undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

LOVE LOCKS 

   Pont des Arts   
フランスのパリ、セーヌ川に架かるポンデザール橋があります。この橋の欄干の金網が壊れて、当時のパリ市長は恋人達に自分達の永遠の愛の誓いを結ぶ印しとして「愛の錠前」を橋の欄干に付けるように勧めました。

その時から8,400人の恋人達の名前が書いてある錠前をその橋に付けた事が始まりで、恋人達は錠前を欄干に付けて、その鍵をセーヌ川に投げ込むようになりました。

アメリカの習慣も似ていますが、方法が違います。
恋人達のイニシャルを木に刻みます。例えば
「K + L」あるいは「KB loves LM」等を刻みます。

私は、この習慣がとてもロマンチックだと思います。
しかし、橋に付けられた錠前や木に刻まれたイニシャルは二人の間の愛を確かめる事ができません。もし恋人や夫婦の愛が本当の愛であるならば、二人の態度と行動がそれを確かめます。


愛を確かめる態度はⅠコリント人への手紙13:4-6に書いてあります。
「愛は寛容であり、愛は親切です。また人をねたみません。愛は自慢せず、高慢になりません。 礼儀に反することをせず、自分の利益を求めず、怒らず、人のした悪を思わず、 不正を喜ばずに真理を喜びます。」

そして、愛を確かめる行動はⅠコリント人への手紙13:7に書いてあります。
「すべてをがまんし、すべてを信じ、すべてを期待し、すべてを耐え忍びます。」

もちろん、パリに行って橋に錠前を付ける事も、木にイニシャルを刻む事もロマンチックです。
私はそのような事をするカップルは幸福だと思います。
しかし、二人の愛を育み、それを確かなものにするためにはそれ以上の事が必要です。

行動と態度によって確かめられた愛は、二人の関係の完全な帯となります。
(コロサイ人への手紙3:14)

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ