undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

お酒・ゴルフ・銭湯 

銭湯 私は、いつもアメリカから来る友達に説明します。「日本で、男性同士で交わる方法は三つあります。一つは一緒にお酒を飲みに行く事です。私は、お酒を一切飲まないから、この方法はダメです。もう一つの方法は一緒にゴルフをする事です。私は、ゴルフをした事がありませんし、やりたいと思っても、宣教師の給料ではゴルフ料金は高額過ぎるので、これもダメです。残っている方法は一つだけ。
一緒に銭湯に行く事です。「とりあえず、タオルを持って、私について来て下さい!」
アメリカでは、他の男性と一緒に裸になる習慣がありません。だから友達は幾分戸惑って、一緒について行き、お風呂に入ります。そして入浴後、友達は言いました。「最初は、かなり恥ずかしかったが、行ってよかった。気分が爽快なりました。」

人々は、友達同志で交わりをする必要を認めます。だから、友達同志の交わりが必要であれば、クリスチャン同志の交わりはもっと必要です。

使徒の働き2:42
に私達は、健全な教会の四つの特徴を見る事ができます。
「彼らは使徒たちの教えを堅く守り、交わりをし、パンを裂き、祈りをしていた。」 
「全ての交わりが、霊的な交わりであるべきだ」という考えがあります。すなわち、交わりは一緒に聖書を読んだり、祈ったり、教会に関係のある事を話したりする事です。しかし、使徒の働き2:42を読むと、交わりは聖書の教えと祈りとパンを裂く事とは違うことだとわかります。 

もちろん私は、教会の皆さんにお酒 ・ ゴルフ ・ 銭湯での交わりを勧めるつもりはありませんが、一緒に楽しい事をする事によってお互いに励まし合う事ができるなら、様々な交わりの方法を利用しましょう。

「見よ。兄弟たちが一つになって共に住むことは、なんというしあわせ、なんという楽しさであろう。」
詩篇133:1

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ