undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

アイ・ラブ・ユー 

台湾から日本に帰る時、タクシーでホテルから空港まで行きました。タクシーの運転手は、とても親切でした。
まず、彼は英語で「Time?」と聞きました。
つまり時間は大丈夫ですか? 急いでいますか?
私は「Time, OK.」と答えました。

次に彼は、私に英語で「Air?」と聞きました。
つまり、タクシーの中の温度は大丈夫ですか?
私は「Air, OK.」と答えました。

空港に着いた時、彼は荷物を降ろしてくれました。
台湾では、チップを渡す習慣はありませんが私は、彼にチップをあげました。
笑顔になった彼は私に言いました「I love you.」
どう思いますか? その運転手は本当に私を愛していると思いますか?
もちろんそうでありません。
私は彼にチップをあげたので彼は「I love you.」と言いました。

彼を責める前に自分自身にこの質問をしてください。
「私は、なぜ神様を愛していますか?」もしかしたら神様が私たちを祝福してくださるから、私たちは神様に「I love you.」と言っています。
あるいは、神様は、私たちの祈りに答えてくださるので私たちは、神様に「I love you.」と言っているのでしょうか? このような愛は本当の愛ではありません。

本当に神様を愛しているクリスチャンは、神様の御業のゆえにではなく、神様の性質のゆえに神様を愛するクリスチャンです。 聖書によると神様は哀れみ深い、情け深い、恵みとまことに富んでおられるお方です。(出エジプト記34:6)

私たちが信じている神様はこんな神様であるとわかっているクリスチャンは真心から神様に「I love you.」と言えるクリスチャンです。

   
 taiwan4

I LOVE YOU 

When I returned from Taiwan to Japan, I went by taxi from the hotel to the airport. The taxi driver was very kind. First, he asked me in English, “Time?” In other words, is the time OK? Are you in a hurry? I replied, “Time, OK.”

Next, he asked me in English, “Air OK?” In other words, is the temperature in the cab okay? I replied, “Air, OK.”

When we arrived at the airport, he unloaded my luggage for me. In Taiwan tipping is not a custom, but I gave him a tip. With a big smile on his face, he said, “I love you.”

What do you think? Did that driver really love me? Of course not. He said, “I love you” because I gave him a tip.

Before we criticize him, let us ask ourselves this question. Why do I love God? Perhaps we say, “I love you” to God because He blesses us, or maybe we say “I love you” to God because He answers our prayers. This kind of love is not true love.

The Christian who truly loves God is not the Christian who loves God because of what He does but because of who He is. According to the Bible, God is merciful and gracious, abundant in goodness and truth. (Exodus 34:6)

The Christian who understands that the God in whom we believe is this kind of God is the Christian who can say to God from his heart, “I love you.”

クリスチャンのシ-トベルト 

皆さんは、車で出かける時、子供をチャイルドシートに座らせて、シートベルトを締めていますか?
ぜひ、締めてください。日本の警察庁の調べによると、チャイルドシートを使用しない子供の交通事故死亡率は使用する子供より13.4倍ほど高いそうです。
法律によると6歳以下の子供はチャイルドシートに座らなければなりません。しかし29.5%の親は、この法律を守っていないそうです。小さい子供がいる皆さん、チャイルドシートを使用している70.5%になってください。

全てのクリスチャンが締るべきシートベルトもあります。
(もちろん聖書に[シートベルト]という単語はありません。
聖書は[帯]を使っています。)
エペソ人への手紙6:11に私たちは「悪魔の策略に対して立ち向かうことができるために、神のすべての武具を身に着けなさい。」と命令されました。
クリスチャンが身に着けるべき武具の一つは心理の帯です。
(エペソ人への手紙6:14)
悪魔はすべてのクリスチャンの狡猾な敵だから、彼の策略によって騙されないために心理の帯を締めることが非常に大切です。

Ⅰテモテへの手紙4:1「後の時代になると、ある人たちは惑わす霊と悪霊の教えとに心を奪われ、信仰から離れるようになります。」と書いてあります。
その惑わす霊に心を奪われているクリスチャンにならないように心理の帯をしっかり締めましょう。

ヨハネの福音書17:17によると聖書に書いてある神様の御言葉は心理です。
日々出かける時、車のシートベルトを締める前に、聖書を読むことによって信仰のシートベルトを締めましょう。

   
seat belt 

THE CHRISTIAN’S SEAT BELT 

When you go out, do you put your child in a child seat and lock the seat belt? Please do so. According to data of the Japan Police Agency, the traffic accident fatality rate for children who are not using a child seat is 13.4 times higher than children who use a child seat. The law says that all children 6 years old and under must sit in a child seat. However, 29.5% of the parents of Japan do not obey this law. If you have small children, please join the 70.5% of the parents who obey this law.

There is a seat belt for all Christians too. (Of course, the word “seat belt” is not found in the Bible. The Bible uses the word “girdle.”) In Ephesians 6:11 we are commanded to put on the whole armor of God, that you may be able to stand against the wiles of the devil. One piece of armor that every Christian should put on is the girdle of truth.
Gird your waist with truth. (Ephesians 6:14)
The devil is the crafty enemy of every Christian, so it is extremely important that we put on the girdle of truth lest we be deceived by his schemes.

In First Timothy 4:1 it is written, Now the Spirit expressly says that in latter times some will depart from the faith, giving heed to deceiving spirits and doctrines of demons. To avoid becoming a Christian who gives heed to these deceiving spirits, let us firmly fasten on the girdle of truth.

According to John 17:17, the words of God written in the Bible are the truth.
Every day when we go out, before we fasten the seat belt of our car, let us fasten the girdle of truth around us by reading the Bible.

彼らは一番大切なものを忘れました 

一人の姉妹が本棚を教会に寄付する事にしたので、日曜日の午後に私たちは、車3台でそれを取りに行きました。
1台に姉妹は乗って、もう1台に2人の兄弟が乗って、そして2人の兄弟と私は自分の大型ワゴン車に乗りました。

姉妹と2人の兄弟は先に出発しました。私は少し遅れて出ました。先に出発した2台の車は、私を待ってくれると思って行って見ると、そこには車はありませんでした。彼らは、私が姉妹の家の場所を知っていると思っていたようです。
しかし私は、まだ一度も彼女の家に行った事がなかったので道順は分かりませんでした。

彼らは、私が後からついて来ない事に気付いて戻って来ると思っていましたが誰も戻って来なく置き去りにされました。
私は、一人の兄弟に電話して「道が分かりませんよ。私の大型ワゴン車がないと、本棚を積んで運ぶ事ができないでしょう!」といいました。彼はすぐ戻って来て、私を姉妹の家まで案内してくれました。

本棚を取りに行った彼らは一番大切なもの、それは私の大型ワゴン車を忘れてしまいました。

自分の人生において一番大切なものを忘れている人々もいます。仕事や教会で働いているうちに彼らは自分のたましいの大切さを忘れています。

生活に必要なものを蓄えたが自分のたましいの大切さを忘れてしまったお金持ちにキリストは言われました。
『愚か者。おまえのたましいは、今夜おまえから取り去られる。そうしたら、おまえが用意した物は、いったいだれのものになるのか。』ルカの福音書12:20

この世のものは、全部消えてしまう一時的なものです。永遠に生きる人間のたましいは最も大切なものです。
「人は、たとい全世界を得ても、たましいを損じたら、何の得がありましょう。」マルコの福音書8:36
 


   
置き去りに. 
THEY FORGOT THE MOST
    IMPORTANT THING


One of the ladies of the church decided to give a bookshelf to the church, so on Sunday afternoon we went in three cars to get it. She rode in the first car, two men rode in the second car, and two men and I rode in my van.

The lady and the two men left first. I was a little slow in leaving, but I thought they would wait for me; however, when I got to the road, they were not there. They thought I knew the way to her house, but I have never been to her house before, so I did not know the way.

I thought they would notice that I was not following them and return, but no one came back. I called the cell phone of one of the men. “I do not know the way. Without my van, you will not be able to bring the bookcase.” He returned right away and led me to her house.

They went to get the bookshelf, but they forgot the most important thing, my van. There are people who forget the most important thing in their lives too. While being diligent in work or education, they forget the importance of their soul.

Christ said to a rich man who gathered the things he needed for living but forgot the importance of his soul,
Fool! This night your soul will be required of you; then whose will those things be which you have provided? (Luke 12:20)

All the things of this world are temporary things that will vanish away. The soul of man that shall live forever is the most important thing.
What will it profit a man if he gains the whole world, and loses his own soul? (Mark 8:36)

続きを読む

雨・雨・雨 

先週の月曜日から雨が降り始めました。火曜日と水曜日も雨は降り続きました。三日間の大雨でした。
何度も携帯電話に洪水や山崩れの警告が届きました。
幸いな事に北九州市では大きな被害はありませんでしたが、佐賀県では、大変な被害がありました。
1時間に120㎜の雨が降ったので多くの人々は避難しなければなりませんでした。

三日間の大雨でも、これほどの被害があります。 40日間の大雨の結果を想像して見てください。 聖書によると一度そのような大雨がありました。
「大雨は、四十日四十夜、地の上に降った。」
創世記7:12

この40日間の大雨のゆえに、大洪水が起こりました。
「水は、いよいよ地の上に増し加わり、天の下にあるどの高い山々も、すべておおわれた。」
創世記7:19


多くの人々にとって聖書に書いてある大洪水の記録は、単なるおとぎ話です。しかし、大洪水の事実を証明する証拠が多くあります。まず、地質の証拠があります。地質学者達が世界の地質を研究すればするほど大洪水の事実を証明する物質も発見されています。

歴史的な証拠もあります。各国の歴史の記録に大洪水の事が書いてあります。(中国、ウェールズ、ロシア、インド、アメリカ、ハワイ、スカンジナビア、スマトラ、ペルー、ポリネシア、シリア、ギリシャ、イタリア、エジプト)。

キリストの証言もあります。キリストも洪水の事実を認めました。
「洪水前の日々は、ノアが箱舟にはいるその日まで、人々は、飲んだり、食べたり、めとったり、とついだりしていました。そして、洪水が来てすべての物をさらってしまうまで、彼らはわからなかったのです。」
マタイの福音書24:38-39


ノアの時代の大洪水を否定する人は、キリストご自身の言葉を否定する人です。

   
Noah's Ark 

RAIN RAIN RAIN 

It began on Monday. It continued on Tuesday and Wednesday. Three days of heavy rain. Several times I received warnings about flooding and landslides on my cell phone. Thankfully, there was not much damage in Kitakyushu City. However, there was considerable damage in Saga Prefecture. 120 millimeters of rain fell in one hour, so many people had to evacuate.

If just three days of heavy rain cause this much damage, imagine the results of 40 days of heavy rain. According to the Bible, once there was such a rain.
The rain was on the earth forty days and forty nights. (Genesis 7:12)
As a result of this rain, there was a great flood.
The waters prevailed exceedingly on the earth, and all the high hills under the whole heaven were covered. (Genesis 7:19)

To many people, the account of the great flood recorded in the Bible is nothing more than a fairy tale. However, there is much evidence that proves the fact of the great flood. First, there is geological proof. The more research the geologists do, the more proof they find of the great flood.

There is historical proof. The account of the great flood is recorded in the history of many nations. (China, Wales, Russia, India, America, Hawaii, Scandinavia, Sumatra, Peru, Polynesia, Syria, Greece, Italy, and Egypt)

There is the proof of the witness of Christ.
In the days before the flood, they were eating and drinking, marrying and giving in marriage, until the day that Noah entered the ark, and did not know until the flood came and took them all away, (Matthew 24:38-39)

The person who denies the great flood in the days of Noah denies the words of Christ Himself.

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ