undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

YOU(あなた) 

私は夏キャンプのための決心カードを50枚作成する事にしました。
全部を印刷してから、私は大変な間違いに気がつきました。「あなたの決心に〇をつけてください」とあるべきが「あんたの決心に〇をつけてください」と書いてありました。
時々「あんた」を使う人がいますが、やはり決心カードには礼儀正しい「あなた」をつかうべきだと思いました。だから私はもうすでに印刷していた決心カードを捨てて、新しいのを印刷しました。

YOU 他の人に英語で話す時、
「YOU」しかありません。 しかし「YOU」を日本語で言う時、いろんな言葉があります。
例えば「あなた」 「君」 「おまえ」 「貴様」 「あなたがた」 と「あんた」があります。他にもあるかも知れませんが、私はこの6つしか知りません。
「あなた」は日本語の聖書に8,410回書いてあります。 なぜなら他の宗教の神々と違って、聖書の神様はひとり一人と個人的な関係を持つ事を望んでおられるからです。救い主イエス・キリストを信じる全ての人々に神様は多くの素晴らしい約束をして下さいました。

[I am with YOU always, even unto the end of the world]
「わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。」(マタイの福音書 28:20)

[I go to prepare a place for YOU] 
「あなたがたのために、わたしは場所を備えに行くのです。」

(ヨハネの福音書14:2)

[Peace I leave with YOU.  My peace I give unto YOU]
「わたしは、あなたがたに平安を残します。わたしは、あなたがたにわたしの平安を与えます。」
(ヨハネの福音書14:27)

[Come unto me, all ye that labor and are heavy laden, and I will give YOU rest.] 
「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。」
(マタイの福音書11:28)

God loves YOU.
(神様はあなたを愛しておられます)

Christ died on the cross for YOU.
(キリストは十字架の上であなたのために死んでくださいました。)

神様が「あんた」のために用意して下さった救いと約束を受け入れて下さい。

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ