eve in 1906 Reginald Fessenden, a friend of Thomas Edison, performed an experiment with a microphone and a telegraph. He read chapter 2 of the Gospel of Luke. Around the world wireless operators suddenly heard a man’s voice coming out of their machines. The first voice ever broadcast on the radio was the voice of Reginald Fessenden reading the story of the birth of Christ.
Then Fessenden played a tune on his violin. It was
“O Holy Night”. The first song ever broadcast over the radio was “O Holy Night”.

 “O Holy Night”  
The stars are brightly shining
It is the night of the dear Savior's birth!
Long lay the world in sin and error pining
Till he appear'd and the soul felt its worth.
A thrill of hope the weary soul rejoices
For yonder breaks a new and glorious morn!

危険な道と安全な道 

    危険な道
私の家の近くの道は、狭くてカーブの多い道です。
2台の車がぎりぎりに通る事が出来ますが、電柱がある所では1台しか通れません。
歩道があるのに、車道を歩く人が増えてきました。最近私は、車道を歩いている小学生とお年寄りをよく見かけます。
道を歩いている人と2台の車が同じ場所で離合する場合、とても危険な状態です。
安全な歩道がありながら、人々が危険な車道を歩く事は、私にとって理解出来ない事です。

同じように、人生にも危険な道と安全な道があります。まず、悪者の道は危険な道です。

「まことに、主は、正しい者の道を知っておられる。
 しかし、悪者の道は滅びうせる。」詩篇1:6

「悪者の道は暗やみのようだ。
 彼らは何につまずくかを知らない。」
箴言4:19


また、神様を忘れる人の道は危険な道です。
「パピルスは沼地でなくても育つだろうか。葦は水がなくても伸びるだろうか。これは、まだ若芽のときには刈られないのに、ほかの草に先立って枯れる。すべて神を忘れる者の道はこのようだ。」ヨブ記8:11~13

そして、自分の道の終わりを考えない人の道は危険な道です。
「人の目にはまっすぐに見える道がある。その道の終わりは死の道である。」箴言14:12

安全な道もあります。まず、キリストに従う人の道は安全な道です。キリストは言われました。
「わたしは、世の光です。わたしに従う者は、決してやみの中を歩むことがなく、いのちの光を持つのです。」
ヨハネの福音書8:12


また、キリストを信じる人の道は安全な道です。
ヨハネの福音書14:6で、
キリストは、この有名な言葉を言われました。
「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。」
ヨハネの福音書14:6

ぜひ、家の近くの車道を歩人のようにならないで下さい。今自分が歩んでいる道話安全な道であるか、危険な道であるか、またその道は天国まで行ける道であるかよく考えて下さい。


                                 


Dangerous Roads and Safe Roads 

The road near my home is narrow and there are many curves. There is just enough room for two cars to pass, but at places where there is a telephone pole in the road, only one car can pass. Although there is a sidewalk, the number of people who walk in the road has increased. Lately I have seen elementary school children and elderly people walking in the road. When two cars meet at a place where a person is walking, it’s a dangerous situation. I can’t understand why people walk on a dangerous road when there’s a safe sidewalk.

In life too there are dangerous roads and safe roads. First of all, the road of the ungodly is a dangerous road.
For the Lord knows the way of the righteous, but the way of the ungodly shall perish.
(Psalm 1:6)

The way of the wicked is like darkness; they do not know what makes them stumble.

(Proverbs 4:19)


Also, the road of the person who forgets God is a dangerous road. Can the papyrus grow up without a marsh?
Can the reeds flourish without water? While it is yet green and not cut down, it withers before any other plant. So are the paths of all who forget God. (Job 8:11-13a)

Also, the people who do not consider the end of their road are walking a dangerous road.
There is a way that seems right to a man, but its end is the way of death.
(Proverbs 14:12)


There are safe roads too. First of all, the road of the person who follows Christ is a safe road. Jesus said,
I am the light of the world. He who follows Me shall not walk in darkness, but have the light of life. (John 8:12)

Also, the road of the person who believes in Christ is a safe road. In John 14:6 Christ spoke these famous words,
I am the way, the truth, and the life. No one comes to the Father except through Me.

Please don’t be like the people who walk in the road near my home. Please consider whether or not the road you are walking now is a dangerous road or a safe road and whether or not it is a road that goes to heaven.


¥1,000のジャケット 

    ¥1,000ジャケット
家の近くに大きいサイズの服を売っている店があるので、私はその店にジャケットを買いに行き、 気に入ったジャケットが2着ありました。2着を着てみて、私は1着を選びました。その時、店の人が言いました。
「ちょうど今、セール中なので、1着ジャケットを買うと、もう1着は¥1,000で買う事ができますよ!」この事を聞いた私は、嬉しくなって、もう1着を¥1,000でジャケットを買う事が出来ました。

人がイエス・キリストを自分の個人的な救い主として信じる時、同じ様な事が起こります。もちろん、その人は自分の罪の罰から救われます。

聖書に「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたは救われます。」(使徒の働き16:31)と書いてあります。
イエス・キリストを信じる人の罪は全部赦されます。
しかし、キリストを信じる祝福は罪の赦しだけではありません。

キリストを信じる人は、平安も受入れます。
キリストは言われました。
「わたしは、あなたがたに平安を残します。わたしは、あなたがたにわたしの平安を与えます。わたしがあなたがたに与えるのは、世が与えるのとは違います。あなたがたは心を騒がしてはなりません。恐れてはなりません。」
ヨハネの福音書14:27

キリストを信じる人は積極的に生きる力も受入れます。
聖書のピリピ人への手紙4:13
「私は、私を強くしてくださる方(キリスト)によって、どんなことでもできるのです。」と書いてあります。

キリストを信じる人は、神様の子供になる特権も受入れます。
ヨハネの福音書1:12によると、キリストを信じる人は私にとって、もう1着のジャケットを¥1,000だけで買う事は、とても良いバーゲンでした。

しかし、キリストを信じる信仰によって罪の赦しも、平安も積極的に生きる力も、神様の子供になる特権も、無料で受け入れる事は最高のバーゲンではありませんか。



                           


The ¥1,000 Jacket   

Near my home there is a store that sells large-size clothing, so I went there to buy a jacket. There were two jackets that I liked. After trying on both of them, I chose one of the jackets. Then the sales clerk said to me, “We’re having a sale right now. If you buy a jacket, you can buy one more jacket for only ¥1,000.” When I heard this, I became very happy and bought one more jacket for only ¥1,000.

When a person believes in Jesus Christ as his personal Savior, the same kind of thing happens. Of course, that person is saved from the penalty of sin. In the Bible it is written,
Believe on the Lord Jesus Christ and you will be saved. (Acts 16:31)
All of the sins of the person who believes in Christ will be forgiven. But that’s not all.

The person who believes in Christ receives peace too. Christ said, Peace I leave with you, My peace I give to you; not as the world gives do I give to you. Let not your heart be troubled, neither let it be afraid. (John 14:27)

The person who believes in Christ also receives the power to live a positive life. In Philippians 4:13 it is written, I can do all things through Christ who strengthens me.

The person who believes in Christ also receives the privilege of being a child of God too. According to John 1:12, But as many as received Him, to them He gave the right to become children of God, to those who believe in His name:

To me, being able to buy another jacket for only ¥1,000 was a very good bargain. However, isn’t freely receiving forgiveness of sin and peace and the power to live a positive life and the privilege of becoming a child of God through faith in Jesus Christ the greatest bargain of all?


skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ