undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

沖縄からの贈り物 

玄関のチャイムが鳴ったのでドアを開けると大きな箱を持っている宅配人がいました。
私はこんなに大きな宅配便を注文した覚えがなかったので、とてもビックリしました。
荷物の宛名ラベルを見ると、その荷物は沖縄教会からの贈り物だとわかりました。
荷物を開けた瞬間、またビックリしました。
多くの食物が入っていました。クッキー・ルートビア・ポップコーン・スープ・マフィン・ビーフシチュー・缶詰・ナチョス・カレー・パンとクラッカー等が入っていました。

贈り物の内容を見た時、とても嬉しかった。なぜなら今度4名のアメリカ人が一週間ほど私の家に泊まるからです。彼らのために食料品・お菓子・飲み物等を買わなければならないからです。しかし沖縄からの贈り物が届いたので、買物は少なくてすみます。

箱の中に入っていた食物を一つずつ出しながら、私はキリストの山上の説教の中の言葉を思い出しました。
「何を食べるか、何を飲むか、何を着るか、などと言って心配するのはやめなさい。あなたがたの天の父は、それがみなあなたがたに必要であることを知っておられます。」
マタイの福音書6:31-32


神様は私の必要をすでに知っておられたので、沖縄教会を通して食物を備えてくださいました。
クリスチャンの皆さん、神様はもうすでにあなたの必要も知っておられるので、心配する必要がありません。

マタイの福音書6:33
書いてある言葉を信じて安心してください。
「だから、神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。」

   
沖縄からの贈り物 

GIFTS FROM OKINAWA 

When I heard the doorbell ring, I opened the door and saw a Yamato deliveryman holding a large box. I did not remember ordering anything that large, so I was surprised. When I looked at the label, I saw that the package was from the Okinawa Bible Baptist Church.

When I opened the package, I was surprised again. There were many things in the box. There were cookies, root beer, popcorn, soup, muffins, beef stew, canned goods, nachos, curry, bread, and crackers.

When I saw what was in the box, I rejoiced greatly. This week four Americans will stay at my home, so I need to buy food, snacks, and drinks. Because I have the gifts from Okinawa, I will not have to buy very much.

As I took each thing out of the box, I remembered some words in the sermon that Christ preached on the mountain.
Therefore, do not worry, saying, ‘What shall we eat?’ or ‘What shall we drink?’ or ‘What shall we wear?’ For your heavenly Father knows that you need all these things.
God already knew what I needed, so He provided it through the Okinawa church.

Christian, God already knows your needs too, so there is no need for you to worry.
Believe the words in Matthew 6:33 and be at ease.
But seek first the kingdom of God and His righteousness, and all these things shall be added to you.

86㎏の差 

二人の関取が土俵に上がった時、私は思わず笑いました。
一人は99㎏の炎鵬(えんほう)で、もう一人は185㎏の徳勝龍(とくしょうりゅう)でした。
そして思いました。「この取組はすぐに勝負が決まるでしょう。徳勝龍の勝利に間違いない!」しかし、徳勝龍に追い込まれた炎鵬はうまく体を躱して徳勝龍を寄り切り勝利しました。
両国国技館の観客席も私も大いに盛り上がりました。

この取組の勝利を見て、聖書の中のどの物語を想像したと思いますか?
はい、そうです。第1サムエル記17章に記録されているゴリヤテとダビデの戦いです。
4節によると、ゴリヤテの背の高さは2.85mでした。
42節によると、ダビデはまだ少年でした。ゴリヤテは戦士でした。ダビデは羊飼いでした。彼等の戦いは、あっと言う間に勝負が決まる巨人のゴリヤテの圧勝であった筈ですが、読者が知っているように、ダビデはゴリヤテを倒し勝利する事ができました。
なぜ、少年ダビデは経験豊な兵士であった巨人ゴリヤテに勝利する事ができたのでしょうか。
45節でダビデはゴリヤテに言いました。
「おまえは、剣と、槍と、投げ槍を持って、私に向かって来るが、私は、万軍の主の御名によって、おまえに立ち向かうのだ。」
ダビデは神様が自分と一緒におられる事を確信していたから、彼は勇敢に戦って勝利を得る事ができました。

クリスチャンは神様が私と共におられると信頼する時、日々の歩みの中でどんなに恐ろしい「巨人」に遭遇しても、神様が与えてくださる力によって勝利を得ると確信しています。

「神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。」ロ-マ人への手紙8:31

   
David VS Goliath 

A DIFFERENCE OF 189 POUNDS 

When the two sumo wrestlers stepped into the circle, I laughed. One of them was 218-pound Enho. The other one was 407-pound Tokushoryu. I thought, “This match will be over soon. Tokushoryu will surely win.”

At first, Enho was grabbed by Tokushoryu, but he skillfully moved his body and pushed Tokushoryu out of the circle. I roared with excitement along with everyone at the match.

When I saw the result of the match, what Bible story do you think I remembered? Right, the story of the battle between David and Goliath recorded in chapter 17 of First Samuel.

According to verse 4, Goliath was 9 feet, 6 inches tall. David was just a youth. Goliath was a soldier. David was a shepherd. Their battle should have ended quickly in an overwhelming victory for Goliath, but as you know, David was able to defeat Goliath.

Why was young David able to defeat an experienced soldier like Goliath? In verse 45 David said to Goliath, You come to me with a sword, with a spear, and with a javelin. But I come to you in the name of the LORD of hosts, the God of the armies of Israel. Because David was assured of the fact that God was with him, he was able to fight valiantly and gain the victory.

Because the Christian is assured of the fact that God is with him, no matter how ferocious a “giant” he meets in his daily life, he understands that he can gain the victory through the power that God gives him.

If God is for us, who can be against us?
(Romans 8:31)

古い身体と新しい信仰 

私は、年をとったと、とても認めたくなかったが今回の春キャンプで、とうとう認めなければなりませんでした。
アリーナに行って、ワイエット先生と息子達はバスケット・ボールをしていたので、私もやって見ました。
しかし若い時は上手くできたのに3回シュートをしましたが、ボールはバスケットまで届きませんでした。
とてもガッカリした私はバスケット・ボールを諦めて、卓球をやって見ました。若い頃、やはり上手にできたのにスローな球でも空振りしました。
やはり、私はもう高齢です。身体は、とても衰えています。

私たちは、身体が衰えていく事を防ぐ事ができませんが、信仰は衰える事を防ぐ方法があります。
「たとい私たちの外なる人は衰えても、内なる人は日々新たにされています。」
第2コリント人への手紙4:16


まず第1に、日々この祈りをしましょう。
「神よ。私にきよい心を造り、ゆるがない霊を私のうちに新しくしてください。」詩篇51:10

第2に、日々主を待ち望みましょう。
「主を待ち望む者は新しく力を得、鷲のように翼をかって上ることができる。走ってもたゆまず、歩いても疲れない。」イザヤ40:31

第3に、日々献身しましょう。
「あなたがたのからだを、神に受け入れられる、聖い、生きた供え物としてささげなさい。この世と調子を合わせてはいけません。いや、むしろ、神のみこころは何か、すなわち、何が良いことで、神に受け入れられ、完全であるのかをわきまえ知るために、心の一新によって自分を変えなさい。」ローマ人への手紙12:1-2

徐々に年をとって身体が衰えても、
     若々しい信仰を保ちましょう。

   
古い身体と新しい信仰 

AN OLD BODY AND A NEW FAITH

For a long time, I have not wanted to admit that I am getting old, but during Spring Camp I finally had to admit it. When I went to the gym, Pastor Wyatt and his sons were playing basketball, so I tried to play too. When I was young, I could play basketball well, but I shot the ball three times and not one of them even reached the basket.

Disappointed, I decided to try ping pong. When I was young, I was skillful at ping pong, but I swung and missed even the slow balls. It’s true. I am an old man. My body has weakened considerably.

We cannot prevent our body from becoming old and weak, but there are some ways of preventing our faith from becoming old and weak.
Even though our outward man is perishing, yet the inward man is being renewed day by day. (Second Corinthians 4:16)
First, let’s pray this prayer every day:
Create in me a clean heart, O God, and renew a steadfast spirit within me. (Psalm 51:10)

Second, let’s wait on the Lord daily.
Those who wait on the LORD shall renew their strength; they shall mount up with wings like eagles, they shall run and not be weary, they shall walk and not faint. (Isaiah 40:31)

Third, let’s dedicate ourselves to the Lord daily.
Present your bodies a living sacrifice, holy, acceptable to God, which is your reasonable service. And do not be conformed to this world, but be transformed by the renewing of your mind, that you may prove what is that good and acceptable and perfect will of God. (Romans 12:1-2)

Even as we become older and our body becomes weaker, let’s maintain a youthful faith.

クリスチャンのアイデンティティ 

最近、私は2つの新しいアイデンティティをもらいました。
ワイエット先生と一緒に病院に行った時、医者は私に聞きました。「あなたは、この方の父さんですか?」

そして、イースター子供会に来た婦人は私に聞きました。
「あなたはクリスティー先生の御主人ですか?」

その時から、私はワイエット先生を「son」と呼んで、クリスティー先生を「wife」と呼んでいます。

英和辞典によると、アイデンティティの意味は身元です。
そうすると、クリスチャンの身元は何でしょうか。
まず、ガラテヤ人への手紙3:26によると、クリスチャンは神様の子供です。
「あなたがたはみな、キリスト・イエスに対する信仰によって、神の子どもです。」 

人がキリストを自分の個人的な救い主として受けいれて信じる時、神様の子供となります。
「この方を受け入れた人々、すなわち、その名を信じた人々には、神の子どもとされる特権をお与えになった。」ヨハネの福音書1:12

そう言う理由ですから、祈る時に私達は「天におられるお父様」と祈ります。
また、クリスチャンはキリストとの共同相続人です。
「私たちが神の子どもであることは、御霊ご自身が、私たちの霊とともに、あかししてくださいます。 もし子どもであるなら、相続人でもあります。私たちがキリストと、栄光をともに受けるために苦難をともにしているなら、私たちは神の相続人であり、キリストとの共同相続人であります。」 ローマ人への手紙8:16-17
クリスチャンのアイデンティティは光栄と誇りのあるアイデンティティです。私達は自分がクリスチャンである事を恥だと思ってはいけません。
「あなたはクリスチャンですか?」と聞かれる時に、恥ずかしがらないで、真正面から相手の顔を見て「はい、私はクリスチャンです」と答えましょう。

   
Identity 

THE CHRISTIAN’S IDENTITY 

Recently I received two new identities. When I went to the hospital with Missionary Mike Wyatt, the doctor asked me, “Are you his father?” And then, one of the ladies who came with her children to the children’s Easter program asked me, “Are you Cristy Wyatt’s husband?” Ever since then, I have been calling Mike “son” and Cristy “wife.”

According to my English-Japanese dictionary, the Japanese word for identity is mimoto which means one’s birth and parentage. If that is so, what is the identity of a Christian? First of all, according to Galatians 3:26, a Christian is the child of God. For you are all sons of God through faith in Christ Jesus.

When a person believes in Christ and receives Christ as his personal Savior, he becomes a child of God.
But as many as received Him, to them He gave the right to become children of God, to those who believe in His name. (John 1:12)
Therefore, when a Christian prays, he prays, “Our Father which art in heaven.”

Also, Christians are joint heirs with Christ.
The Spirit Himself bears witness with our spirit that we are children of God, and if children, then heirs—heirs of God and joint heirs with Christ.
(Romans 8:16-17)


The identity of the Christian is an identity with honor and pride, so we must not think that it is a shame to be a Christian. When we are asked, “Are you a Christian?” without any embarrassment, let’s look the person square in the eye and reply,
“Yes, I am a Christian.”

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ