undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

重 い 心 

     重い心
今週の週報には、別のメッセージを書く予定でしたが、私の心は、それを許しませんでした。
なぜなら、先週の月曜日に私の愛する友人である牧師が突然、天に召されたからです。
私の心は、まだ先生の突然の死を認めたくない重い心です。

月曜日の夜に私は二つの事をしながら寝ました。
まず、私は泣きながら寝ました。次の日にも涙が止まりませんでした。しかし、私の涙の一滴ずつに望みが含まれていました。
Ⅰテサロニケ4:13-14に説明されている望みです。
「眠った人々のことについては、兄弟たち、あなたがたに知らないでいてもらいたくありません。あなたがたが他の望みのない人々のように悲しみに沈むことのないためです。私たちはイエスが死んで復活されたことを信じています。それならば、神はまたそのように、イエスにあって眠った人々をイエスといっしょに連れて来られるはずです。」

そして、私は、人生の短さを考えながら寝ました。
ヤコブの手紙4:13-14に聖書は私達の命を霧とたとえています。
「聞きなさい。『きょうか、あす、これこれの町に行き、そこに一年いて、商売をして、もうけよう。』と言う人たち。あなたがたには、あすのことはわからないのです。あなたがたのいのちは、いったいどのようなものですか。あなたがたは、しばらくの間現われて、それから消えてしまう霧にすぎません。」

「WE HAVE THIS MOMENT TODAY」
 
と言う歌があります。
We have this moment to hold in
 our hands
 and to touch as it slips through
 our fingers like sand;
 Yesterday's gone and tomorrow
 may never come,
 But we have this moment today.


私たちは、今日この一瞬を手に持っています。
 それは、砂の様に私達の手から落ちます。
 昨日は、もう終わった。明日は、来ないかも知れない。
 しかし、私達は、今日この一瞬を手に持っています。


一日一日の生命、また愛する人とのこの一瞬を大切にしましょう。

「主よ。お知らせください。私の終わり、私の齢が、どれだけなのか。私が、どんなに、はかないかを知ることができるように。」詩篇39:4


                    

A Heavy Heart

I intended to write a different message for today’s bulletin, but my heart will not allow it. It is because my dear friend, Pastor Kishimoto, went home to be with the Lord suddenly on Monday. My heart is a heavy heart that doesn’t want to recognize his death. Monday night I fell asleep doing two things.

First, I fell asleep weeping. However, in each teardrop there was hope. It is the hope explained in First Thessalonians 4:13-14.
But I do not want you to be ignorant, brethren, concerning those who have fallen asleep, lest you sorrow as others who have no hope. For if we believe that Jesus died and rose again, even so God will bring with Him those who sleep in Jesus.


Also, I fell asleep thinking about the brevity of life. In James 4:13-14 the Bible compares our life to a vapor.
Come now, you who say, "Today or tomorrow we will go to such and such a city, spend a year there, buy and sell, and make a profit"; whereas you do not know what will happen tomorrow. For what is your life? It is even a vapor that appears for a little time and then vanishes away.

There is a song entitled  WE HAVE THIS MOMENT.
[We have this moment to hold in our hands
and to touch as it slips through our fingers like sand;
Yesterday's gone and tomorrow may never come,
But we have this moment today.]


Let’s make each day of life and this moment that we have with our loved ones important.
Lord, make me to know my end, and what is the measure of my days, that I may know how frail I am.

(Psalm 39:4)


skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ