undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

熱い麦茶 

7月になって非情に暑い日が続いています。
私は、教会の婦人達に提案しました。
「夏の間、食事の時、お茶ではなく、麦茶にしましょう」
次の日曜日に彼女達は麦茶を作ってくださいました。
しかし、それを飲んだ時、私はガッカリしました。
熱い麦茶でした!私が期待していたのは冷えた麦茶でしたが、婦人達に麦茶を頼んだ時、私は具体的に言わなかったので、彼女等は熱い麦茶を作りました。

麦茶 神様に祈る時、私達はよく同じ間違いをします。
つまり、あいまいな祈りをします。神様に何かを願う時、出来るだけ詳しい祈りをしましょう。

去年、八幡から小倉に引越しする時、私は神様に祈りました。

「主よ、次の様な家を与えて下さい。」
①家賃が今と同じ位である事。
②階段がない家。
③カーテンとライトがすでに付いている家。
④教会の近くの家。


不動産が見せてくれた最初の家は、私が願った通りの家でした。

①八幡の家と家賃が同じ。
②平屋なので、階段がありません。
③全ての部屋にライトとかカーテンが付いています。
④教会まで車で2~3分です。

それだけではありません。小倉の家は八幡の家よりとても広い。
また、八幡の家は、車1台しか止める事ができなかったので、近くの駐車場を借りなければなりませんでした。小倉の家の持主は駐車場を整地してくれたので、私は家の前に車2台も止める事ができます。

その家を見た時、私はエペソ人への手紙3:20~21を思い出しました。
「どうか、私たちのうちに働く力によって、私たちの願うところ、思うところのすべてを越えて豊かに施すことのできる方に、教会により、またキリスト・イエスにより、栄光が、世々にわたって、とこしえまでありますように。アーメン。」
個人的な事であっても、教会の事であっても、出来るだけ具体的な祈りをしましょう。

「何も思い煩わないで、あらゆるばあいに、感謝をもってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。」ピリピ人への手紙4:6 


skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ