undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

どこへ行っても 

7月に私は佐世保の教会で説教しました。
教会は私に佐世保駅前のホテルを予約して下さいました。
少し休憩し、もうすぐ夕拝の時間になるので、私はホテルを出て駐車場に向かって行きました。
その時 「ボード先生、ボード先生」 と呼んでいる声が聞こえてきました。休暇で佐世保に旅行に来ていた北北九州教会の御兄姉でした。
ちょうど私が駅前の駐車場に行った時、彼らは佐世保駅を出て来ました。本当に偶然で不思議な出来事でした。

偶然 8月に私は友達を長崎に連れて行きました。
平和公園を歩いていると「ボード先生、ボード先生」と呼んでいる声が聞こえました。関西の教会の牧師と彼の家族でした。ちょうど私と友達が平和公園に行った時、関西から旅行に来た彼等は同じ場所にいました。本当に偶然で不思議でした。

この二つの出来事を通して私は、大切な事を新たに学びました。
それは、どこに行っても、私を見ている人がいること、
私は、教会の牧師に相応しい行動をしなければなりません。

誰も自分を知っている人がいない所に行っても、
クリスチャンのあなたを見ている方がおられます。


詩篇139:7~10でダビデは書きました。
私はあなたの御霊から離れて、どこへ行けましょう。
私はあなたの御前を離れて、どこへのがれましょう。
たとい、私が天に上っても、そこにあなたはおられ、
私がよみに床を設けても、そこにあなたはおられます。
私が暁の翼をかって、海の果てに住んでも、 そこでも、
あなたの御手が私を導き、あなたの右の手が私を捕えます。
 
また、エレミヤ書23:23-24で神様はおっしゃいました。
わたしは近くにいれば、神なのか。
――主の御告げ。――
遠くにいれば、神ではないのか。
人が隠れた所に身を隠したら、
わたしは彼を見ることができないのか。
――主の御告げ。――
天にも地にも、わたしは満ちているではないか。
――主の御告げ。――

イエス・キリストを信じる信仰を告白している私たちは、
絶えずその告白に相応しい生き方をしましょう。
どこへ行っても!


skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ