undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

突 然 ! 

2011年3月11日の午後、あなたは、どこにいたか覚えていますか? 
私は病院の待合室にいました。突然、看護師が走って来て、テレビをつけました。待合室の数人と共に、あ然としてテレビを見つめていました。市街地まで襲ってきた津波を見た時の驚きをよく覚えています。

先週テレビの History Channel は東日本大震災を記念する特別番組を放送しました。
突然! 内容は映画ではなくて、目撃者達が自分のビデオカメラで撮った突然の自然災害のシーンでした。
例えば、南アフリカの突風、オーストラリアの稲妻、アメリカの雹の嵐と竜巻と地震と洪水、トルコの地震、ブラジルの山崩れ、ネパールの雪崩等のビデオが放送されました。自然の突然の恐ろしさを見ながら、私は繰り返し言いました。「信じられない!」
北九州市に住んで私達はあまり自然災害を心配する必要がありません。私は45年間この地方に住んでいるけど、最も強い地震はマグニチュード5でした。家や教会に被害を与える台風が一つだけでした。

しかし、私達も油断できません。聖書の箴言27:1に書いてある通りです。
「あすのことを誇るな。一日のうちに何が起こるか、あなたは知らないからだ。」
英語の聖書に suddenly と言う単語が41回も出てきます。日本語の聖書はその中の15回「突然」と翻訳しています。
その中の二つの箇所は特に印象的です。

「しかも、人は自分の時を知らない。悪い網にかかった魚のように、わなにかかった鳥のように、人の子らもまた、わざわいの時が突然彼らを襲うと、それにかかってしまう。」(伝道者の書9:12)

私は皆さんに自然災害を恐れながら生活する事を勧めていません。私が勧めている事は、今日か明日、私達が住んでいる町で突然の自然災害が起こっても、神様に会う準備をする事です。

「あなたはあなたの神に会う備えをせよ。」
(アモス書4:12)

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ