undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

彼を助けなければならない! 

想像して下さい。あなたは車の中でお父さんと一緒に踏切で待っています。その時、線路上で倒れている人を発見します。
電車は、間もなく来ます。さて、どうしますか?

踏切事故 その状況に置かれた横浜の さんは、お父さんに言いました。「彼を助けなければならない!」
お父さんは「いかないでおくれ、もう間に合わない!」と言いました。
Mさんは、車を降りて倒れているおじいさんを助けに行きました。

さんは彼を助ける事が出来ましたが、彼女自身は電車にはねられて亡くなりました。

さんは、政府から紅綬褒章(Red Ribbon)が授与されました。
これは、人を助けた勇気ある行動に与えられる勲章です。
また、政府は
さんの遺族にも彼女の勇敢な行動を記念する銀杯(Silver Cup)が贈られました。

さんの事を新聞で読んだ私は、とても感動しました。また、彼女の犠牲的な行動を読んだ時、私はキリストが私のためにして下さった事を思い出して感動しました。

聖書に「私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死んでくださったことにより、神は私たちに対するご自身の愛を明らかにしておられます。」と書いてあります。
(ローマ人への手紙5:8)

もし、私たちはMさんの行動に感動するなら、キリストの犠牲的な行動にもっと感動すべきではないでしょうか。なぜなら、
さんは1人の人を助けるために命を捨てましたが、キリストは全人類を助けるために十字架の上で命を捨てました。
この事も考えるべきです。

さんは一人の男性の命を助けるために死にましたが、キリストは私達の不死の魂を助けるために死なれました。

さんは政府から勲章をもらいました。
私達のために死んで下さったキリストは私達から何をもらうべきでしょうか。
それは、信仰と従順です。 

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ