undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

もう、ひと伸び及ばず 

プロ野球、パリーグのクライマックスシリ-ズ第1ステ-ジ第3戦8回の裏でした。私が応援している福岡ソフトバンクホ-クスは西武ライオンズを3-1でリ-ドしていたので、私は喜びながら試合を見ていました。しかし、2アウト1、2塁になったとき、私の喜びは不安に変わりました。

おかわり君 西武の4番バッタ-おかわり君(中村選手)がバッタ-ズボックスに立ったからです。彼はもうすでに4回にホ-ムランを打っていたので、またホームランを打つと、ホ-クスの逆転負けになるかもしれません。
私が心配した通り、おかわり君のバットは力強く打ち返し、打球はセンタ-に飛んでいきました。あわやホームランかな~と思い私は「Oh no!」と叫んで、息を殺しました。しかし、ボ-ルはあとわずか及びませんでした。センタ-の城所はバックしてフェンスぎりぎりの所でボールを取りました。打球が、もう1m飛んでいたら、逆転3ラン・ホ-ムランになるところでした。  

「及ばない」と言う言葉を英語で訳すと「to fall short」や「to come short」になります。英語の聖書は全ての人間の霊的な状態を説明するためにこの表現を使っています。
For all have sinned and come short(ローマ人への手紙3:23)
天国に行くために、私達が出来るだけ道徳的に正しい生き方をする努力をしても、それは天国に及ばない事になります。私達はみんな罪をおかした事があるからです。

ある時イエス様は一人の人に言われました。
「殺してはならない。姦淫してはならない。盗んではならない。偽証をしてはならない。父と母を敬え。あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。」
その人は答えました。
「私はそのようなことをみな、小さい時から守っております。」
イエス様はそんな立派な生活をしている彼に言われました。
「あなたには、欠けた事が一つあります。もし、あなたが完全になりたいなら、わたしについて来なさい。」
(マタイの福音書19章とマルコの福音書10章)

天国に入るために、自分自身の正しさに頼っている人は中村選手が打ったボールと同じです。
たとえ、天国の門まであと1m行く事ができても「もう、ひと伸び及ばず」で終わってしまいます。
しかし、十字架の上で私達の罪のために死んで下さったキリストを信じる人は天国まで及ぶホームランボールと同じようなものです。 

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ