undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

濡 れ 衣 

私は、英会話のクラスに来ている婦人から面白い話を聞きました。
昔、一人の将軍は奥さんととても美しい娘と一緒に住んでいました。
ある時、奥さんは死にました。後に将軍は再婚しました。
しかし、将軍の娘はあんまりにも美しい女性だったので、継母が先妻の娘の美しさを妬んでいました。
ある晩、娘が寝ている時に、将軍の奥さんは彼女の部屋に入って枕元に濡れている漁師の衣を置きました。
翌朝その衣を見つけた時、漁師との関係を誤解した父が怒って娘を殺してしまった。

この話から「濡れ衣を着せる」という表現が出てきました。
無罪な人を有罪にすると言う意味です。
この話を聞いた時、私はすぐにイエス・キリストの事を思い出しました。

聖書によると「キリストは一度も罪を犯しませんでした」
ヘブル人への手紙4:15

ローマの政府がキリストの裁判を開いた時、ピラト総督はキリストの取り調べを行ないました。
彼の判決はルカの福音書23章に3回も書いてあります。

「この人には何の罪も見つからない。」
ルカの福音書23:4


「私があなたがたの前で取り調べたところ、あなたがたが訴えているような罪は別に何も見つかりません。」
ルカの福音書23:14

「あの人がどんな悪いことをしたというのか。あの人には、死に当たる罪は、何も見つかりません。」

ルカの福音書23:22


そうです。キリストには何の罪もありませんでした。
彼らはキリストに「濡れ衣を着せました」聖書によると、キリストが十字架の上で死なれたのは自分自身の罪のためではなくて、私達の罪のためでした。

「自分から十字架の上で、私たちの罪をその身に負われました。それは、私たちが罪を離れ、義のために生きるためです。キリストの打ち傷のゆえに、あなたがたは、いやされたのです。」Ⅰペテロの手紙2:24

    濡れ衣

NUREGINU (Wet Clothes)

I heard an interesting story from a lady who comes to my English class. There was a war lord who lived with his wife and extremely beautiful daughter. One day, the wife died. Later, the war lord remarried. However, because the daughter was so beautiful, the war lord’s new wife hated her.

One night, when her stepdaughter was sleeping, the stepmother crept into the room and laid the wet clothes of a fisherman near her stepdaughter’s bed. When the war lord found the wet clothes the next morning, he mistakenly thought his daughter was having an affair with the fisherman. He became angry and killed her.

Out of this story came the expression “nureginu o kiseru” which literally means “to put wet clothes on someone.” The real meaning of the word as it is used today is “to accuse someone falsely.”

When I heard this story, I immediately remembered the story of Jesus Christ. According to the Bible, He did not commit even one sin.
(Hebrews 4:15)
When the Roman government held the trial of Christ, a governor named Pilate conducted the investigation. His verdict is written three times in chapter 23 of Luke’s Gospel.

I find no fault in this man. (Verse 4)
And indeed, having examined Him in your presence, I have found no fault in this Man concerning those things of which you accuse Him. (Verse 14)
I have found no reason for death in Him.
(Verse 22)


It is true. Christ was sinless. They “put wet clothes on Christ.” When He died on the cross, He died not for His own sins but for our sins.
Who Himself bore our sins in His own body on the tree, that we, having died to sins, might live for righteousness--by whose stripes you were healed.
(First Peter 2:24)



ボード先生! ボード先生! ボード先生! 

先週の九州合同キャンプで、とても恥ずかしい経験をしました。
ある事について考え込みながら私は御手洗に入りました。
すると「ボード先生! ボード先生! ボード先生!」と叫んでいる数人の声が聞こえました。私はビックリして周りを見渡しました。
なんと女子の御手洗に入っていました! 恥ずかしい思いをしながら急いで出て行きました。幸いにも、その時、女子の御手洗には誰も入っていませんでした。しかし、もし私がそこにいる間、女性が入って来たら、もっと恥ずかしい思いをした事でしょう。
私は警告してくださった皆さんに感謝しています。

時々、教会の牧師は、同じような事をしなければなりません。
正しい道から離れて行こうとしている兄弟を牧師は「兄弟! 兄弟! 兄弟!」あなたが入ろうとしている道は危ない道ですよ。早くその道から出なさい」と叫ばなければなりません。
牧師は、使徒パウロの模範に従うべきです。

使徒の働き20:31でパウロは言いました。
「私が三年の間、夜も昼も、涙とともにあなたがたひとりひとりを訓戒し続けて来た。」

クリスチャンにもこの責任があります。パウロはテサロニケの信者達にこの言葉を送りました。
「兄弟たち。あなたがたに勧告します。気ままな者を戒めなさい。」Ⅰテサロニケ5:14
英語の聖書には「気ままな者を警告しなさい。」
と書いてあります。

もし、誘惑の道を歩んでいる姉妹を見たら「姉妹! 姉妹! 姉妹!」あなたが歩んでいる道は危険な道ですよ。早くその道から出なさい」と叫びましょう。
場合によって、私たちは警告する者ではなくて警告される者になるかもしれません。

その時、箴言10:17を思い出しましょう。
「訓戒を大事にする者はいのちへの道にあり、叱責を捨てる者は迷い出る。」

    toilet

“PASTOR BOARD! PASTOR BOARD! PASTOR BOARD!”

While I was at the Kyushu Camp last week, I had an embarrassing experience. Deep in thought about something, I entered the bathroom. As I did, I heard the voices of several people shouting, “Pastor Board! Pastor Board! Pastor Board!” I was startled and looked around. I was in the ladies’ bathroom! Embarrassed, I left there quickly.

Fortunately, there was no one in the ladies’ bathroom. However, if a lady had entered while I was there, it would have been an even more embarrassing incident. I am thankful to those who warned me.

Occasionally, the church pastor must do the same kind of thing. When he sees a Christian who is about to stray from the right path, he must shout, “Brother! Brother! Brother! The path you are about to enter is a dangerous path. Hurry and get off that path.”

A pastor should follow the example of the Apostle Paul. In Acts 20:31, Paul said, Watch, and remember that by the space of three years I ceased not to warn every one night and day with tears.

Christians have this responsibility too. Paul wrote these words to the believers in Thessalonica. Now, we exhort you, brethren, warn them that are unruly.
If we see a sister walking the road of temptation, let’s shout, “Sister” Sister! Sister! The road you are walking is a dangerous road. Hurry and get off that road.”

There may be times when, instead of being the person who warns, we are the person who is warned. If so, let’s remember
Proverbs 10:17.
He is in the way of life that keepeth instruction: but he that refuseth reproof erreth.


井 戸 

小倉教会の新会堂の建設が始まります。
しかし、その前に「起工式」を行なわければなりません。
「この式は普通「地鎮祭」と呼ばれています。地鎮祭はその土地の神(氏神)を鎮める儀式で、神式と仏式があります。クリスチャンの場合、起工式と言います」 地鎮祭の目的はその土地を清める事です。
起工式の目的は建物を建てる働き人の安全を祈る事です。

小倉教会の土地に井戸が残っています。
日本人にとって、起工式は非情に大切です。なぜなら、井戸に水の神様(水神様)が住んでいると言う迷信があるからです。もちろん、クリスチャンは真の神様は一人しかおられないとわかっていますが、多くの働き人の不安を取り除くのために、牧師は起工式を行って、土地と井戸にある霊を追い払う清めのお祈りをします。
日本の迷信と違って、聖書に出る井戸は恐ろしいものではなくて、喜ばしいものです。

ある時、旅の途中でキリストは疲れて、井戸の傍らに腰を下しました。ちょうどその時、一人の女が水を汲みに来ました。キリストは彼女に言われました。
「この水を飲む者はだれでも、また渇きます。 しかし、わたしが与える水を飲む者はだれでも、決して渇くことがありません。わたしが与える水は、その人のうちで泉となり、永遠のいのちへの水がわき出ます。」ヨハネの福音書4:13-14
英語の聖書には「その人のうちで井戸となり」と書いてあります。(ヨハネの福音書4:6-14)
私達がキリストを信じる時、神様は私達の心に生ける水が湧き出る井戸を入れて下さいます。

「いのちの泉」
という賛美があります。
つみとはじのこの世には、こころみたすものなし
いのちのみずあふれるいずみ、主の十字架に来たれよ!
(繰り返し)
いのちのみずを飲めよ、喜びにこころおどる
いけるいのちのみずは、おおすばらしくゆたかよ!


    井戸

THE WELL  

Construction on the Kokura church’s new auditorium will begin this week. But first we have to conduct a ceremony called a kikooshiki. (Usually this ceremony is called a jichinsai, but jichinsai is a Shinto ceremony, so Christians call it a kikooshiki. The purpose of a jichinsai is to purify the ground. The purpose of a kikooshiki (beginning of construction ceremony) is to pray for the safety of the workers who will build the building.

There is a well on the Kokura church property, so to the Japanese, the kikoushiki is very important because there is a superstition that the god of water (called suijinsama) lives in the well. Of course, Christians believe that there is only one true God, but for the peace of mind of the carpenters and the workers, the pastor will conduct a kikooshiki and pray a prayer to drive away all the spirits in the well and property.

Different from the well in Japan superstitions, wells that appear in the Bible are not fearsome things but joyful things. One time, Christ became weary during a journey and sat on the side of a well. Just at that time, a woman came to the well to draw water. Christ said to her,
Whosoever drinketh of this water shall thirst again: But whosoever drinketh of the water that I shall give him shall never thirst; but the water that I shall give him shall be in him a well of water springing up into everlasting life.

When we believe in Christ, God puts a well of living water into our heart.

There is a song entitled “Springs of Living Water.”
I thirsted in the barren land of sin and shame,
And nothing satisfying there I found;
But to the blessed cross of Christ one day I came,
Where springs of living water did abound.
Chorus
Drinking at the springs of living water,
Happy now am I, my soul they satisfy;
Drinking at the springs of living water,
O wonderful and bountiful supply.

長生きする方法 

最近 (Health Affairs) と言うジャーナルに発表された研究の結果によると、3つの事をしない人達は普通の人々より長く生きるそうです。
まず、彼等は、アルコール類を飲みません。
第2に、彼等はタバコを吸いません。
第3に、彼等は太りません。
この3つの事をしない男性はこれらの事をする男性より11年長く生きるそうです。
この3つの事をしない女性はこれらの事をする女性より12年長生きするそうです。
私たちは、聖書にも長生きする方法を見つける事ができます。

1.父と母を敬う事。 有名な十戒に書いてあります。
「あなたの父と母を敬え。あなたの神、主が与えようとしておられる地で、あなたの齢が長くなるためである。」
出エジプト記20:12


2.不正な利得を憎む事。
「不正な利得を憎む者は、長生きをする。」箴言28:16b
(英語の聖書には、むさぼりを憎む者とかいてあります)

3.神様の道を歩む事。
「あなたがたの神、主が命じられたすべての道を歩まなければならない。あなたがたが生き、しあわせになり、あなたがたが所有する地で、長く生きるためである。」
申命記 5:33

4.主を恐れて主の全ての掟と命令を守る事です。
「それは、あなたの一生の間、あなたも、そしてあなたの子も孫も、あなたの神、主を恐れて、私の命じるすべての主のおきてと命令を守るため、またあなたが長く生きることのできるためである。」申命記6:2

5.神様を愛する事。詩篇91:14-16で神様はおっしゃいました。
「彼がわたしを愛しているから、わたしは、彼を長いいのちで満ち足らせる。」

    長生き

HOW TO LIVE A LONG LIFE 

According to the results of research published in the journal Health Affairs, people who do not do three things live longer than the average person. First, they do not drink much alcohol. Second, they do not smoke. Third, they do not become obese. Men who do not do these three things live 11 years longer than men who do. Women who do not do these things live 12 years longer than women who do.

In the Bible too we can find methods of living longer.

1-Honor your father and mother. It is written in the famous Ten Commandments.
  Honor your father and your mother, that your days may be long. (Exodus 20:12)

2-Hate coveteousness.
  He who hates covetousness will prolong his days.
(Proverbs 28:16)


3-Walk in the ways of God.
  You shall walk in all the ways which the Lord your God has commanded you, that you may live and that it may be well with you, and that you may prolong your days. (Deuteronomy 5:33)

4-Fear the Lord and keep all of His statutes and commandments.
 That you may fear the Lord your God, to keep all His statutes and His commandments which I command you, all the days of your life, and that your days may be prolonged. (Deuteronomy 6:2)

5-Love the Lord. In Psalm 91:14 and 16 God said,
  Because he has set his love upon Me, with long life I will satisfy him.


skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ