undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

私の「恋人」 

このブログのタイトルを読んだ時、驚きましたか?
「ええ? ボード先生に恋人がいるの!」
はい、います。
しかし、電話やメールでこの事を誰かに伝える前に、説明を読んで下さい。私の「恋人」は九州です。

九州 私は九州が大好きです。私は九州の季候と景色が好きです。私は九州の生活のペースが好きです。関東や関西に行くと、私は2~3日でとても疲れます。
私にとって、生活のペースが早すぎるからです。九州の生活のペースは私の性格に合うから、私は九州に住む祝福を感謝しています。

22歳になるまで、私は九州の事を一度も聞いた事がありませんでした。 母教会から日本に派遣されたスタン・フリン宣教師は1964年にファローのために帰ってきました。
彼は私に九州の事を教えて下さいました。私はフリン先生との友情を通して九州に導かれました。九州は私の霊的な「恋人」となりました。それは、神様は私に九州の人々の魂を愛する心を与えて下さいました。

クリスチャンにとって、最も大切な事は神様の御心を知る事とその御心に従う事です。神様の御心は、神様が示して下さる所に行って、神様が示して下さる奉仕をする事です。
だから私は九州が大好きです。
なぜなら今、私は自分のいるべき所にいる事と自分のやるべき事をやっている確信があるからです。

誰よりも喜びを持っている人は自分が神様の御心の従っていると分かるクリスチャンです。
もし、あなたは「今、私はいるべき所にいます」、また「今、私はやるべき奉仕をやっています」と言えるなら、あなたはダビデが詩篇40:8に書いた事を証する事ができるはずです。
「わが神。私はみこころを行なうことを喜びとします」

もし、あなたは今、神様の御心を求めているなら、ローマ人への手紙12:2に書いてある条件を覚えて下さい。
「この世と調子を合わせてはいけません。いや、むしろ、神のみこころは何か、すなわち、何が良いことで、神に受け入れられ、完全であるのかをわきまえ知るために、心の一新によって自分を変えなさい。」 


skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ