undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

最も長い架け橋 

10月24日に世界最長の海上橋が開通しました。
香港と中国を結ぶ55kmの橋です。この橋を造るのに10年間かかり、その建設総額は¥2,000,000,000,000(2兆円)でした。
最も長い道路の橋は中国の丹陽昆山大橋です。
長さは165kmです。

実は、この2つの橋よりも長い橋があります。天国と地球を結ぶ橋です。神様と人類を結ぶ架け橋です。
その橋はイエス・キリストの十字架です。
聖書に書いてあります。
「私たちはみな、羊のようにさまよい、おのおの、自分かってな道に向かって行きました。」
イザヤ書53:6a

私たちの道は徐々に神様から離れて行く道でした。
エペソ人への手紙2:13によると、私たちは神様から遠く離れていました。そして、私たちは自分自身の力で神様の元に戻る事が出来ませんでした。 
神様の元に戻る事ができない私たちを哀れんで下さった神様は御自分と和解させるために私たちに救い主イエス・キリストを与えて下さいました。十字架の上で私たちの身代りとなったキリストは神様と私たちを結ぶ架け橋となられました。

「以前は、遠く離れていたあなたがたは、今ではキリストの血によって近い者とされたのです。」
エペソ人への手紙2:13

まだキリストを信じていない皆さん、キリストを信じる信仰によってキリストの十字架の血によって造られた橋を渡って神様に戻って下さい。
「主に帰れ。そうすれば、主はあわれんでくださる。私たちの神に帰れ。豊に許してくださるから。」
イザヤ書55:7


   長い橋 

THE LONGEST BRIDGE 

Last Tuesday the world’s longest sea bridge was opened. It is a 55-kilometer-long bridge that connects Hong Kong and the China mainland. It took ten years to build and cost \2,000,000,000,000.

The longest road bridge in the world is the Danyang-Kunshan Bridge in China. It is 165 kilometers long.

Actually, there is a bridge that is longer than both of these bridges. It is a bridge that connects heaven and the earth. It is a bridge that connects God and man. That bridge is the cross of Jesus Christ.

In the Bible it is written,
All we like sheep have gone astray; We have turned every one to his own way.
(Isaiah 53:6a)

Our way is a way that goes farther and farther away from God. According to Ephesians 2:13 we are “far off” from God, and there is no way for us to return to God by our own power.

God had mercy on us who were unable to return to Him and gave us a Savior to reconcile us unto Himself. Christ, who became our substitute on the cross, became the bridge that connects us with God.
But now in Christ Jesus ye who were far off are made nigh by the blood of Christ.
(Ephesians 2:13)


Those of you who have not yet believed in Christ, through faith in Christ please cross the bridge that was built by the blood of the cross of Christ and return to God.
Return unto the Lord; He will have mercy. Return to our God, for He will abundantly pardon.
(Isaiah 55:7)

ONE WAY! 

私は、最近アメリカで行われたアンケートの結果に驚きました。
アンケートに参加した3,000人のクリスチャンの64%「神様は他の宗教の礼拝を受けいれる」と信じています!
そのクリスチャン達は、聖書を読んだ事があるのでしょうか?

ヨハネの福音書14:6でキリストは言われました。
「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。」

この箇所を英語の聖書で読めば、私たちはキリストの言葉の意味がハッキリと分かります。
キリストは“I am a way”(わたしは一つの道です)と言われませんでした。“I am THE way”(私は唯一の道です)と言われました。ONE WAY!

この箇所もあります。
「神は唯一です。また、神と人との間の仲介者も唯一であって、それは人としてのキリスト・イエスです。」
Ⅰテモテへの手紙2:5

私は「神様は他の宗教の礼拝も受けいれる」と思っているクリスチャンにこの質問をしたいと思います。
【もし私たちがキリストを信じる信仰以外の方法で救われる事が出来れば、なぜ私たちは「全世界に出て行き、すべての造られた者に、福音を述べ伝えなさい」(マルコ16:15)と命令されたのでしょうか。】

皆さんはどう思いますか。「神様は他の宗教の礼拝も受けいれる」と思いますか? 神様御自身にこの質問に答えていただきましょう。
「わたしが主である。ほかにはいない。わたしのほかに神はいない。イザヤ書45:5

「地の果てのすべての者よ。わたしを仰ぎ見て救われよ。わたしが神であり。ほかにはいない。」
イザヤ書45:22


   
ONE WAY! 

ONE WAY ! 

I was astounded at the results of a religious survey that was conducted in America recently. 64% of the Christians who participated in the survey said that they believe that God receives the worship of other religions!

I wonder if those Christians have ever read the Bible? In John 14:6 Christ said,
I am the way, the truth, and the life: no man cometh unto the Father, but by me.
Christ did not say, “I am A way.” He said, “I am THE way.” One Way!

There is this passage too.
For there is one God, and one mediator between God and men, the man Christ Jesus.
(First Timothy 2:5)


I want to ask this question to the Christians who believe that God accepts the worship of other religions. If we can be saved by a method other than faith in Christ, why were we commanded to go into all the world and preach the gospel to every creature?

What do you think? Do you think God accepts the worship of other religions? Let’s have God Himself answer that question.
I am the Lord, and there is none else. There is no God beside me. (Isaiah 45:5)

Look unto me, and be ye saved, all the ends of the earth: For I am God, and there is none else.
(Isaiah 45:22)

本当の献身 

先週、私は視力障害をもっている10数名のクリスチャンの集会に出席しました。
その時、いくつかの事に感動しました。
まず、点字の聖歌を持って心から歌った彼等の賛美に感動しました。 また、喜びを表す彼らの笑顔に感動しました。
私は、隣に座った男性と交わりました。彼は視力障害を持っていて、さらに足が不自由で松葉杖を使って歩いています。
現在その男性は何をしていると思いますか?
施設に入っていると思いますか?
驚く事に彼は福岡県内にある教会の牧師です。
彼はその障害を理由に主に仕える事が出来ないとは考えないで、福音を宣べ伝えるために献身しました。彼の証しを聞いて私はとても感動しました。

読者の皆さん、私達は松葉杖なしで歩く事が出来るし、視力を持っています。
私達も視力障害を持っているクリスチャン達と同じように心に喜びがありますか?
私達は何かの障害や問題を理由に主に仕える事が出来ないと思っていませんか?
私達の献身は本当の献身ですか?

歩く事ができる私達、目が見える私達
ローマ人への手紙12:1の勧めに従いましょう。
「あなたがたのからだを、神に受け入れられ、聖い、生きた供え物としてささげなさい。それこそ、あなたがたの霊的な礼拝です。」

   
TRUE SURRENDER 

TRUE SURRENDER 

Last week I attended a service with several Christians who are visually handicapped. I was moved by several things during that service.
First, I was moved by the song they sang from their heart with their Braille hymnals.Also, I was moved by their smiling faces that showed their joy.

I fellowshipped with the man who sat next to me. He is blind. Also, his legs are in poor condition, so he walks with crutches.

What do you think that man is doing? Do you think he lives in a facility for handicapped people? Amazingly, he is the pastor of a church in Fukuoka Prefecture. Instead of making his handicap a reason not to serve the Lord, he surrendered his life to the Lord to preach the gospel. His testimony moved me greatly.

Members of the Kokura church, we can walk without crutches and we have our eyesight.
Do we, like the people who are visually impaired, have joy in our hearts? Are we making some sort of handicap or problem a reason not to serve the Lord? Is our surrender true surrender?

We who can walk and see, let’s follow the exhortation written in Romans 12:1.
Present your body a living sacrifice, holy, acceptable to God, which is your reasonable service.

お土産の香り(ドリアン) 

ドリアンを食べた事がありますか?
ドリアンを食べた事のある人達はその臭いがテレビン油に混ぜたタマネギの臭いだそうです。

最近タイ旅行に行った兄弟はドリアンで作られたお土産を買って教会に持って来ました。
ポッキーに似ているそのお土産を出す前に兄弟は「これは少し臭いがします」と教えてくれました。
二人の教会員はお土産を嗅いで見て「プロパンガスの臭いがします」と言いました。
私もお土産を取って嗅いで見ましたが、嗅覚はかなり鈍いので、何も嗅ぐ事ができませんでしたが、そのお土産を食べました。
とっても美味しかった。

皆さんにとって、そのお土産は嫌な臭いがしましたが、お土産を持って来た兄弟の行動は香りの良い行動でした。

パウロはピリピ人へ送った手紙にこう書きました。
「私は、すべての物を受けて、満ち足りています。エパフロデトからなながたの贈り物を受けたので、満ち足りています。それは香ばしいかおりであって、神が喜んで受けてくださる供え物です。」ピリピ人への手紙4:18

私達にお土産を持って来てくださった兄弟の愛も香ばしい香りでした。イエス・キリストが私達に示したくださった愛も香りの良い愛です。

「キリストもあなたがたを愛して、私たちのために、ご自身を神へのささげ物とし、香ばしいかおりをおささげになりました。」エペソ人への手紙 5:2b

十字架による死は当時最も忌み嫌われる死に方でしたが、その十字架によって罪の罰から救われた私達にとって、その十字架は香りの良い十字架です。
私たちを救うために御自身を神におささげになったキリストの香りの良い愛に私たちはどのように応えるべきでしょうか。

「ですから、愛されている子どもらしく、神にならう者となりなさい。また、愛のうちに歩みなさい。」
エペソ人への手紙 5:1-2a


   
Dorian 

THE SMELL OF THE PRESENT 

Have you ever eaten the durian fruit? People who have eaten durians say that the smell of the durian is like the smell of “onions mixed in turpentine.” A brother who went to Thailand recently brought a present made of the durian fruit to church. Before he gave us that present which looked like a pretzel, he told us, “This has a little bit of a smell.” A couple of the church members smelled it and said, “It smells like propane gas.”

I took it and smelled it too, but my sense of smell is very dull, so I could not smell anything. I ate it. It was delicious.

The smell of that present was unpleasant to everyone, but the smell of the action of the brother who brought it to us was a sweet-smelling fragrance. In his letter to the Philippians, Paul wrote,
But I have all, and abound: I am full, having received of Epaphroditus the things which were sent from you, an odour of a sweet smell, a sacrifice acceptable, wellpleasing to God.
Philippians 4:18)
The love of the brother who brought the present to us was a fragrant love.

The love that Christ showed to us was a fragrant love too.
Christ also hath loved us, and hath given himself for us an offering and a sacrifice to God for a sweetsmelling savour. (Ephesians 5:2b) In those days, death by the cross was the most unpleasant death, but to us who were saved from the penalty of sin by the cross, that fragrance of that cross is a sweet-smelling fragrance.

How shall we respond to the fragrant love of Christ who gave Himself to save us?
Be ye therefore followers of God, as dear children; And walk in love. (Ephesians 5:1-2a)

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ