undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

庭の中の滝 

先週の金曜日、私は午前8時30分から出かけて留守でした。ようやく夜9時頃家に帰って玄関に近づいた時おかしな音に気がつきました。滝の様な音でした。
水道管 もっと玄関に近づくと私はその滝の音が自分の庭からだとわかりました。私は思いました。「滝?庭に滝があるはずはありません。いつから家の庭に滝があったのでしょうか?」

私は家から懐中電灯を持って来て、その滝を探しました。滝ではありませんでした。
破裂した水道管から溢れている水の音でした。私は急いで元栓を止めて電話し、修理を依頼しました。
修理の方はすぐに来て来れました。彼は破裂した水道管を外してそして新しいのを取り付け、その水道管にテープを巻きました。修理が終わった時、もう11時過ぎでした。

人生は破裂した水道管の様になる時もあります。それは悲しい出来事の故に私達の心は破裂し、そして生きる力は徐々に流され、なくします。

詩篇31:12
にダビデはこんな経験をこの言葉で説明しました。
「私は、こわれた器のようになりました。」

エレミヤはこの言葉を使いました。
「私の心は、うちに砕かれました。」エレミヤ書23:9

人生がこんな状態になる時、人間は心の修理を宗教や哲学や心理学に頼るが、その様なものには心を癒す力がないとわかります。しかし、イエス・キリストには心をいやす力があります。

イザヤ書61:1
によるとキリストは「心の傷ついた者をいやすために」来られました。

心が破裂した水道管の様になっている時、神様に助けを求めましょう。
「主は心の打ち砕かれた者の近くにおられ、たましいの砕かれた者を救われる。」詩篇34:18

「主は心の打ち砕かれた者をいやし彼らの傷を包む。」
詩篇147:3

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ