undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

方向音痴 

友達を門司港駅の近くにあるレストランに連れて行く途中、私は道に迷いました。
そのレストランに何回も行った事があるのに、今回は、夕方で暗かったし、私は友達との会話に夢中になっていたので、都市高速を降りた時、私は出口を間違いました。

門司港 それにも関わらず、私は普通方向感覚に鋭い人です。門司港駅に行く自信がありました。
しかし、いくら走行しても、門司港駅には着きませんでした。私は友達に「絶対に門司港駅の方面に行っていると思います。大丈夫!」と言った時、道の標識を見ました。その標識によると、私達は「門司港駅」ではなくて「門司駅」の方向に行っていました。
そうです。逆走していました。
近くにコンビニがあったので、店員に門司港駅までの道を教えてもらいました。予定より30分遅れましたが、ようやくレストランに着きました。

私と同じように道に迷っている人達が沢山います。
しかし、彼等は門司港駅への道を間違っているのではなく、天国への道に迷っています。彼等は自分が今歩いている道は天国への道だと思っていますが、本当は反対方向に行っています。
聖書にこの言葉が2回も書いてあります。
「人の目にはまっすぐに見える道がある。その道の終わりは死の道である。」箴言14:12と16:25
ぜひ確かめて下さい。今あなたが歩いている道は本当に天国に行ける道ですか。「神様への道は沢山あります。一人一人は自分の道を選んで、真面目に正しくその道を歩むと、天国に行ける」とよく言われていますが、聖書に違う事が記されてあります。

ヨハネの福音書14:6でキリストは言われました。
「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。」

現在、ほとんどの車にナビゲーターが付いているので、私達は迷わずに行きたい所に行く事ができます。
しかし、天国に行く道に関して、私たちは方向音痴であっては行けません。
なぜなら、私と同じように「絶対に正しい方向に行っている」と思っても、反対方向に行ってしまうからです。


skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ