undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

一 言 

 最近、私をすごく悲しませた事が2つありました。
ひとつはアメリカのコネティカット州で起こった出来事です。
1人の青年は小学校で26人の人々を射殺しました。26人中20人は5歳から10歳までの子どもたちでした。
まさか2度と会えなくなるとは知らず、学校へ行くのを見送った親達の気持ちを考えた時、私はすごく悲しくなりました。

Connecticut 私をすごく悲しませたもうひとつの事は宮城県に住んでいるNさんについての新聞記事です。
東日本大震災の時、彼の息子は大川小学校の2年生でした。その学校の生徒達は70人死亡しました。4人はまだ行方不明です。Nさんの息子はその中の1人です。彼は息子のカバンと靴を見つけましたが、まだ息子は消息不明です。
大震災の前日に子供を学校へ見送った時、Nさんは息子に「急がないと、遅刻するよ」と言いました。今Nさんは「その時、私は息子を強く抱きしめていたらよかった」と嘆き悲しんでいます。
1年7ヶ月の間ずっと息子を探してきたNさんの気持ちを考えた時、私はとっても悲しくなりました。

聖書の箴言27:1「あすのことを誇るな。一日のうちに何が起こるか、あなたは知らないからだ。」と書いてあります。
コネティカット州の事件と東日本大震災はこの言葉の真実を証明しています。毎朝主人や妻や親を仕事に、また子供を学校へ見送る時この言葉をおぼえましょう。

日本人にとって、抱きしめて「愛している」と相手に恥ずかしくって言いにくいかも知れませんが、何らかの一言で見送ったら、もしもの事があっても、後で後悔する事はないでしょう。

明日は誰にも約束されていません。明日を待たないで、愛している人に自分の気持ちを伝える「ありがとう」「ごめんなさい」のような一言を添えて、今日伝えましょう。

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ