undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

3時間の取り調べ 

昔の法律は、外国人が登録証明書を更新してから、2週間以内に区役所に行って、更新を報告しなければなりませんでした。

ある時、1ヶ月が経ってから、私は区役所に行きました。すると区役所の方から「報告が2週間遅れているから、警察がお宅に行くかもしれませんよ」と言われました。
私は内心笑って「報告が2週間遅れただけで警察が来るはずはないでしょう」と思いながら帰りました。
数日後、警官が家に来て「あなたは外国人登録証明書違反を犯したので、警察署に来てもらいます」と言われました。  

取調べ 警察署に行った時、2人の刑事が待っていました。1人は別の部屋で妻の取調べを行って、もう一人は「あなたはどこで生まれましたか」と言う質問から始まって、私の取調べを行ないました。その後3時間、刑事は私に多くの質問を受けました。やっと私は刑事に、私が2週間以内に区役所に行かなければならない事をつい忘れたと、信じてもらえました。取調べは警告だけで終わったが、非常に怖い経験でした。その後、証明書の更新は、必ず2週間以内に報告しています。  

聖書によると、全てのクリスチャンはこの様な取調べを受けます。もちろん、聖書の多くの箇所によると、クリスチャンの魂は永遠に救われています。
(たとえば、ヨハネの福音書5:2410:27-29
しかし、第2コリント5:10「私たちはみな、キリストのさばきの座に現われて、善であれ悪であれ、各自その肉体にあってした行為に応じて報いを受けることになるからです」と書いてあります。

私達がキリストのさばきの座の前に立つ時、主は私達の行為(信じた後)を見て、私達の報いをお決めになります。ですから、怖がりながら警察署に行った私と違って、確信を持って主の前に立つ事ができる様に主に喜ばれる行為をしましょう。

「キリストのうちにとどまっていなさい。それは、キリストが現われるとき、私たちが信頼を持ち、その来臨のときに、御前で恥じ入るということのないためです。」
第1ヨハネの手紙2:28 

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ