undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

MESSIAH という男の子 

アメリカのテネシー州に住んでいる家族に3番目の男の子が生まれました。彼らはその子に Messiah と言う名前をつけました。
(日本語でメシヤと言います)

その子の両親は子供の苗字について喧嘩しました。
お父さんは子供に自分の苗字をつけたいと思ったが、お母さんは私の苗字の方がいいと言い張ったので、2人はこの問題を裁判所に持って行きました。

Messiah 子供の名前を聞いた時、裁判官はその子の名前をMartinに変えました。
彼女は子供の名前を変更する理由を説明しました。
第1に 「子供が大きくなって、その名前のために悩むからです」

第2に「その家族が住んでいる地方にクリスチャンが多いから、彼等はその名前に不快感を覚えるからです」

第3に、「Messiah はただの名前ではありません。肩書です。Messiah と言う肩書を持つ権利があるのは一人だけです。その名はイエス・キリストです」


英語の辞書で Messiah と言う単語の意味を調べると、3つの定義があります。

①ユダヤ人が待ち望んでいた助け主。 

②キリスト、聖書の新約聖書に Messiah と言う名前は2回出ます。ヨハネの福音書1:41にメシヤ(訳して言えばキリスト)と書いてあります。そして同じ、ヨハネの福音書4:25に(キリストと呼ばれるメシヤ)と書いてあります。

③の定義は「救い主」です。「救い主」と呼ばれる資格を持っている方は一人しかいません。その方は十字架の上で全人類の罪のために死なれたイエス・キリストです。

「私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死んでくださったことにより、神は私たちに対するご自身の愛を明らかにしておられます。」ローマ人への手紙5:8

Messiah という名前の意義を考えると、私達は裁判官の判断は正しい決断であったと考えるべきです。聖書の使徒の働き4:12にイエス・キリストについて、こう書いてあります。
「この方以外には、だれによっても救いはありません。世界中でこの御名のほかには、私たちが救われるべき名としては、どのような名も、人間に与えられていないからです。


skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ