undefined 現在の閲覧者数:
FC2ブログ

神様のジャ―ナル 

1982年に友人は私にジャ―ナル(記録帳)を贈って下さいました。
それから毎年、ジャ―ナルに日々の出来事を書きます。日記ではありません。
日記の場合、人は自分の気持ちや秘密を書きますが私は出来事だけを書きます。何処に行ったか、どんな仕事をしたか、誰に会ったか、誰から電話があったか等を書きます。

例えば…………、
2008年5月18日の記録を見ると「小倉南区下貫でチラシ配布をしました。素敵な賃貸物件を見つけました」と書いてあります。

2011年9月4日の記録を見ると「男性1名、女性3名がバプテスマを受けました」と書いてあります。

聖書によると、神様もジャ―ナルをつけておられます。
詩篇56:8にダビデは書きました。
「あなたは、私のさすらいをしるしておられます。どうか私の涙を、あなたの皮袋にたくわえてください。それはあなたの書には、ないのでしょうか。」

また、マラキ書3:16
「主を恐れ、主の御名を尊ぶ者たちのために、主の前で、記憶の書がしるされた。」
と書いてあります。

未信者の罰の程度を決める時、
神様は御自分のジャ―ナルを見ます。
「また私は、死んだ人々が、大きい者も、小さい者も御座の前に立っているのを見た。
そして、数々の書物が開かれた。また、別の一つの書物も開かれたが、それは、いのちの書であった。
死んだ人々は、これらの書物に書きしるされているところに従って、自分の行ないに応じてさばかれた。」
黙示録20:12


信者の報いを決める時、神様は御自分のジャ―ナルを見ます。
「なぜなら、私たちはみな、キリストのさばきの座に現われて、善であれ悪であれ、各自その肉体にあってした行為に応じて報いを受けることになるからです。」
Ⅱコリント人への手紙5:10

今日から神様は2017年のジャ―ナルを開いて、私達の行ないを記録します。 そのジャ―ナルに記録される行いが主に喜ばれるものになりますように、何をするにも、人に対してではなく、主に対してする様に、心からしましょう。
(コロサイ人への手紙3:23)

    JOURNAL

GOD’S JOURNAL  

In 1982 a friend gave me a journal. Since then, every day I have written down what I did the day before. It is not a diary. A person writes down his feelings and secrets in a diary. I write only the events of the previous day. I write things like where I went, what work I did, whom I met, and from whom I received calls.

For example, if I look at the record for May 18, 2008, it says, “I passed out flyers in Shimonuki and found a very nice rental building.” If I look at the record for September 4, 2011, it says, “Brother and Sister Kou, Sister Kaoru, and Sister Satoh were baptized.”

According to the Bible, God keeps a journal too.
In Psalm 56:8 David wrote, Thou tellest my wanderings: put thou my tears into thy bottle: are they not in thy book?

Also, in Malachi 3:16 it is written, Then they that feared the Lord spake often one to another: and the Lord hearkened, and heard it, and a book of remembrance was written before him for them that feared the Lord, and that thought upon his name.

When God decides the degree of punishment of unbelievers, He will look at His journal.
And I saw the dead, small and great, stand before God; and the books were opened: and another book was opened, which is the book of life: and the dead were judged out of those things which were written in the books, according to their works. (Revelation 20:12)

When God decides the rewards of believers, He will look at His journal.
For we must all appear before the judgment seat of Christ; that every one may receive the things done in his body, according to that he hath done, whether it be good or bad. (Second Corinthians 5:10)

From today God will open up His journal for 2017 and record our works. In order that the works that will be recorded in God’s journal be works that please the Lord, whatever we do, let’s do it heartily, as to the Lord, and not unto men. (Colossians 3:23)

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 小倉聖書バプテスト教会よりメッセージ all rights reserved. Powered by FC2ブログ