undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

粉々に砕けた皿 

家のキッチンにテーブルがありますが、私はほとんど台所で食事をしません。キッチンで食事を作ってから、私はそれをリビング・ルームに持って行って、好きなテレビ番組を見ながら食事します。
そして、食べ終わってから汚れた皿を
キッチンに持って行きます。

皿 ある日、汚れた皿を
キッチンに持って行く途中、私は2枚の皿を落としました。
1枚はジュータンの上に落ちたので、割れませんでした。しかし、もう1枚はその皿の上に落ちて粉々に割れてしまいました。
同じ様に人間の人生もあっと言う間に砕ける可能性があります。その原因は様々です。
2011年の地震と津波の惨事があり東北の多く人々の生活は砕けてしまいました。

私の母は81歳まで元気でしたが、ある日、母が階段から落ちて大ケガをしました。彼女は少し回復しましたが、健康は以前の状態には戻りませんでした。母はそれから2年後老人ホームで亡くなりました。
交通事故・失恋・離婚・落第や失業のために人間の人生が砕ける事もあります。

聖書の詩篇31:12
でダビデが書きました。
私はこわれた器のようになりました。」

彼は詩篇38:8でこれも書きました。
「私はしびれ、砕き尽くされ、心の乱れのためにうめいています。」

人間の人生が粉々に砕けた皿の様になった時、どうしたら良いでしょうか。
神様の御手にその人生を委ねて下さい。
「主は心の打ち砕かれた者をいやし、彼らの傷を包む。」
詩篇147:3

私達の希望と夢が砕けちった皿のようになった時、私達を癒して下さる神様にそれを持って行きましょう。

私は粉々に砕けた皿を捨てましたが、神様は粉々に砕けた人生を持って来る人を決して捨てません。キリストは言われました。
「わたしのところに来る者を、わたしは決して捨てません。」
ヨハネの福音書6:37


skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ