undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

OKです! 

このメッセージは、クリスティ先生の許可を得て書きました。

私はクリスティ先生を飯塚市の自動車試験場に4回連れて行きました。4回とも彼女は自動車運転免許の実地試験に落ちました。1回目落ちた時、彼女は泣きました。2回・3回・4回目は泣く事はなかったけど、とても落ち込んで帰りました。
5回目の試験が終わった時、試験官は彼女に「自動車から降りてください」と言いました。「また落ちたか!」と思ったが、試験官は「OKです!」と言いました。その瞬間に彼女はその時までの涙と挫折を忘れて、彼女の顔は喜びで満ち溢れていました。

この光景を見た時、私はマタイの福音書25章に書いてあるキリストの例え話を思い出しました。
一人の主人は三人のしもべ達にお金を渡して、旅に出て行きました。その内の二人は主人のお金を増やす事ができたので、彼等に言いました。
「よくやった。良い忠実なしもべだ」

同じように、ひとり一人のクリスチャンは主から受けた賜物を持って主に栄光を与える事と主に喜ばれる生き方を望んでいます。しかし、うまくいかない時があります。落ち込む時があります。泣く時もあります。

しかし、私たちが力を尽くして、忠実に主に仕えるなら、クリスチャンに最高の喜びを与えるこの言葉を聞く事でしょう。
「よくやった。良い忠実なしもべだ。OKです!」
その時、私たちは信仰生活のすべての試練や失敗や涙を忘れて、この上もない喜びを感じるでしょう。

「わたしのために、ののしられたり、迫害されたり、また、ありもしないことで、悪口雑言を言われたりするとき、あなたがたは幸いです。喜びなさい。喜びおどりなさい。天においてあなたがたの報いは大きいのだから。」
マタイの福音書5:11-12


    
自動車試験場2  

YOU DID OKAY 

(I received Cristy Wyatt’s permission to write this message.)

I took Cristy Wyatt to the driver’s license bureau four times. She failed all four times. When she failed the first time, she cried. She did not cry the second, third, and fourth times, but she went home frustrated.

When the fifth test was over, she was told to get out of the car. She thought she had failed again. But the examiner said, “You did OK.” In that instant, she forgot all about the tears and frustration. Her face was overflowing with joy.

When I saw this, I remembered the parable of Christ in chapter 25 of Matthew. A master gave money to three of his servants and went on a trip. Two of them were able to increase his money, so he said to them, “Well done, thou good and faithful servant.”

In the same way, Christians desire to use the talent that God has given them to bring glory to His name and live a life that is pleasing to Him. However, there are times when we do not succeed. There are times when we are frustrated. There are times when we cry.

However, if we faithfully serve the Lord with all our strength, we too will hear the words that bring the greatest joy to Christians. “Well done, thou good and faithful servant. You did OK.” When we hear those words, we shall forget all about the trials, the failures, and the tears and sense the most wonderful joy.

Blessed are you when they revile and persecute you, and say all kinds of evil against you falsely for My sake. Rejoice and be exceedingly glad, for great is your reward in heaven.
(Matthew 5:11-12)

日曜クリスチャン 

おそらく「日曜大工」と言う言葉を聞いた事があると思います。もちろん、日曜大工は“休みの日”だけ大工の仕事をする人です。
アメリカに似ている表現があります。「Sunday driver」と言う言葉です。“日曜日”だけ車を運転する人です。この「Sunday driver」の特徴は二つあります。まず、不注意な運転をする人です。例えば、曲がる時ウインカーを出さない。また、制限速度よりも遅く走行して他の運転手に迷惑をかける人です。
「日曜大工」「日曜ドライバー」の他に「日曜クリスチャン」もいます。日曜クリスチャンは日曜日に教会に行って、皆さんと一緒に賛美したり、聖書を読んだり、祈ったり、神様に仕えるけど、月曜日から土曜日までこのような行動をしないクリスチャンです。
「日曜クリスチャン」にならないために次の事を毎日しましょう。
1.ダビデと同じように、毎日祈りましょう。
 「私は日ごとにあなたを呼び求めています。」
  詩篇88:9

2.ベレヤの信者達と同じように、毎日聖書を読みましょう。
  「ここのユダヤ人は、非常に熱心にみことばを聞き、はたしてそのとおりかどうかと毎日聖書を調べた。」
 使徒の働き17:11

3.エルサレムの信者達と同じように、毎日神様の証人になりましょう。
 「毎日、宮や家々で教え、イエスがキリストであることを宣べ伝え続けた。」使徒の働き5:42

キリストが言われた事は「日曜日だけ、わたしついてきなさい」 ではなく 「だれでもわたしについて来たいと思うなら、自分を捨て、日々自分の十字架を負い、そしてわたしについて来なさい。」でした。 (ルカの福音書9:23)

    
SUNDAY CHRISTIANS 

SUNDAY CHRISTIANS 

You have heard the expression “Nichiyou daiku” (Sunday carpenter), haven’t you? Of course, a Sunday carpenter is someone who does carpentry only on the weekend.

In America, we have a similar expression – “Sunday driver.” A Sunday driver is a person who drives only on Sunday. There are two characteristics of Sunday drivers. First, they drive carelessly. For example, when they turn, they do not turn on the turn signal. Also, they drive much slower than the speed limit and irritate other drivers.

In addition to Sunday carpenters and Sunday drivers, there are also Sunday Christians. On Sunday they come to church and sing, read the Bible, pray, and serve the Lord with everyone, but from Monday through Saturday, they do not do any of these things. To avoid being a Sunday Christian, let’s do the following things daily:

1.Like David, let’s pray daily.
Lord, I have called daily upon You. (Psalm 88:9)

2.Like the believers in Berea, let’s read the Bible daily.
They received the word with all readiness, and searched the Scriptures daily to find out whether these things were so.
(Acts 17:11)


3.Like the believers in Jerusalem, let’s be the Lord’s witnesses daily.
And daily in the temple, and in every house, they did not cease teaching and preaching Jesus as the Christ. (Acts 5:42)

Christ did not say,
If anyone desires to come after Me, let him deny himself, and take up his cross only on Sunday, and follow Me. He said, If anyone desires to come after Me, let him deny himself, and take up his cross daily, and follow Me. (Luke 9:23)

二つの道 

10月22日にイタリアのヴェニスで行われたマラソン大会での途中、思いがけない事が起こりました。そのコースには23㎞の地点で分岐する道路がありました。
ランナーを先導していたバイクは間違って直進にして行きました。
そして先頭の有名な6名のプロランナーはバイクについて行きました。
イタリア人ランナーのEyob Fanielは1分ほど遅れてトップグループの後方を走っていました。分岐点に着いた時、彼は左を選択しました。左は正しい道だったのでEyob Fanielは優勝しました。
今まで、ほとんどマラソンの経験がなかったEyob Fanielは正しい道を選択したので優勝する事ができました。

聖書によると、人生のマラソンにも2つの道があります。
マタイの福音書7:13-14にキリストはその2つの道について語りました。
「狭い門から入りなさい。滅びに至る門は大きく、その道は広いからです。
そして、そこから入って行く者が多いのです。 いのちに至る門は小さく、その道は狭く、それを見いだす者はまれです。」

全ての人々はこの2つの道のどちらかを選択しなければなりません。滅びに至る道、つまり地獄に行く道があります。それとは反対に、命に至る道、つまり天国に行く道があります。

ヨハネの福音書14:6によると、キリスト御自身は命に至る道です。キリストは言われました。
「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。」

今まで滅びに至る道に入っている皆さん、1日も早くキリストを信じて、命に至る道に入って下さい。キリスト以外の道は死に至る道です。

聖書に2回もこの警告が書いてあります。
「人の目にはまっすぐに見える道がある。その道の終わりは死の道である。」箴言14:12と16:25

    ヴェニスマラソン 

TWO WAYS 

An unforeseen incident took place during the Venice Marathon held in Italy on the 23rd of last month. At the 23-kilometer point, there is a fork in the road. The motorcycle that was running in front of the runners made a mistake and went straight. Six famous pro runners who were running in front followed the motorcycle.

An Italian named Eyob Faniel was running about one minute behind the top group. When he arrived at the fork in the road, he went to the left. The road to the left was the right road, so he was the winner. Because he chose the right road, Faniel, who had almost no marathon experience until now, won the race.

According to the Bible, in the marathon of life, there are two ways. Christ spoke about those two ways in Matthew 7;13-14.
Enter by the narrow gate; for wide is the gate and broad is the way that leads to destruction, and there are many who go in by it. Because narrow is the gate and difficult is the way which leads to life, and there are few who find it.


All people must choose one of these two ways. There is a way that leads to destruction, in other words, a way that leads to Hell, and there is a way that leads to life, in other words, a way that leads to Heaven.

According to John 14:6, Christ Himself is the way that leads to life.
I am the way, the truth, and the life. No one comes to the Father except through Me.

Everyone who has been running on the way that leads to destruction, as soon as possible, believe in Christ and enter the way that leads to life. Any way other than Christ is a way that leads to death.

This warning appears in the Bible two times.
There is a way that seems right to a man, but its end is the way of death.
(Proverbs 14:12 and 16:25)



変わること と 変わらないこと 

今日、小倉教会は新しい会堂で最初の礼拝を行います。
今日から新しく変わる事がいくつかあります。
場所が変わります。礼拝の時間が変わります。
もう家賃や月極駐車場費を払う必要がありません。
会計が変わります。
バプテスマ式を行う時期が変わります。今までバプテスマのプールは外だったので、暖かい時期にバプテスマ式を行っていました。新会堂の中にバプテスマプールを設置しました。バプテスマを受けたい人はいつでも受ける事ができます。
上記の事は変わりますが、変わらない事もあります。まず、教会の任務は変わりません。

マタイの福音書28:19-20でキリストは教会の任務をはっきり述べました。
「あなたがたは行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい。そして、父、子、聖霊の御名によってバプテスマを授け、 また、わたしがあなたがたに命じておいたすべてのことを守るように、彼らを教えなさい。」
この任務はちっとも変わっていません。これからも忠実に献金を捧げて奉仕をしましょう。

教会の信仰も変わりません。
私達は、また次の三つの根本的な教理を信じています。
第一に、私達は聖書が全て誤りも矛盾もない神様の完全な御言葉であると信じています。
「聖書はすべて、神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益です。」
Ⅱテモテへの手紙3:16


第二に、私達はイエス・キリストが全ての人々のために十字架の上で死んで下さった神様のひとり子であると信じています。
「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。」
ヨハネの福音書3:16


第三に、私たちは人を罪の罰から救う事ができる方はイエス・キリストだけであると信じています。
「キリスト以外には、だれによっても救いはありません。世界中でこの御名のほかには、私たちが救われるべき名としては、どのような名も、人間に与えられていないからです。」
使徒の働き4:12


    新会堂

THINGS THAT CHANGE AND THINGS THAT WILL NOT CHANGE

Today the Kokura church will hold the first meeting in the new building. From today several things will change. The location will change. The meeting times will change. We will not have to pay the rent and parking any longer, so the finances will change. The time for holding a baptismal service will change. Until now the baptismal pool was outside, so we could have baptisms only when it was warm. There is a baptismal pool in the new church, so those who want to be baptized can be baptized any time.

These things will change, but there are some things that will not change. First of all, the mission of the church will not change. In Matthew 28:19-20 Christ clearly stated the mission of the church.
Go therefore and make disciples of all the nations, baptizing them in the name of the Father and of the Son and of the Holy Spirit, teaching them to observe all things that I have commanded you.

Our mission has not changed even one little bit, so let’s continue to faithfully give our offerings and work at the church.

Also, our faith will not change. We still believe the following three fundamental doctrines. First, the entire Bible is the perfect Word of God with no mistakes or contradictions.
All Scripture is given by inspiration of God, and is profitable for doctrine, for reproof, for correction, for instruction in righteousness. (Second Timothy 3:16)

Second, we believe that Jesus Christ is the Son of God who died on the cross for all people.
For God so loved the world that He gave His only begotten Son, that whoever believes in Him should not perish but have everlasting life. (John 3:16)

Third, we believe that the only one who can save us from the penalty of our sins is Jesus Christ.
Nor is there salvation in any other, for there is no other name under heaven given among men by which we must be saved." (Acts 4:12)

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ