undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

THE RAINBOW CHURCH 

北九州聖書バプテスト教会の開拓伝道を始めた頃、私達は三ヶ森電停の近くの古い建物を借りました。
数年経って、その建物を塗り替えようと思っていましたが、予算が足りませんでした。
その時、教会に住んでいる青年は私と相談もせずに、近所の家を周って、使用済みのペンキをもらって来て、教会を塗り替えました。

三ヶ森教会 次の土曜日、教会に寄った私はビックリしました。
教会の前の塀は緑でした。
玄関の屋根は赤でした。
屋根を支えている柱は紫でした。
玄関の床は青でした。
外の壁は黄色でした。


次の日に私は、教会員に知らせました。
「今日から、この教会の名前を THE RAINBOW CHURCH にします」 虹の教会を見た皆さんは教会を塗り替えるための特別献金を喜んで捧げました。

虹の教会を見た教会員はちっとも喜びませんでしたが今、空に現れる虹を見る私達は神様の約束を思い出して喜ぶ事ができます。

創世記9:12~16で神様は言われました。
「わたしとあなたがた、およびあなたがたといっしょにいるすべての生き物との間に、わたしが代々永遠にわたって結ぶ契約のしるしは、これである。わたしは雲の中に、わたしの虹を立てる。それはわたしと地との間の契約のしるしとなる。わたしが地の上に雲を起こすとき、虹が雲の中に現われる。わたしは、わたしとあなたがたとの間、およびすべて肉なる生き物との間の、わたしの契約を思い出すから、大水は、すべての肉なるものを滅ぼす大洪水とは決してならない。虹が雲の中にあるとき、わたしはそれを見て、神と、すべての生き物、地上のすべて肉なるものとの間の永遠の契約を思い出う。

虹は一人でも滅びる事を望まず、全ての人が悔い改める事を望んでおられる神様の忍耐深さを現すものです。(Ⅱペテロ3:9)

虹を通して神様は私達に言ってっておられます。
「私は待っているから、早目に信じなさい。
               いつまでも待ちませんよ!」

今度神様は水ではなくて、火によって世をさばきます。

主の日は、盗人のようにやって来ます。その日には、天は大きな響きをたてて消えうせ、天の万象は焼けてくずれ去り、地と地のいろいろなわざは焼き尽くされます。このように、これらのものはみな、くずれ落ちるものだとすれば、あなたがたは、どれほど聖い生き方をする敬虔な人でなければならないことでしょう。

(Ⅱペテロ3:10~11) 

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ